【ぺちゃんこ髪卒業】髪のボリュームが減る3つの原因とボリュームアップ3つの方法

woman_hair

最近、髪のボリュームが減ってきたなぁ、と感じている方はいらっしゃるでしょうか?

特に、抜け毛が増えている様子はないから、薄毛ではないと思うけど…。

そう密かに悩まれている女性は、意外と多いようです。

髪のボリュームが減ると、思ったようにセットが決まらなかったり、ついつい気になって隠してみたり、スタイルが決まらない、と悪循環になっている方もいらっしゃいます。

そこで、髪のボリュームが減る原因とボリュームアップの方法について、お話ししていきます。

原因

まずは、髪のボリュームが減る原因について、ご紹介していきましょう。

外部刺激による傷み

image

point髪や頭皮は、外部刺激を受けやすく、乾燥した空気やホコリ、シャンプー、スタイリング剤の洗い残しなど、過剰な紫外線、水分・油分のバランスの乱れ、このような様々な刺激を受けることで、髪が傷み、ハリやコシのない状態になってしまいます。

また、新たに生えてくる髪にも影響が及び、細くて弱いものが生えてくるそうです。

また、頭皮の乾燥が続くと、皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴詰まりやフケの原因になり、新たなに生えてくる髪は、クセが強くなるとも言われています。

栄養不足

point外食やインスタント食品などの食事、過度なダイエットなど、栄養バランスに偏りがある食生活が続くと、身体だけでなく髪や頭皮も、栄養不足に陥ります。

そうすると、細くて弱い、ダメージを受けやすい髪になっていきます。

また、食生活だけでなく運動不足になると、血行不良を引き起こし、摂取した栄養が、頭皮や髪にまで行き届きにくくなり、結果として栄養不足になってしまいます。

加齢

point加齢の影響というのは、身体だけでなく髪や頭皮にも現れます。

年齢を重ねるにつれ、どうしても髪を生成する働きが低下していくので、細く、ハリやコシの少ない髪へと変化していきます。

また、加齢と共に、髪と深い関係性を持つ女性ホルモンのエストロゲンが減少していくことも、原因の1つと考えられています。

ボリュームをアップさせよう

次に、髪のボリュームを出すセルフケア方法をご紹介していきます。

シャンプーを変えてみる

cosmetics

point市販用の主なシャンプーの中には、「界面活性剤」が含まれているものが多いです。

髪の汚れを洗浄する大切な役目を持ち、いくつかの種類に分かれる成分なのですが、その種類によって、髪へのダメージの度合いが変わってきます。

例えば、石油系や高級アルコール系の界面活性剤には、強い洗浄力が特徴としてあるため、同時に刺激も強いものになります。

見極め方としては、成分表示を確認して、「○○○硫酸」「アルキル○○○」「スルホン酸○○○」という記載が、成分表示の始めの方にあるものは避けましょう。

アミノ酸系の界面活性剤を含んでいるシャンプーであれば、髪にも肌にも優しく、適度な洗浄力も併せ持つのでオススメです。

check

洗髪の方法を見直す

正しい洗髪方法を身に付け、頭皮を清潔に保つことは、丈夫な髪の発毛・育毛・維持にとって、とても重要なことです。

「洗髪方法のポイント」

pointシャンプー

  1. まず、洗髪前にしっかりとブラッシングを行い、ホコリなどの軽い汚れを取ります。
  2. そして、髪だけでなく頭皮もお湯で濡らし、しっかりと湿らせます。
    シャンプーで洗うのは髪だけではなく、頭皮を重点的に洗ってください。
  3. 頭皮の皮脂などの汚れをキレイに除去するため、指の腹でマッサージすると、浮き上ってキレイに洗い流すことができます。

pointコンディショナーやトリートメント

  1. シャンプーが終わったら、次はコンディショナーやトリートメントをします。
  2. この時の注意点として、頭皮につけるとベタつきや毛穴詰まりを引き起こしますから、頭皮を避けて髪の毛だけにつけましょう。
  3. そして、最後のすすぎが肝心ですから、丁寧にしっかりとすすぎましょう。

※コンディショナーやトリートメントの選び方を挙げると、保湿効果に優れたものはボリュームが出にくい髪になるので、ハリやコシを出す効果があるものを選ぶのがポイントです。

ドライヤーでしっかり乾かす

洗髪後は、自然乾燥ではなく、しっかりドライヤーで乾かしましょう。

point乾かさずに、放置したり、眠ったりすると・・・

  • キューティクルが開いて、痛む原因に・・・
  • 頭皮の湿りで雑菌の繁殖してしまいます。

「ドライヤーの使い方のポイント」

pointドライヤーは、必ず15~20cm程度は髪から離すようにしましょう。

point同じ部分だけ連続して当てたりすることも、NG行為です。

point根元もしっかりと乾かし、立ち上げるようにクセ付けしながらすると、翌朝もボリュームアップし、スタイリングしやすくなります。

point髪を立ち上げるには、毛の流れに逆らってドライヤーを当てるようにします。

point温風だけを使用するのではなく、温風と冷風を数回切り替えながら当てると、立ち上げた形をキープさせることもできます!

まとめ

candle

ここまで、髪のボリュームが減る原因とボリュームアップ方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ボリュームダウンする原因には、いくつかありましたが、意識的に排除できるようなこともありましたね。

また、頭皮を清潔に保つことが、髪のボリュームアップには欠かせないようですし、気分転換にヘッドスパも気持ちがいいものです。

肌だけでなく、髪のケアも入念に行い、毎日のヘアスタイルを楽しんでくださいね。