お年玉やポチ袋の意味は?0歳~、小、中学生の金額の相場はどれくらい? ⋆ MOFUBU

お年玉やポチ袋の意味は?0歳~、小、中学生の金額の相場はどれくらい?

otoshidama

毎年、お正月が近づくとお休みが来て嬉しいなぁと思う反面、お年玉はいくら包んだらいいの?

他の人は、どれくらい渡しているんだろう?と頭を悩ませる方も多いと思います。

小学校、中学校、高校と、年齢によってどれくらい増やしたらいいのか、何歳まで渡すべきなのか・・・、兄弟、姉妹がいるところには差があった方がいいの?など。

今回は、そんなシーン別のお年玉についてお話していきます。

お年玉は何から来ているの?

現在のお年玉といえば、もちろんお金ですが由来は何だったのでしょうか。

 もともとは、神様へお供えする「お餅」だった

point元気にその年を過ごすことの出来る、神様からの頂き物!

昔は、「歳神」といい、お正月に神様を迎えるお祭りがあり、今と同じように門松を立て、鏡餅をお供えしていました。

そして、そのお餅を下げるときに、子供達が食べることから「御歳魂」(おとしだま)と呼んでいたことが由来となっているようです。つまり、「おとしだまの玉」とは、「魂のたま」だったということでね。

また、神様にお供えしていて、お願いをし、分けていただいたお餅には、パワーがあり、そのお餅玉を食べることで、1年間無事に歳を重ねることが出来るとも言われています。

ポチ袋は?

pointポチの意味は、心ばかりのお祝儀を渡すときの、ほんのポッチリの「ポッチ」や、これっぽっちの「ポッチ」が語源となっているようです。

ほんのポッチリの心つかいだなんて、日本の控えめな心がでていて、良いものですね。

しかし、小さい頃は硬貨が入っているものがお年玉の玉?なのかなぁなんて思っていましたが、最近では金額も増えていってますよね。また、便乗しているのか「お盆玉」なんていうものまで出てきましたね。

 お年玉の疑問

まずは、平均の相場などをみていきましょう。

年代別平均相場(幼稚園くらいまで)

baby

入学祝や出産祝いは、この人は多めに・・・などと考えてしまいますが、お年玉は人数が多いから困りますよね汗 

point0歳~

画像は、着ぐるみがとってもお似合いの可愛い赤ちゃんですね♪

もし、出産お祝いを渡していない親戚の方がいたら、ここで出産お祝いもかねて渡すとよいでしょう。金額ですが、5千円~3万円くらいです。そんなに親しくない親戚であれば、5千円か1万円で充分でしょう。

お年玉袋に、出産お祝い「おめでとうございます」と一筆書いておけば、さらに喜ばれます。

point3歳~(幼稚園くらい)

金額は、500円~2千円の方が多いようです。

小さい子は、500円玉2枚入れてあげると、喜んでくれてかわいいですよね♪

年代別平均相場(小学生)

otoshidama

低学年と高学年でどれくらいが妥当な金額なのでしょうか。

point小学1年生

幼稚園の延長線上でか、この年齢までは千円という方も多いようです。

point小学2~3年生

この学年までが、低学年になりますが、千円~3千円が定番のようです。

point小学4~6年生

高学年は、3千円~5千円の方が多いです。

しかし、5千円は多いんじゃ。。。(個人的な意見ですが笑)

低学年と高学年、お金の価値に気づきはじめるこの頃の年齢・・・、高学年で千円では少し少ない?と思われそうですね。頑張って年1回なので、3千円は入れてあげると良いかもしれませんね。

年代別平均相場(中学・高校生・大学生)

otoshidama

さて、引き続き中学校~をみていきましょう。

point中学生

小学校の高学年と同じく、3千円~5千円の方が多いです。

これは・・・、小学校から高額を入れると後々負担がかかりそうですので、小学校の高学年~中学校までは、3千円でいいかもしれないですね。

point高校生

この頃になると、金額も一気に跳ね上がりますよね。

しかも、約50%以上の方が、5千円以上と答えております。

1万円以上の方も約20%くらいいらっしゃるようです。

ここは、親戚の数とかにもよるかと思いますが、5千円でよいのではないでしょうか・・・。同じくらいの年代の子がいると、一気にお金がとんでいきますね。

point大学生

もう、半分大人?とも言える大学生、あげない人もでてくるようですが、渡すとなると・・・。

金額は、1万円(諭吉様1枚)の方が大半を占める割合です。

逆に少しだったら、少ないなぁと思われそうで、それだったら渡さないという方がいいのかも!?

初詣に行って、近所の子にあったらどうする?

hatsumoude

pointなるべく、お正月はポチ袋を持ち歩いておくとよいでしょう。

もしも、ない場合は、ポケットティッシュに包んで、「今、ポチ袋を持ってないのでこれでごめんね」と言って渡してあげましょう。

そのままの現金で渡すのは、マナーとしてNGです。

親にお小遣いを渡すときは?

point両親や身内でも、目上の人にはお年玉ではなく、「お年賀」として渡すのが良いようです。

どちらにしても、喜んでくれそうですが・・・、結婚相手のご両親などは仲のよさにもよるのを考えると、自分の両親以外は、「少しですが、今年も宜しくお願いします」との言葉などを添えて渡すと良いかもしれません。

金額ですが、1万円~3万円が相場のようです。

お年玉に入れる時の、お札の「折り方」

otoshidama2

point上記の画像のように3つ折にして、この方向のまま、ポチ袋の中に入れましょう。

硬貨の場合は、500円や100円など数字が見える方が表になるようにいれます。

まとめ

これまで、お年玉についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

出費がかさむシーズンにはなりますが、みんなが集まる場面でもあり、日本の大切な季節の行事です。

かわいいお年玉袋も増えてきたので、12月に入る少し前からお年玉の準備をして、渡すのもお正月の楽しみとして、とっておきましょう。