衝撃!【小さくみえる目の大きさは変わる!?】 メイクやトレーニングで「黒目がち」になる方法とは

woman

ぱっちりした眼をしている方は、黒目も大きくて、可愛い印象に見えますよね。

つまり、黒目が大きいと眼そのものが大きく見えて、女子力up、ということです。

でも、持って産まれた黒目を大きくすることなんて…

黒目が大きい人が羨ましい…

眼に悩みを抱える女性は、とても多いのですが、そもそも黒目の大きさって、なぜ人によって差があるのでしょうか?

そこで今回は、黒目の大きさの違いの理由と大きく見せる方法について、ご紹介していきます。

黒目の大きさについて

まずは、黒目の大きさについて、基礎的な部分をご紹介していきましょう。

黒目がちな人が与える印象は?

baby

黒目が大きい、黒目がちにみえる瞳は、カワイイ印象や幼い印象になります。

赤ちゃんや子犬も、かわいくみえるのは、黒目がちな瞳がウルウルして愛くるしくみえるからでしょうか。

逆に白目がちな人は、パっと見はクールな印象を与えることが多いようです。

日本人はみんな「ほとんど同じ大きさ」

eye

意外ですが、人によって「黒目の大、小の差」は、ほぼなく、生まれた時から、みんなほとんど変わりなく同じ大きさだそうです。

point同じ日本人同士なら、若い方でもご年配の方でも、黒目の大きさに年齢差は無く、ほとんどの方が約11~12.5mm程度なのです。

実は、赤ちゃんとも黒目の大きさの差はほぼ無く、赤ちゃんの黒目が大きく見えるのは、顔の大きさとのバランスによってそう見えるだけなのです。

白目と黒目の比率の理想は?

eye

日本人の平均比率は、白目:黒目:白目にすると、1:1.5:1の方が多いようです。

しかし、これは大きければ大きいほど可愛く見えるというわけでもなく、理想の比率は1:2:1といわれています。

まぶたの筋力差=黒目の大きさ

黒目の大きさに差が出てしまう原因には、まぶたの筋力の差が関係しています。

point黒目が小さく見える方は、【黒目の大きさは同じ】なので、まぶたに隠れて見えていないだけなのです。理由として、下記のようなものがあります。

  • 加齢などで、まぶたの筋力が低下している。
  • 脂肪で、まぶたが下がってしまっている。

pointまた、一般的に黒目が90%見えている方は、パッチリ黒い大きな瞳に見えます。

【 眼輪筋 】がポイント

point眼輪筋の筋力が低下すると、まぶたのたるみが起こり、眼が小さくなって黒目を隠してしまいます。

眼輪筋とは、眼の周囲にあるドーナツ状の筋肉のことです。

この眼輪筋は、加齢などの原因によって筋力が低下しやすい、と言われています。

眼輪筋のトレーニング・マッサージ

次に、眼輪筋を鍛えて黒目が大きく見えるようにするトレーニングと、目の周りをほぐすマッサージについて、ご紹介していきましょう。

眼輪筋トレーニング

①まぶたに負荷をかける

  1. まず、人差指で上まぶたの中心、黒目の近くを眉毛の下まで上に引き上げます。
  2. この状態のまま、ゆっくりと眼を閉じ、10秒程度キープしてから元に戻します。

※これを5回繰り返しまます。

  1. 次に、人差指で、目尻の少し上をつり目になるように、斜め上へ引っ張ります。
  2. この状態のまま、ゆっくりと眼を閉じ、5秒程度キープしてから元に戻します。
  3. 今度は、目尻の少し下をたれ目になるように、斜め下に引っ張ります。
  4. この状態のまま、ゆっくりと眼を閉じ、5秒程度キープしてから元に戻します。

※これらの動きを、左右交互に5回ずつ繰り返しましょう。

 

woman

②力を入れて上目使い

まず、顔を正面に向けた状態で、眼だけで上を見るようにします。

  1. グッと眼の周りに力を入れるようにして行うのが、ポイントです。
  2. この状態で3秒程度キープして、ゆっくりと眼を閉じます。

※これを5回繰り返しまます。

③眼を回す

  1. まず、眼を時計周りに回します。
  2. ゆっくりと10回程度、繰り返しましょう。
  3. 同様に、反時計周りも行いましょう。

マッサージ

memoto

必ず、肌との摩擦が起こらないように、クリームなどを使用するようにしましょう。

  1. まず、人差指と中指、薬指を、眼の下の骨に沿ってあてます。
  2. そして、その指3本を下に向かってゆっくりと、5秒程度押しましょう。
  • ※3回を1セットとして、朝昼晩の1日3回、骨に力が伝わるように、少し力を入れて押すのがポイントです。

黒目を大きく見せる方法

最後に、黒目を大きく見せる方法として、2つご紹介していきましょう。

白目部分をキレイに見せて、黒目を引き立たせる

point白目がくすみや充血などが無くキレイになると、黒目を引き立てることができます。

充血がある時やメイク前、就寝前、疲れたなぁと感じた時などに、「ホットアイマスク」で目元を温めると、血行が良くなるので、白目をキレイにすることができます。

また、眼精疲労やドライアイなども白目をくすませる原因になるので、眼を休ませる時間を作ったり、睡眠をしっかり取るようにしましょう。

メイク術

eye_make1

アイラインを使ったメイク術で、黒目をくっきりさせることもできます。

「方法」

  1. まぶたを上に引っ張り、まつ毛の間を埋めるように、少しずつアイラインを引いていきます。
  2. まつ毛の隙間を埋めたら、まつ毛の上にもダブルでアイラインを引きます。
  3. 目頭から黒目までは、細めに引きます、目尻は長めに引くのがポイントです。
  4. そして、目尻の終点から、下側へ「く」の字を描くように引きましょう。
  5. アイライナーが乾いてしまう前に、綿棒で軽くぼかしながら、「く」の字の中もアイライナーをぼかして色を入れます。

point黒目の上を少し太くして黒目の下部分にもアイラインを引くのも、ポイントです。

こうすることで、瞼でみえてない瞳の部分をメイクで丸くみせ黒目が少し大きくなったようにみえ、パッチリまあるい目が簡単に作れます。

まつげを太く、長く育てることでパッチリした目元を

pointまつげ美容液も良いですが、飲むまつげサプリはご存知ですか?

まつげが太くなることで、アイライナーをひかなくても黒くふちどったようにも見えますし、目元のパッチリ感が自然にアップします。

また、抜けにくく、しっかりとしたまつげを【まつ育】することができます☆

産後や、昔より抜けてしまった方にもオススメです。

ぱっちりウィンクの口コミ・効果は?バンビウィンクと育毛成分の違いはある?
ビューラーやマスカラアイメイクをする時に、ふと落ちていくまつげ・・・その他にも 毎日...

カラコンで黒目の縁を大きく

pointメイクだけでなく、近年では黒目を大きく見せるための「カラーコンタクト」なども、沢山販売されています。

カラコンを活用すると、手軽に黒目を一回り大きく見せてくれます。髪やまつ毛にも合って、自然に見える黒や茶色系がおすすめです。

しかし、コンタクトはとてもデリケートなアイテムですので、使用方法などはきちんと守るようにしましょう。

まとめ

flower

ここまで、黒目の大きさの違いの理由と大きく見せる方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

日本人ならば、黒目の大きさは、ほとんど変わらないことがわかりましたね。

やはり、まぶたの筋力、まぶたのたるみが関係していたのです。

是非、まぶたの筋力を高めて、パッチリとした目元を手に入れ、毎日のメイクも楽しくしましょう。