頭皮の痒みはアトピー・乾燥が原因なの?フケや痒みが強い場合は病気の可能性も?

kangaeru

どうしても我慢出来ない頭皮のかゆみに悩まされている方は多くいらっしゃいます。

かゆくてかゆくて、我慢出来ずに掻いてしまうと髪の表面や肩に白くぱらぱらと…。

耐え難いかゆみと、清潔感との間で板挟みになってしまうのも辛いものですよね。

ここでは、頭皮のかゆみが起こる原因とその解決法をご紹介します。

スポンサーリンク

かゆみの原因と対策

hand

まず、何故かゆみが起こるかという点についてですが、大きく分けて原因は2つです。

それは①頭皮のアトピーによるものと、②乾燥 によるものです。

しかし頭皮の乾燥に関しては自覚がないことがとても大きな壁となっています。

手や顔。脚など他の部分であれば、目で見て確認できますし、肌に網目状の白い線が浮かんできたりと確認しやすいのですが、頭皮となると鏡を使っても乾燥しているかどうかのセルフチェックが出来ません。

かゆみという症状は、頭皮からのSOSと捉えても良いでしょう。

では次の項目から解決法をご紹介します。

頭皮の保湿をしましょう

肌に関してもそうですが、頭皮も同じです。

頭皮専用の保湿ローションや美容エッセンスを使うのが効果的です。

ここでのポイントとしては、髪をかき分けて頭皮に直接つけるようにすることです。

この時、血行を良くするために指の腹でマッサージをするのも効果的です。

また、美容院のヘッドスパに行ってみるのも気分転換にもなりオススメです。

cosme

その他に普段スキンケアで使用している、化粧水を使う方法もあります。

顔に使ってみて効果が感じられるなら使ってみても良いかと思います。

  • 頭皮に使うならミストタイプのものが使いやすくて良いでしょう。
  • テカり防止や保湿、皮脂のコントロール機能があるものを選べると尚良いです。

オイルを使って保湿する場合は椿油やホホバオイルを使うと、頭皮に潤いを与えて余分な皮脂を抑える効果がありますから効果的です。

アトピーの場合

アトピーによるかゆみの場合には、シャンプーの選び方が大きなポイントとなります。

アミノ酸系のシャンプーを使うと洗浄力がマイルドで、保湿に関してもメリットがありますから効果が期待出来ます。

syampoo

また、洗髪後に関してですが、ドライヤーより自然乾燥の方が頭皮へのダメージが少なくて良いと思われる方もいらっしゃるようですが、これは逆です。

自然乾燥ではどうしても時間がかかりますよね。

乾燥に時間がかかることで雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

大切なのは髪を乾かす方法ではなく、早めに乾かしてきちんと保湿するということです。

check
スポンサーリンク

痒みが強い場合は病気の可能性も!?

乾癬

hair

頭皮に、フケなどと共に赤い発疹ができる皮膚の症状です。

皮膚の生まれ変わりのサイクルが乱れ、表面の皮膚が何度も剥がれ落ち、炎症から痒みを伴うことが多いです。

水虫

乾癬と同様ですが、フケや痒みの症状があり、菌ですので、工場などで毎日防止を被る方、汗をかきやすい方は注意が必要です。

シラミ

アタマジラミは、プールなどでも感染し、頭の皮膚から血液を吸います。

吸われた箇所に強い痒みがあるのが特徴で、成虫は灰褐色の色をしています。

シャンプー時に櫛でといて、卵を取り除くとともに、専用のシャンプーを使うと効果的なようです。

スポンサーリンク

手作り化粧水(頭皮保湿用)のご紹介

頭皮保湿に使う美容液、実は手作り出来るのをご存知でしょうか。

 ー 材 料 -

  ・精製水

  ・植物性のグリセリン

   作り方:お水とグリセリンを10:1で混ぜ合わせたら出来上がりです。

自分に合っていないシャンプーを、天然素材のアミノ酸系のものに変えることが、望ましいですが、どうしても乾燥するといった場合には、手作り化粧水もお手軽です。

スプレーボトルなどにいれておくことで、手軽に保水することができます。

頭皮以外にも使用できますので、1つ作っておくとアレンジもできるので便利です。

スポンサーリンク

まとめ

hedgehog

さて、ここまでの内容を振り返りながらおさらいしてみましょう。

  • 頭皮のかゆみ、その原因は主に乾燥によるものとアトピーによるものでした。
  • 乾燥によるものは保湿ローションや美容エッセンス、オイルや化粧水で改善出来ますが、この時の注意点は、髪をかき分けて頭皮に直接つけるようにしましょう
  • アトピーによるものの場合は、アミノ酸系のシャンプーを使います
  •  洗髪後は自然乾燥ではなくドライヤーで早めに乾かしてきちんと保湿することがポイントです。

いかがでしたでしょうか。

頭皮のかゆみ、その原因と解決法をご紹介しましたが、難しい方法ではありません。

毎日の耐え難いかゆみと戦っていらっしゃる方は、まずは試してみて下さい!

また、強い痒みを伴う場合は、抜け毛の原因にもなりますので、一度皮膚科でどんな症状かを観てもらいましょう。