爪の横にできる痛い「ささくれ」栄養不足が原因?正しい対処法と治し方について

hand

誰しもが一度はできたことがあるであろう「ささくれ」。

小さな皮のめくれであっても、水や石鹸がしみたり、何かに引っ掛けたりすると、痛みや出血が起こることもありますよね。

また、キレイなネイルアートをしていても、ささくれが1つあるだけで見た目的にも、マイナスイメージになってしまいます。

そこで今回は、出来ると痛いささくれの原因かた治し方、また予防法についてもご紹介していきます。

原因

まずは、ささくれができる原因について、ご紹介していきましょう。

乾燥

pointささくれができる原因で、最も多いのが「指先の乾燥」です。

冬場などの乾燥が気になる時期はもちろんのこと、水仕事をする機会が多い、素手で洗剤や薬品を使うことが多い場合には、手の乾燥も起こりやすいのと同時に、指先も乾燥状態になりやすいのです。

特に、手の乾燥対策としてハンドクリームなどでケアを行っていても、指先の細かな部分まで丁寧にケアができていないことが多く、乾燥による手荒れを防げていてもささくれができるケースも良く見られます。

ネイルアート

pointファッションの一環として、ネイルアートを楽しむ女性が多く見られますが、このネイルもささくれができる1つの要因になります。

ネイルアートを施すマニキュアやジェルネイルによる影響ではなく、それらを落とすリムーバーや、ネイル前に行う甘皮の除去などが、ささくれを引き起こすのです。

リムーバーの使用時に、爪だけでなく周りの皮膚に付着していたり、甘皮を過剰に取り除いてしまう行いは、指先へのダメージが大きいようです。

栄養バランスが偏ってる

point私たちヒトの皮膚は、主な成分がタンパク質からできています。

そして、肌の良い状態を維持するためには、それを補助する栄養素、ビタミンやミネラル等の摂取も重要になってきます。

上記のような栄養が欠乏してしまうと、皮膚トラブルを起こしやすくなり、ささくれができやすいと言われています。

特に、ビタミンには種類が多いため、不足しやすいようです。

pointささくれができてしまった時に、考えられるビタミン不足は、下記のものが多いようです。

  • ビタミンA、B2…皮膚や粘膜を健康に保つ
  • ビタミンB6…皮膚障害の予防
  • ビタミンC…肌を美しく保つ
  • ビタミンD…ビタミンAの吸収補助
  • ビタミンE…傷の治癒

血行不良

point血行不良も、ささくれの原因の1つです。

もし、皮膚の形成・維持に必要な、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をしっかりと摂取できていたとしても、血行不良になっていると、せっかくの栄養素を身体の隅々に行き渡らせにくくなるのです。

身体の末端部分である指先は、冷えなどが起こりやすい部分でもあるため、血行不良になりがちな部分とも言えるでしょう。

治し方

次に、ささくれができてしまった時の治し方について、ご紹介していきましょう。

治すためには正しく切ること

Nail-clippers

pointささくれは、何かに引っ掛けて傷口を広げてしまったり、雑菌が侵入して炎症を起こしてしまう前に、正しく処理をすることで、早く治すことができます。

正しい処理の仕方は、めくれた皮を切ること。

詳しい方法については、下記でご紹介していきましょう。

ささくれの正しい切り方

  1. まず、ささくれを切る前に、ささくれができている周辺と、ささくれを切る爪切りやニッパーなどの道具を、消毒しましょう。
  2. 患部に直接触れるものですから、必ず行ってください。
  3. 消毒を終えたら、ささくれを切っていきましょう。
  4. ささくれは、可能な限り根元からカットします。

なるべく皮むけの部分を残さないようにすることで、何かに引っ掛けて傷口を広げてしまうのを防ぐことができます。

また、カットする際には、ささくれを引っ張って傷口を広げないように、ゆっくりと丁寧に行うようにしましょう。

きれいに切り終えたら、傷がない軽度の場合であれば、指先用のクリームやキューティクルオイルを塗り、保湿して完了です。

処理後に傷がある場合

pointささくれを切り終え、傷があるのを確認できた場合には、化粧品に分類されるようなクリームやキューティクルオイルで保湿するのは、控えるようにしてください。

刺激が強すぎるということと、まずはできてしまった傷を治すことが先決です。

傷があるのなら、傷の修復作用のある医薬品に分類されるクリームや軟膏を塗りましょう。

そして、患部から雑菌が侵入することを防ぐ、傷口を保護するために、絆創膏などで保護すると良いでしょう。

予防法

それでは最後に、ささくれができないようにするために、直ぐにできるセルフケアをご紹介していきます。

手洗い後は保水・保湿を

hand

point手洗い後や水仕事の後には、必ず手だけでなく指先の細かい部分まで、保水・保湿を行うようにしましょう。

タオルで優しく、水分をしっかりと吸収させ、スキンケアに利用しているもので構いませんので、化粧水やローションをしっかりとなじませ、肌に吸収させたらハンドクリームなどでフタをしてあげてください。

手洗いや水仕事が頻繁な方であれば、ハンドケア用に安価な化粧水やクリームを用意しておくと、使用量を気にせずたっぷりと使えるので、オススメです。

就寝前は念入りにケアを

就寝中に水に触れる方は、まずいらっしゃいません。

ですから、就寝中は手の細胞修復にはもってこいの時間帯です。

効率良く修復できるように、就寝前には念入りにケアしてあげることをオススメいたします。

  1. 入浴などを済ませ、水に触れることが無くなったら、上記の「保水のみ」を行います。
  2. クリームで保湿する前に、指先にキューティクルオイルをしっかりと馴染ませましょう。
  3. 最後に、人肌に温めたクリームを馴染ませて完了です。

※念入りにケアを行ったら、より肌に成分が浸透するように、コットンやシルクの手袋をすると良いでしょう。

翌朝には、しっとりと潤った手指になっているはずですよ。

まとめ

flowers

ここまで、ささくれができる原因と治し方、予防法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ささくれは、指先の乾燥が原因になることが一番多いようなので、小まめに保水・保湿のケアが大切ですね。

また、食生活の乱れの証になることもありますから、ささくれができてしまった時には、栄養バランスの良い食生活を意識してみてはいかがでしょうか?