ナッツ種類別の栄養と効能☆1日に食べる効果的な量はどのくらい?

女性にとって良い成分が含まれ、健康や美容に良いとされているナッツ類。

でも、ナッツにはたくさんの種類があります。

そして、種類によってそれぞれ期待できる効能が、変わってきます。

どの種類にどんな効果があるのか、ちゃんと理解して効果的に取り入れたいものですよね。

そこで今回は、ナッツの種類別の効能について、ご紹介していきたいと思います。

ナッツの栄養

macadamia

まずは、ナッツそのものについて、見ていきましょう。

天然のサプリメント

ナッツは健康や美容、ダイエットにもとても良いとされていて、天然サプリメントとも呼ばれるほどです。

その効能に期待し、手軽に摂取できるとして、取り入れている女性は増加しています。

たっぷりの栄養素

ナッツ類全般には、オレイン酸などの体脂肪になりにくい不飽和脂肪酸、抗酸化作用があるビタミンEが含まれています。

また、マグネシウムや鉄分、食物繊維などの不足しやすい栄養素も、たっぷりと含んでいます。

ナッツの種類別の効能

次に、ナッツの中でも代表的なものの種類別に見た効能について、ご紹介しましょう。

アーモンド

almonds

point美肌、ダイエット、デトックス効果

老化防止効果や抗酸化作用がある、ビタミンEが豊富に含まれています。

食物繊維や鉄分も多く含まれているため、女性にはオススメのナッツです。

脂質や糖質の吸収抑制成分も含まれているので、炭水化物や糖質を好んで摂取する方には、ダイエット効果があります。

ダイエット効果があるとは言え、食べ過ぎれば逆効果です。

・目安量は、1日に25g(25粒程度)です。

クルミ

pointホルモンバランス正常化、女性特有の症状、不眠改善効果

不飽和脂肪酸のαリノレン酸という成分が、ナッツ類の中でも特に多く含まれています。

この成分は、ホルモンバランスの正常化の効果があるため、生理痛、生理不順の改善やアンチエイジング効果も期待できます。また、ストレス軽減作用成分も含まれているため、不眠症の方にもオススメです。

αリノレン酸の効果を得るには、加熱処理はせずに生のくるみを食べるように、注意しましょう。

  • 目安量は、1日に25g(6個程度)です。

マカダミアナッツ

point栄養素がバランスよく含まれている

疲労回復作用のビタミンBが豊富に含まれていますし、他のナッツ類よりも高カロリーなので、オヤツの栄養補助食品として、オススメです。

ただし、マカダミアナッツは消化しづらいため、よく噛んで食べるように注意しましょう。

・目安量は、1日に10g(5個程度)です。

ヘーゼルナッツ

point美白効果

ヘーゼルナッツには、皮脂と同じ成分のオレイン酸が豊富に含まれています。また、抗酸化作用を持つタンニンも多く含まれているので、美肌や美白効果に期待ができます。

マカダミアナッツ同様、高カロリーなナッツなので食べ過ぎに注意が必要です。

食事の30分前~食後の1時間以内に摂取すると、より効果的と言われています。

・目安量は、1日に20粒程度です。

ピスタチオ

pointむくみ、貧血などの予防改善効果

カリウムが豊富に含まれているため、塩分を効率良く排出でき、むくみの予防改善に効果があります。また、鉄や亜鉛、銅などの、貧血に効果的な成分が含まれています。

色がきれいな緑色のものを選ぶのが、ポイントです。

クルミと同様で、栄養素が破壊されてしまうので、加熱処理はしないように注意しましょう。

・目安量は、1日に45粒程度と多めですが、1粒が小さいので小まめに摂取しましょう。

注意点

walnuts

最後に、ナッツを選ぶ時などの注意点を、まとめてみます。

自然のまま

point美容や健康のためにナッツを摂取する場合には、素焼きで無塩の自然のままのナッツを、選ぶようにしましょう。

市販されているものの多くは、飲酒の際のおつまみ用などとして加工されていますので、購入の時に裏面の一括表示で確認しましょう。

保存方法

point開封したものはビンなどの密閉容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

ナッツは、脂質が多いため酸化しやすい特徴があります。

まとめ買いなどで大量にある場合、保管方法には注意が必要です。

まとめ

flower

ここまで、ナッツ類の効能についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
健康にも美容にも良いナッツ。

あなたの悩みにあったナッツは、あったでしょうか?

スーパーやコンビニで手軽に購入できるナッツを積極的に摂取して、優れた効能をいただいちゃいましょう☆