生活の見直しで美肌に!! ひどい肌荒れの原因と早く治すための4つの改善策 ⋆ MOFUBU

生活の見直しで美肌に!! ひどい肌荒れの原因と早く治すための4つの改善策

woman

ダイエットと同様に、女性の永遠のテーマの一つである美肌。

美肌作りのために、毎日努力しているはずなのに、気付いたらニキビやクマ、くすみなどの肌荒れが起きていることはありませんか?

陶器のような、透明感溢れるツルツルでスベスベな美肌に、肌荒れは大敵です。

そこで今回は、日常生活から見直す肌荒れの原因と改善策について、ご紹介していきます。

原因

まずは、肌荒れの原因について、ご紹介していきましょう。

ご自分に当てはまる項目がないか、皆さんも日常生活を振り返りながら、読み進めてみてくださいね。

使用化粧品の切替

cosmetics

point新しいものや流行に敏感な方に多く見られる、スキンケアアイテムの過度な切替は、時として肌荒れを招く原因にもなります。

良いと思って購入する、新商品の化粧品やスキンケアアイテム、使用方法が、必ずしも自分の肌に合っているとは言えません。

たとえ痛みや痒みなどの症状が無くても、期待した効果がすぐに出ない、といって、またすぐに化粧品をすぐ変更するのも肌にとっては、NGです。

摩擦

woman

point頬杖をつく、顔をかく、鼻をつまむなどの癖は、肌の摩擦による肌荒れの原因にもなります。

このような行為は、摩擦による肌を傷つける要因にもなりますし、手に付いている細菌などが、小さな傷口から侵入して炎症を起こすのです。

就寝中、うつ伏せが多い方は寝具との摩擦によって、肌荒れ以外にもシワの原因にもなります。

力を入れてスキンケアを行う癖がある方も、摩擦による肌荒れが懸念されます。

紫外線

uv

point私たちの身体には、紫外線によるダメージの修復機能がありますが、繰り返し浴び続けることで、数ヶ月後にシワやシミなどが現れてきます。

それとは逆に、数時間後に起こる日焼けや肌荒れ、赤みは急性のものと考えられています。

乾燥

point肌の乾燥が起こると、肌の保護機能が低下し、ウイルスやカビ、アレルゲンなどの異物が侵入しやすくなります。

このように、バリア機能が低下することで、かゆみや炎症などの肌荒れを引き起こすのです。

また、肌の乾燥は、シワやたるみなどの肌トラブルをも引き起こす原因になります。

生理周期

syuuki

point女性の肌は、生理開始の数日前から、肌の保護機能が低下しはじめます。

生理周期の月経期には、肌の乾燥か起こりやすく、黄体期には、肌が荒れやすくなります。

このような時期に、過度なスキンケアやバランスの悪い食生活をすると、肌荒れの加速が起こります。

睡眠不足

sleeping-room

point睡眠中に分泌される成長ホルモンには、肌の修復や新陳代謝を行い、美肌へと導く働きがあります。

繰り返される肌荒れに悩んでいるという方は、睡眠不足や質の悪い睡眠が関係しているかもしれません。

ストレス

point過度のストレスを感じると、自律神経の乱れが生じ、血行不良が起こります。

そうすると、肌へ栄養が十分に行き渡らなくなり、肌荒れが起こることがあります。

便秘

salad

point便秘が起こると、新陳代謝も乱れてきて肌荒れを引き起こしやすくなるのです。

女性に多く見られる便秘が、美肌作りの大敵なことは、皆さんご存知ですよね。

また、肌荒れだけではなく、疲労蓄積や食欲不振、むくみなども、便秘が原因となることがあります。

改善策

次に、肌荒れの改善策について、ご紹介していきましょう。

スキンケア方法

skin_care

point洗顔時のすすぎは、最低でも30回程度は行うと良いでしょう。

正しいスキンケア方法を身に付けることが、美肌作りには必要不可欠です。

まず、クレンジング、洗顔、保水・保湿、全ての工程において、力は必要ありません。

クレンジングや洗顔で肌の上を滑らせるなら、両手の薬指の腹のみを使い、保水・保湿の時には、手の平でパッティングではなく軽く押さえるようにしましょう。

また、しっかり泡を落としたつもりでも、生え際周辺には落とし残しがあります。

紫外線対策

uv

point紫外線は、1年を通して私たちに降り注いでいるので、季節で使う使わないを決めるのではなく、外出時には必ず使用するようにしましょう。

紫外線対策として、日焼け止めを使用している方は多くいらっしゃると思います。

しかし、使用する季節は夏だけではありませんか?

また、PA値、SPF値は、数値が高いほど肌への負担も大きいので、長時間の外出や屋外スポーツの時には数値の高いもの、洗濯や買い物などの日常的な家事の時には数値の低いもの、というように使い分けをしましょう。

食生活

dish

point1日3食、栄養バランスの良い食事をすることで、身体の内側からお肌へ働きかけることも大切です。

私たちの身体を作る基本は、やはり食事です。

また、肌の生成や肌荒れ予防に効果がある、タンパク質、ビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維を意識的に摂取するようにしましょう。

睡眠

point、質の良い睡眠をとり、早寝早起きスタイルにすることも大切です。

質の良い睡眠について過去にもご紹介させていただきましたが、心掛け一つで、ぐっと睡眠の質を高めることは可能なのです。

また、22時〜5時の間はなるべく夢の中にいることで、美肌作りに効果的な、成長ホルモンの恩恵を受けることができるようになります。

まとめ

green

ここまで、日常生活から見直す肌荒れの原因と改善策について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

何気ない日常生活の習慣や、1日だけ違うことをしてしまった、などの些細なことでも、私たちの肌は敏感に感じとってしまうものです。

急にニキビができるなどの肌荒れに気づいた時は、その原因を探り知ることが、肌荒れ改善への第1歩と言えるでしょう。