生理中の陰部の痒み・デリケートゾーンかぶれ・・・2つの原因と3つの対策とは

girl

女性にとって、毎月訪れる苦痛な一週間。
そう、生理時期です。
生理痛に悩まされたり、イライラしたり落ち込んだりと、身体も心もトラブルが起こりやすいこの時期、デリケートゾーンのかゆみやムレに悩む方も、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、生理中のデリケートゾーンのかゆみ対策について、ご紹介していきます。

原因

bikini

まずは、デリケートゾーンに起こるかゆみの原因について、いくつかご紹介していきましょう。
当てはまるものがあれば、その原因を排除することから、対策を行うことが大切です。

ナプキンによるかぶれ

生理中に起こるデリケートゾーンのかゆみの原因の多くは、ナプキンによるかぶれによるものです。

plus_grey 素材

かぶれが起こる理由としては、まず、素材が肌に合っていないということ。

ナプキンにも沢山の種類がありますが、自分の肌に合っていないと、洋服などと同様に皮膚かぶれが起こります。
デリケートゾーンは、言葉通り皮膚がとても敏感な部分ですので、素材には注意したいところですね。

 plus_grey 装着場所

また、ナプキンの種類によって、装着するベストな場所というものがあります。
当たり前のように付けている場所が、説明書を読むと間違っていた!ということもあります。

その間違いが、経血の吸収を悪くし、ムレを起こしてしまったり、歩く度にはナプキンがズレて皮膚トラブルを起こすこともあります。

plus_grey 交換回数

比較的、仕事などによる拘束時間が長い社会人に多く見られるのが、ナプキンの交換回数が少なく、菌が繁殖してしまうパターンです。

経血が残ったままのナプキンを長時間使い続けることで、ムレの原因にもなりますし、菌が繁殖しやすい環境になり、かゆみを引き起こすことがあります。

特に夏場や湿気が多い時期は、何時間も経つと雑菌が繁殖していることもあり、かゆみの原因に繋がります。

下着やパンスト・タイツがきつめで蒸れる

普段は何の問題もなく身につけている下着やパンストでも、生理中はただでさえデリケートゾーンがムレやすいので、その締め付けからムレに拍車がかかっていることがあります。

補正下着やガードルは締め付けがきついものが多いですので、痒みやかぶれがあるときは控えましょう。

また、締め付けることによって血行が悪くなり、かゆみの他に生理痛の悪化も招きます。

対策

次に、デリケートゾーンのかゆみへの対策を、ご紹介していきましょう。
事前に行うことで、予防にも繋がります。

清潔な環境を作る

soap

point基本中の基本ですが、清潔な環境を作ることが大前提となります。

ムレにくく、締め付けの少ない下着などの着用、ナプキンを小まめに取り替える(2時間おき程度)、入浴時には優しく洗って湿気を拭うなど、清潔にすることを心がけましょう。

かと言って、ゴシゴシ洗ったり、腟内まで洗うようなことは、新たな炎症や病気を招くので、絶対にやめましょう。

また、綿素材の下着は通気性もいいので、生理中だけでも使ってみると周辺のかぶれは減らすことができるかもしれません。もちろん、敏感肌やかぶれやすい方にもオススメです。

保冷剤の活用

pointかゆみを抑えるために、冷やすという行為は有効です。

下着の上からかゆい部分に、タオルに巻いた保冷剤を当てて冷やすのが、かゆみ止めには効果的です。

しかし、人前でできるものでは無いので、トイレに行ったときに冷やしてみるか、足の甲を冷やすのもよいでしょう。

足の甲を冷やすと、下半身を冷やすことに繋がるので効果的です。

しかし、冷やしすぎは生理痛の悪化になるので、かゆみを我慢出来ない時に行う、応急処置として試してみてください。

ストッキングはお休みしてみよう

肌が弱い方は、ストッキング自体でかぶれる方も多いようです。

デスクワークの方は、ストッキングを毎日履いていらっしゃる方もいらっしゃいますが、通気性や圧迫感をなくすためにも、痒みやかぶれが気になるときはお休みしてみましょう。

あまり服装が厳しくない場合は、黒いハイソックス+ナースシューズなど楽な格好でお仕事をされるといいかもしれません。

かゆみ止め市販薬の活用

【第2類医薬品】フェミニーナ軟膏S 30g

【第2類医薬品】フェミニーナ軟膏S 30g

point選ぶ際には、上記のような、非ステロイドのデリケートゾーン専用のものにしてください。

どうしても我慢ができないかゆみ、炎症の悪化などが見られる場合には、市販されているかゆみ止めを活用しましょう。

上記フェミニーナ軟膏は、低刺激で炎症、かゆみを抑え、デリケートゾーン以外にも、虫さされ・あせも・皮膚炎・じんましんとかゆみ全般に使えて便利なお薬です。薬局で買いにくいと思われる方も、通販などを利用して常備しておくと安心です。

また、清潔してから使用しないと、効果も得られないですし、症状が酷くなることがあるので、注意が必要です。

重度の症状の場合には、むやみにかゆみ止めを使用せずに、皮膚科の受診をオススメします。

→痒みが引かない、激しくなってきた方はもしかしたら病気かも?

デリケートゾーンの痛みや腫れ・陰部のかゆみの原因は?5つの病気、症状と治療法について 
デリケートゾーンの痒みには、2種類あり、以前ご紹介した「外部刺激や、汗や生理などでかぶれたりする...

まとめ

ここまで、生理中に起こるデリケートゾーンのかゆみについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
デリケートゾーンのかゆみは、生理中に限らず、ムレなどによって起こる可能性がとても高いです。
清潔、通気性を常に心がけ、トラブル回避に繋げていきましょう。

 
辛い月経前症候群を軽減させよう