明日は絶対寝坊できない!朝、早起きする7つの方法

皆さんは、大事な約束の日や大切な会議の日に、寝坊してしまった経験はあるでしょうか?

または、寝坊常習犯なんて方も、いらっしゃるでしょうか?

今回は、寝坊常習犯の方でもできる、早起きする方法について、ご紹介していきます。

早起きするための行動改善

まは、早起きするためには、前日の寝る前にどんな風に過ごしたのか、起き出す時の行動はどうか、なども大切になってきます。

早起きするために改善すべき行動について、ご紹介していきましょう。

ゲームやPC作業

phone

大好きゲームやPCでの仕事・作業、ベッドに入ってからのスマホの操作など、リラックス状態とかけ離れた行動を就寝前に行うのは、早起きするためにはNGなことです。

「もう1回、あと1回」と、どんどん時間が過ぎて行ってしまうゲームは夜更かしの原因ですし、PCやスマホの操作は、質の悪い睡眠の原因になります。

夜更かしはもちろんのこと、質の悪い睡眠も、脳をしっかり休息させていないため、寝坊やすっきり起きれない、ということに繋がります。

就寝前に、このような行動が習慣になっている場合は、今夜から止めてみましょう。

夕食や就寝前の暴飲暴食

snack-food

忙しい社会人にとって、唯一、ゆっくりと食事をとれるのが夕食だ、という方も多いでしょう。

気持ちを落ち着けて、食事をすることは大切なことです。

しかし、意識しておかないと、ついつい食べ過ぎしてしまうのが夕食、また、就寝前に小腹が空いた、と口にしてしまうお菓子やおつまみ。

これらは、早起きするためにはNGな行動です。

また、油っこいものや消化しにくいものを食べすぎると、睡眠中に内蔵が消化活動に追われ、休むことができずに、睡眠の質の低下や翌朝の胃もたれなどの不快感を引き起こします。

ぜひ、今夜の夕食内容から見直してみましょう。

晩酌や寝酒

晩酌や寝酒でのアルコール摂取が習慣になっている方は、知らず知らずのうちに睡眠の質の低下を招いています。

アルコールを摂取すると、入眠はしやすくなるのですが、睡眠を維持することはできず、中途覚醒を起こしてしまい、結果、早起きの妨げになってしまうのです。

アルコールが無いと寝れない、という方は、少しずつでもアルコールの摂取量を減らしていきましょう。

せめて、早起きしなければならない日の前日は、思い切ってアルコールを摂らないようにしてみましょう。

起きやすい環境作り

sun

前日にセットした目覚ましが鳴ったのに、なかなかベッドから起き出せず、気付いたら二度寝して寝坊、なんてこともあるでしょう。

そんな方は、ぜひ起きやすい環境作りをしてみましょう。

例えば、冬であれば、起きる時間には部屋が温まっているように、暖房の予約セットを行ったり、夏であれば、冷房のセットですね。

また、カーテンを開けやすい位置にベッドを配置するのも、1つの手段です。

目覚ましを止める前にカーテンを開ければ、朝日を感じて身体が目覚めやすくなります。

他にも、自分にあった環境作りを考えてみてはいかがでしょうか。

光目覚まし時計

皆さんは、光目覚まし時計というアイテムがあるのを、ご存知でしょうか。

まだまだ世の中に浸透していないためか、少々値は張りますが、アラーム音に気付くことがないような、強者にオススメのアイテムです。

目を閉じていてもわかるほどの、太陽の光をイメージした強力なLEDライトが、セットした時刻になると点灯するものです。

毎朝、決まった時刻に光を浴びることで、体内時計も整いやすくなる、という利点もあります。

寝起きの身体に水分を

なんとか起きることはできたけど、眠気が覚めない、という時には、コップ1杯の冷水を飲みましょう。

起き抜けの身体に冷水を入れることで、腸へ刺激を与え、便通も良くなりますし、内蔵も休息から目覚めて活動し始めるので、朝食も摂りやすくなります。

朝食をきちんと摂ることで、脳へエネルギーが送られ、覚醒します。

二度寝に打ち勝つ心

hand

どんなに早い時間に起きることができたとしても、二度寝してしまっては意味がありません。

やはり、二度寝に打ち勝つには、誘惑に負けない強い心であると言えます。

アラームのスヌーズ機能をセットして、二度寝すれば大丈夫、なんてもってのほかです。

スヌーズ機能を使って、ズルズルと二度寝、三度寝を繰り返すほど、起きた時の身体の気だるさは抜けません。

複数のアイテムを使用して起きるのはOKですが、二度寝のためのアイテム使用はNGです。

1度で起きることが、早い時間であってもすっきり起きれる条件です。

まとめ

flower

ここまで、早起きする方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

早起きすることで、朝方の生活に変えることで、健康や美容にも良い影響がありますし、1日を有意義に過ごすことができるようになるでしょう。

大事な日の約束に遅れたり、寝起きで頭が働いていないまま会議に出たり、そんな社会人として許されない寝坊や遅刻をしないように、皆さんもぜひお試しください。