腸内フローラを作らないと「むくみ」「肥満」の原因に!食べ物やサプリで増やす方法とは

belly111

ヨーグルトのCMでも耳にする機会が増えた「腸内フローラ」。

なんとなく耳にしているものの、いざ腸内フローラとは何の事なのか?と聞かれると答えられる人は多くありません。

実は、腸内フローラは、風邪と同じように油断していると状態が悪くなってしまうものといわれています。

この腸内フローラを、良い状態に改善やキープするにはどのような方法があるのでしょうか?

今回は、肌荒れや体調を崩すことにも繋がりやすい、腸内フローラについて詳しくみていきたいと思います。

腸内フローラとは

まずは、腸内フローラの意味をみていきましょう。

腸内は、様々な細菌が住んでいる!

bowel

point腸内フローラの正体は一言で表すならば「腸内の細菌」となります。

菌と言ってしまうとあまり良いイメージを持ちませんが、菌には良いものも沢山あり、様々な種類の菌が群れをなして集まっている風景が、色とりどりのお花畑のように見えるという事から「腸内フローラ」と名づけられました。

そんな腸内フローラは腸の一箇所に固まってあるものではなく、小腸大腸と腸全体の中でそれぞれグループを作って存在しています。まるで学校みたいですよね。

しかし、この腸内フローラは不規則な生活や食生活の乱れ等により、良いものにも悪いものにも変化してしまいます。

腸内フローラの種類

point腸内フローラは、大まかにわけると下記の「3種類」になります。

①善玉菌・・・身体に良い影響

★サプリやお薬にも入ってる「乳酸菌」。ビフィズス菌やフェーカリス菌などがこれにあたり、悪玉菌が増えるのを抑制したり、腸の働きを促進して、お腹の調子を整えていきます。

②悪玉菌・・・身体に悪い影響

★ウェルシュ菌・ブドウ球菌などの病原をもった大腸菌などのことで、腸内で有害となるものを作ります。この悪玉菌が増えすぎると、下痢や便秘を繰り返したりと、お腹の調子がすぐれないことが多くなります。

③日和見菌・・・善と悪のどちらでもない菌

★腸内の善玉・悪玉のどちらか優勢な方につく菌で、風邪などで体調が崩れると悪玉菌としてサポートする菌。

セルフチェックの目安は?

pointこんな体調の変化はありませんか?

  • 最近なんとなく体調が良くない
  • ストレスが多い!
  • 便秘になっている
  • 肌が荒れやすい
  • すぐに風邪をひいてしまう

こんな時は、腸内フローラの状態にも目を向けてみると良いでしょう。

★理想の腸内フローラの状態は、「善玉②:悪玉①:日和見⑦」といわれています。

もちろん体調不良等が続く場合は、病院に行くことが先決ですが、検査をうけても何もないようであれば、丈夫な身体をつくるためにも腸内環境を整えることも大切です。

腸内フローラを整える食生活を改善しよう

腸内フローラに目を向けるといっても、その呼び名の通り、お腹の中にある菌を私達が直接状態確認するというのは難しいです。

毎日の食事を見直そう

health

point腸内フローラを改善する方法はいくつかありますが、手軽に始められるものが、食生活の改善です。

毎日の食生活は、身体の基本になりますので、まずはここから見直してみましょう。

あれを食べたほうが良い、これを食べたほうが良い、と特定のものを食べたり食生活に取り入れるのは簡単ですが、基本的な食事が乱れたままではせっかく腸内フローラが改善してきていてもまたすぐ元に戻ってしまう可能性があります。

もしくはいつまで経っても良い効果が出なくて、「これを食べても意味ないじゃん」となってしまうこともあるでしょう。

ですので、腸内にとって良い食品ではなく、それよりもまずは、お腹に悪影響となる食品を少なくする方が簡単かもしれません。

悪玉菌が好きな食べ物は、「砂糖」「お肉類」「油」など

point腸内環境を悪化させる「悪玉菌」が大好きな食べ物は下記の通りです。

sweet・添加物だらけのコンビニ弁当ばかり

・好きなものだけひたすら食べて、野菜不足

・チョコレートなどのお菓子

・お肉類を食べることが多い

・トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)が多く含まれた加工食品・ファーストフードなど

このように、コンビニ弁当やレトルト食品を多く食べる方は、腸内フローラのバランスも乱れやすくなるため、注意が必要です。

お腹に良い食べ物

pointさて、次は良い腸内に良い食べ物ですが、乳酸菌(ビフィズス菌など)が含まれる食べ物を摂るように心掛てみましょう。

ヨーグルトや乳酸飲料、キムチや納豆といった発酵食品が特にオススメです。

また、玉ねぎや牛乳やくだものも腸内環境を整える効果があるので、こちらも是非取り入れてみて下さい。 

berries

しかし、腸内フローラに良いと言われるものをひたすら摂るのではなく、食事の中にバランス良く取り入れていくようにするのが大切です。

もし乳酸菌を上手く摂り入れられないという場合は、整腸剤や健康食品、サプリメントといったものを利用するのも1つの方法となります。

特にサプリメントは他の薬との併用も多くでき、飲みすぎたりしなければ副作用も殆どないといわれています。

ですが、持病や体調によっては病院に相談しながら服用を決めるようにしましょう。

腸内フローラは食事以外でも改善できる?

腸内フローラは、食事の他に普段の生活からも改善することが出来ます。

bath

pointその改善方法とは、「ストレスの解消」です。

ストレスというのは一見精神的な面での負担が大きいイメージですが、酷くなるにつれて精神面どころか体調にまで影響を与えてしまいます。

その中でも、腸内フローラに影響するもので多いのが「便秘」の症状です。

ストレスは排泄機能を抑制する効果があり、全くトイレに行かなくなるというわけではないのですが、回数や量が減るということも少なくありません。

トイレにいくことが減れば、それだけ本来体の外へ出さなければいけないものが溜まるので、そこから毒素が発生して、体調の悪化やお腹の不調に関するストレスが溜まるという悪循環が起きてしまうのです。

趣味や趣味に費やす時間がなく、ストレスが溜まる一方だという場合は、ゆっくりと入浴や半身浴を行って体ごとリラックスしてみるのもオススメです。

腸内フローラを作るサプリ

ストロングマヌカハニー

pointニュージーランドでは、健康には欠かせない、殺菌作用のとても高いハチミツです。

お腹の悪い菌(ピロリ菌や大腸菌)にのみ攻撃をします。

食事から摂取した善玉菌を腸内まで届けてくれる作用もあるので、善玉菌が増えやすい状態になり、腸内環境を整えながら免疫力も高めていきます。

また、高い殺菌作用・抗炎症作用が魅力で、風邪や喉の痛み・胃痛やピロリ菌まで軽減する働きもあります。

糖度が高く天然100%のため、賞味期限が定められてなく半永久的に変質しません。

 

最強のマヌカハニーは”チガウ”

腸内環境を「赤ちゃん」に近づける

pointお腹の汚れ「スッキリ」理想の体内環境へ

  • woman

    高品質のアントシアニン

  • 最高級のポリフェノール
  • 水溶性食物繊維
  • 疲れしらずのクエン酸

お腹が心配でしょうがない毎日から、モトの生活を取り戻しませんか?

腸内フローラを改善して得られる効果とは?

腸内フローラを改善することで様々な効果を得ることが出来ます。

栄養が吸収しやすくなる

salad

point腸内フローラのバランスが整うと、栄養を吸収しやすい状態まで分解をサポートしてくれるので、血液をめぐり全身に栄養が運ばれやすい状態になります。

また、腸内の悪い物質を増やさないように抑制するため、便秘解消や免疫力を高めたり肥満予防、体臭改善やがんリスクを低下させる効果まで体にとって嬉しいものばかりです。

もちろん個人差があるのでこの効果が全部実感出来るわけではありませんが、こういった症状の悩みを抱えているという人にとっては無視できない効果ですよね。

エイジングケアにも

flower

point特に女性にとって、美肌や便秘解消というのは健康という意味だけではなく美容としても欠かせないものです。

さらに、腸内フローラが整うことでホルモン全体への影響もでるといわれています。

女性ホルモンは、コレステロールが原料ですが腸内フローラはこのコレステロールを分解し、ホルモンを生成する働きがあります。

また、幸せホルモンとも言われるセロトニンの、約90%が腸内で生成されています。このセロトニンも、女性ホルモンの量を増やす働きがあるようです。

若々しさをキープするためには、腸内環境とはきってもきりはなせない存在です。

腸内フローラのまとめ

腸内フローラは細菌なので、1つ1つはとても小さなものです。

しかしその1つ1つが集まることで良くも悪くも体に与える影響は大きく、決して無視することの出来ない存在となっています。

目に見えないぶん、自分の行動が腸内フローラへ与える影響がどれくらいのものなのかはわかりにくくはあります。

最近体がなんとなく不調を感じるという人は、まずは食生活改善から実践して、サプリも利用しながら腸から元気な身体づくりをはじめましょう。