レモングラスの効能・効果 ! レモングラスティーと4種類の使い方

フレグランスやハーブティーなどで知られる「レモングラス」に、美容効果があることをご存知でしょうか?

実は、レモングラスには美肌効果があるのです。

そこで今回は、いい香りのレモングラスの美肌効果と使い方について、ご紹介致します!

レモングラスの効果

早速、レモングラスの秘めた効果について、ご紹介しましょう。

消化活動の促進

fish

レモングラスには、胃腸の働きの正常化、胃もたれ、食欲不振、ガス抜きなどの効果があります。お肉料理との相性もいいようです。

こうした効果によって胃腸の働きが整えられるので、美肌効果に繋がります。

肌トラブルの抑制

レモングラスには抗菌作用があるので、肌トラブルに有効とされています。

皮脂分泌の調整、吹き出物やニキビの予防、シミやハリに効果、毛穴引き締め効果など、肌トラブル全般にとても効果があります。

血流促進

レモングラスには、抗炎症作用、鎮痛作用があり、また乳酸を分解する働きにより血流促進の効果があります。

ですので、レモングラスをクリームとして使うことで、身体の不調にも効果があるようです。
例えば、肩こりや筋肉痛、腰痛などに有効です。

リフレッシュ効果

レモングラスの爽やかな香りには、精神の調和効果があるので、リフレッシュしたい時には最適なハーブです。

やる気の元となる、アドレナリンの分泌促進効果もあるため、生気を戻すことにも有効です。

レモングラスの使い方

レモングラスは美容だけでなく、精神や肉体的にも嬉しい効果が期待できるとわかったところで、次に、効果的な使い方をご紹介しましょう。

レモングラスティーの作り方

herb-tea

レモングラスとミントを合わせて、レモングラスティーを作りましょう。

【分量】

・レモングラス  ティースプーン1杯
・ミント  ティースプーン1杯
・お湯  250cc

【作り方】

1. ティーポットにレモングラスとミントを入れ、お湯を注ぐ。

2. ⑤分間ほど待つ → 色と香りが出てきたら完成。

※レモングラスティーは、飲んで身体に取り入れることで消化活動の促進、肌トラブルの予防と改善に効果があります。

また、香りによってリフレッシュ効果や生気回復効果があります。

氷を作る時にレモングラスの葉を氷1つに対し1つ入れて凍らせると、簡単に使えます♪

フレグランス

herb

レモングラスの爽やかな香りを活かした、フレグランスを手作りしてみましょう。

【分量】

・レモングラスオイル  15滴
・精製水  50cc
・無水エタノール  5cc

【作り方】

・スプレーボトルなどに全て入れ、良くシェイクする。

※レモングラスのフレグランスには、リフレッシュ効果や生気回復効果のほかにも、爽やかな香りによる消臭効果もあるので、お部屋の空気中にスプレーすることで、爽やかな空間にすることができます。

レモングラスクリーム

マッサージクリームとして使える、レモングラスクリームを作ってみましょう。

【分量】

・レモングラスオイル  10滴
・スイートアーモンドオイル  50cc
・ミツロウ  10g
・シアバター  適量

【作り方】

1.スイートアーモンドオイルとミツロウを、湯煎にかけながら混ぜる。

2.粗熱をとったところに、レモングラスとシアバターを入れて完成。

レモングラスクリームは、肩や腰のこりや痛みの解消、ふくらはぎなどのマッサージに使えます。
血流促進の効果を得たい部分の使用に、オススメです。

ただし、性質上固まりやすいので、指や手など体温で戻してから使うようにしましょう。

入浴剤

bath

レモングラスの清々しい香りで、バスタイムでリフレッシュ効果を得ましょう。

【分量】

・レモングラスの葉  適量
・洗濯ネット  1つ

【作り方】

・洗濯ネットに、荒みじんに切ったレモングラスの葉を入れ、湯船に入れるだけ。

・20分ほど経てば、成分の抽出は完了です。

※レモングラスの香りによって、リラックス効果が得られ、保温効果や肌を滑らかにする効果も得られます。

まとめ

cake

ここまで、レモングラスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

美容効果がとても高く、ほかにも精神面、身体面にも効果が期待できるとは驚きのパワーですよね。

皆さんも、今日からレモングラス生活を始めてみませんか?