乾燥・敏感肌の方にも!肌に優しいクレンジングジェルの種類と正しい使い方

メイク落としのクレンジング剤というのは、メーカーからかなりの頻度で新商品が販売されています。

新しいものに目が無い!!という方は、コロコロと使うアイテムを変えているのでは無いでしょうか?

そんな種類が多いクレンジング剤ですが、メイクの落ち具合や使い心地で、リピート率の高いクレンジングジェルについて、今回はご紹介していきます。

スポンサーリンク

クレンジングジェルの特徴

まずは、クレンジングジェルにはどんな特徴があるのか、ご紹介していきましょう。

肌への負担が少ない

gel

クレンジングジェルは、オイルタイプやリキッドタイプのものよりも、なめらかな使い心地ですので、肌との摩擦が少なく負担を減らすことができます。

また、吸着性や肌なじみも良いのが特徴です。

クレンジングジェルにも種類がある

クレンジングジェルの中にも、いくつかの種類がありますので、ご紹介しておきましょう。

point水性ジェル(オイルフリー)

水性ジェルは、メイクの落ち具合は多少低めですが、オイルフリーなので、洗い上がりもさっぱり感があり、マツエク愛用者でも使うことができますし、ナチュラルメイクの方にオススメのタイプです。

point水性ジェル(オイルイン)

オイルが入った水性ジェルには、界面活性剤と油分が配合されています。

ドラッグストアなどで多く見かけるクレンジングジェルは、大抵がこのタイプのようです。

油分が配合されていますが、水性なので洗い上がりもベタつきはなく、使い心地も優しめです。

point油性ジェル

油性ジェルは、オイルクレンジングのジェルバージョン、という説明がわかりやすいかと思います。

オイルクレンジングと同様に、メイク落ちに優れていて、ウォータープルーフタイプのマスカラやファンデーションにも有効です。

しかし、ジェル状ですので、オイルクレンジングよりも肌への負担は少ないのが特徴です。

スポンサーリンク

クレンジングジェルの選び方

cosme

次に、上記で挙げたクレンジングジェル3種類を見分けて、選ぶ方法をご紹介していきましょう。

水性ジェル(オイルフリー)

クレンジングジェルの商品パッケージに、「オイルフリー」という記載がある場合には、水性ジェルのオイルフリータイプです。

または、オイルフリーの記載が無くても、商品の成分表示欄を確認した時に、一番最初に記載されている成分が「水 」である場合も、このタイプのものでしょう。

水性ジェル(オイルイン)

こちらは、もちろんオイルフリーの記載は無く、一見わかりにくいですが、商品の成分表示欄を確認して、一番最初に記載されている成分が「界面活性剤」である場合には、水性ジェルのオイルインタイプです。

油性ジェル

こちらも、もちろんオイルフリーの記載はありません。

上記と同様に、商品の成分表示欄を確認して、一番最初に記載されている成分が「油分」である場合には、油性ジェルタイプです。

スポンサーリンク

正しい使い方

wash-up

  • クレンジングジェルの正しい使い方について、順番にご紹介していきましょう。

point適量はさくらんぼ大2個分

まず、顔や手を濡らさないで、適量のクレンジングジェルを手にとります。

この時に指す適量とは、さくらんぼ大2個分程度を、目安としましょう。
手にとったクレンジングジェルを、手のひらで人肌まで温めてから、額、両ほほ、あごにのせて、全体に伸ばします。

pointゾーンからスタート

全体に伸ばしたら、皮脂の分泌が多い、Tゾーンからクレンジングを始めます。

まずは、額です。

中心から外へ向かって、クルクルと指を滑らせるようにします。

次は、両ほほです。

鼻の近くから外へ向かって、優しく指を滑らせます。

マッサージを行うように動かすと、汚れが浮いてきやすいですよ。

point小鼻周りは念入り・目元は優しく

毛穴汚れが溜まりやすい小鼻は、凹凸があり洗いにくい部位ですので、指先で細かな円を描くようにして、しっかりと汚れを浮き上がらせましょう。

小鼻とは反対に、目元は皮膚がとても薄く敏感な部分ですので、指先を優しく滑らせるようにします。

目元周辺の皮膚を、引っ張るように指を動かすと、シワを作る原因にもなります。

pointフェイスラインも忘れずに

フェイスラインやあごの周辺には、ニキビが作られやすい部分ですので、顔を上へ上げるようにして、しっかりとクレンジングジェルを馴染ませてください。

フェイスラインは、洗顔時なども忘れやすい部分ですので、気をつけましょう。

pointすすぎは必ずぬるま湯で

最後にすすぎを行いますが、必ずぬるま湯ですすぐようにしましょう。

この時のぬるま湯とは、少し冷たいくらいの温度でOKです。

クレンジングジェルを落とし終わったら、冷水ですすいで毛穴を引締めましょう。
すすぎ残しが無いように、生え際などは注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

flower

ここまで、クレンジングジェルについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ジェル状のものにも、3タイプのものがありましたね。

数あるクレンジング剤の中から、ジェル状のものを選ぶ際には、ご自分のメイクの濃さや肌質に合わせて、更に的を絞って選ぶようにしましょう。