日中にも保湿のスキンケア!?美容液ファンデ​ーションの選び方と使い方

serum-foundation

パウダータイプやリキッドタイプなど、ファンデーションには様々なものが流通していますが、皆さんは「美容液ファンデーション」というものをご存知でしょうか?

メイクをしながらも、スキンケアの効力が得られるという優れものですが、カバー力や使い方など、美容液ファンデーションのいろはについて、ご紹介していきたいと思います。

美容液ファンデーションとは?

まずは、美容液ファンデーションについて、詳しくご紹介していきましょう。

メイクしながら美容出来るファンデ!

point美容液ファンデーションとは、ファンデーションの中に美容成分が含まれている、スキンケア感覚のファンデです。

通常のスキンケアで使う美容液とは異なりますが、美容液を配合しているため、メイクをしているにも関わらず肌に潤いなどの美容成分を与えることができます。

肌への負担が少ない

通常のファンデーションは、どうしても肌への負担が気になりますし、肌荒れの時などなるべくなら塗りたくないと思われる女性も多いでしょう。

point美容液ファンデーションは、通常のものに比べて肌への負担が少ないため、1日中つけていても心配ありません。

しかし、つけっぱなしというのはNGなので、帰宅後や入浴時などには、きちんとクレンジング剤を使って落とす必要があります。

選び方のポイント!

次に、美容液ファンデーションの選び方について、ご紹介していきます。

保湿成分

milk_crown

point保湿成分を配合しているファンデーションは、肌の潤いのキープ効果、その潤いによるファンデーションの持続力を期待できます。

美容液ファンデーションに含まれている美容成分には、様々なものがあります。

しかし、美肌にとって必要不可欠な成分は、やはり「保湿成分」である、と言えるでしょう。
保湿成分には、セラミドやコラーゲン、ヒアルロンなどが挙げられます。

冷房や暖房などによる乾燥を防ぐためにも、積極的に取り入れたいですね。

カバー力

cosme

pointミネラルファンデは、ナチュラルなカバー力なものが多いため、必ずテスターやサンプルなどを使用して、薄塗りでも透明感を作る、カバー力があるかなど、確認するようにしましょう。

どんなファンデーションでも、厚塗りをすればカバーすることは可能ですが、仕上がりがナチュラルになることも無いですし、化粧崩れも起きやすくなります。

コンシーラーで、クマやシミが隠せるようでしたらメイク時に併せて使用しましょう。

紫外線カットの有無

sun

pointUV機能のあるファンデーションも、数多く販売されていますが、美容液ファンデもUVカット付きのものがありますので、そちらを選ぶのが良いでしょう。

紫外線は、浴びれば浴びるほどに肌の老化を進めてしまいますので、毎日の紫外線対策は美肌にとって必要不可欠です。

紫外線対策は、紫外線量の多い夏場だけではなく、一年を通して行うことが重要ですので、ファンデーションにUV機能があれば、手軽に対策を行えます。

また、夏場や長時間の外出・レジャーの際は、日焼け止めクリームを併用することで、高い効果を得ることができます。

キレイに塗れる!使い方のポイント

foundation

最後に、美容液ファンデーションの正しい使い方について、ご紹介していきましょう。

スキンケアはしっかりと

pointメイク前の念入りなスキンケアは、美容液ファンデーションを使っても使わなくても基本のことなので、手を抜かずにしっかりと行いましょう。

以前にも、このサイト上でご紹介しましたが、化粧水や乳液をつける時には、しっかりとハンドプレスをして、角質層まで浸透させてあげましょう。

しっかりとしたスキンケアで、土台を丁寧に仕上げることでメイク持ちも良くなりますよ。

手の甲で馴染ませる

point特に、リキッドタイプのファンデーションを使用する場合には、直接塗り始めるのではなく、手の甲で一旦スポンジやパフに馴染ませるようにしましょう。

そうすることで、色ムラの予防ができますし、肌なじみもアップします。

顔の中心→外側へ塗っていく

ファンデーションの塗り方の基本は、内から外へ向かって塗っていきます。

point頬 → 額 → 鼻筋 → あご → 口回りの順に、少量ずつのせていきましょう。

肌トラブルを隠すために、ファンデーションの厚塗りをしてしまうと、時間が経つと浮きやすくメイク崩れの原因になります。

厚塗りではなく、少量ずつ薄くのばし、均等に塗るのがポイントです。

仕上げはパウダー

pointファンデーションの最後に、特にリキッドタイプを使用した場合には、仕上げとしてフェイスパウダーを重ねましょう。

フェイスパウダーを使用すると、汗や皮脂を適度に吸収してくれるので、メイク崩れの予防になります。

フェイスパウダーは、ファンデ同様、厚塗り感がでないように、薄く滑らす程度にナチュラルな感じで仕上げましょう。

まとめ

flower

ここまで、美容液ファンデーションのいろはについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

スキンケアの時間だけでなく、メイクをしている日中にも美容成分を得られるのは、とても嬉しいアイテムですよね。

乾燥や肌荒れが気になる方には、特にオススメのファンデーションなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?