頭痛や吐き気・肥満にもなりやすい?睡眠不足から引き起こる症状とは ⋆ MOFUBU

頭痛や吐き気・肥満にもなりやすい?睡眠不足から引き起こる症状とは

皆さんの中に「最近、肌荒れが酷いなぁ」「やらなきゃいけないのに、やる気が出ない」「イライラが止まらない」などの悩みを抱えている方は、いらっしゃるでしょうか?

その原因が良く分からないという方、その原因は【睡眠不足】かもしれません。

そこで今回は、睡眠不足が私たちの身体や心に、どんな影響を与えるのかについて、ご紹介していきたいと思います。

睡眠不足の影響

まず、睡眠不足がどんな影響を及ぼすのか、健康面と美容面、日常生活面の3つに分けて、ご紹介しましょう。

健康面

health

【免疫システムの低下】
自然免疫細胞の減少と細胞の活動低下によるもの

【頭痛や腰痛などの身体の痛み】
筋肉の損傷のリセット不能により筋肉が凝り固まり、神経や血管を圧迫することによるもの

【吐き気やめまい】
疲れをリセットできずに疲労物質が蓄積され、限界に達することで症状として出る

【慢性的な便秘】
睡眠不足による緊張状態か腸へ伝わることで、腸の働きが鈍くなることによるもの

【生理不順】
身体が妊娠できる状態に無い、身体を健康に戻すことが先決と判断するため

【アレルギー症状】
メラトニンという、炎症を抑制する働きのある成分の分泌が、低下することによるもの

【食欲の増加】
睡眠不足が空腹ホルモンの分泌を増やし、満腹ホルモンの分泌を減らすため

美容面

beauty_salon

【太りやすくなる】
22時~2時に脂肪を燃焼するホルモンが分泌されるが、睡眠不足だとこのホルモンの分泌が減少するため

夜ふかしさんのためのダイエットサプリ【1ヶ月】で何キロ痩せれる?効果やデメリット・口コミもご紹介します
夕食の時間が寝る前になったり、不規則な生活が続いたりと、現代人は生活習慣が乱れがちです。 睡眠...

【肌トラブル】
睡眠不足により、肌の細胞の入れ替わりがスムーズに行われないため

【身体の歪み】
睡眠不足により、睡眠中の身体の歪みのリセットができないため

【抜け毛や白髪の増加】
睡眠不足になると、内蔵への栄養補給が優先され、頭皮や髪の毛への栄養が不足するため

【老化促進】
老化の元となる活性酸素を除去するメラトニンの分泌が、睡眠不足によって減少し、活性酸素の蓄積に繋がるため

日常生活面

business

【記憶力の低下】
忘れやすい短期記憶から、忘れにくい長期記憶への変換が、睡眠中に行われるため、その変換ができなくなる

【平衡感覚の乱れ】
脳の回復が行われず、身体の傾きや筋肉のコントロールが不十分になるため

【瞬発力や持久力の低下】
睡眠不足が血行不良を起こし、疲労物質や乳酸を体内に溜め込むため

【疲労蓄積ややる気の低下】
睡眠不足により疲労のリセットができない、疲労物質の蓄積によって日に日に身体のだるさが出るため

【ネガティブ思考】
睡眠不足になると神経が張り詰め、少しのことで苛付いたり、ストレスを溜め込みやすくなるため

【自信喪失や意欲喪失】
睡眠不足により、毎日の満足感や充実感が無くなり、ストレスばかりが強く、精神的疲労が蓄積されるため

質の良い睡眠をとるコツ

home

次に、睡眠不足による影響を受けてしまう前に、質の良い睡眠をとれるよう、コツをご紹介しましょう。

22時の就寝を心掛ける

clock

睡眠によって得られる、健康と美容の効果というのは、22時~2時の間がピークだと言われています。

長い時間寝れば良いというわけではなく、上記の時間帯にきちんと寝ていることで、様々な効果が得られるのです。

竹布アイマスクはオススメ

bamboo

快眠グッズとしてオススメなのが、竹布アイマスク(たけふ)です。

竹布と呼ばれる竹の繊維でできた布を、寝るときに目の上にのせて、簡易アイマスクにするのです。

この竹布には、熟睡しやすい、疲労回復、リラックス効果、などの嬉しい効果があります。
通販などで手に入りますので、探してみましょう。

休日は目覚まし時計を使わない

sleep

「人間は〇時間寝るべきだ」という話は、睡眠不足続きの身体には無意味です。

休日など、時間に余裕を持てる時には、目覚まし時計を使わずに、身体が自然と目覚めるまで眠りましょう。

睡眠不足続きの身体は、自分に必要な睡眠時間を得れば、自然と目覚めるものです。

身体のサインに身を任せることも、時には大切になってきます。

日中の生活の見直し

どうしても眠れないという時には、日中の生活の仕方を見直すことも必要です。

何事にも嫌気を感じながら取り組んでいたり、時間のメリハリをつけずにダラダラと過ごしている、そんな方は睡眠の質が悪くなる一方です。

仕事などに対して積極的に取り組む、身体労力を程よく使う、などの改善をすることで、睡眠の質はぐっと上がります。

まとめ

green

ここまで、睡眠不足による影響と睡眠のコツについて、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

睡眠不足が引き起こす心身への影響は、とても大きいことがおわかりいただけたと思います。

忙しい、寝る間も惜しい、などの考えは見直して、きちんとした時間に質の良い睡眠をとれるように、心掛けてみましょう。