仮眠のメリットとは?少しの眠りで疲労回復する仮眠の仕方とは?

どうしても終わらせなければならない仕事があるのに…

目的地までもう少しなのに…

「この眠気どうにかならない?」

このような睡魔と戦う経験は、誰にでもありますよね。

皆さんは、こんな時どうしていますか?

勉強中に目の下にメンソーレタムを塗って目を覚ます方法を試したことがありますが、涙が出てきて勉強どころではなくなりますのでご注意を・・・。

そこで今回は、睡魔に勝つための、オススメの目が覚める方法について、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

仮眠するメリット

point眠気がなくなる

昼間の仮眠は、熟睡している数時間にもなるといわれている。

スッキリすることで、仕事や勉強の集中力があがる。

point記憶力があがる

試験勉強中に少しの仮眠を挟むと、反復して覚えられる。

point目の疲れがとれる

仕事や勉強で目を使うことが多い人は、眼精疲労を軽減させる。

スポンサーリンク

目が覚める方法

早速、オススメの目が覚める方法について、ご紹介していきましょう。

コーヒー・緑茶を飲んで休憩

coffe

眠気覚ましの定番の方法と言えば、カフェインの摂取ですね。

多くの方が、コーヒーなどのカフェイン入りドリンクに、助けを求めたことがあると思います。

「カフェイン」は、中枢神経に働きかけ、脳内疲労を解消して一時的に興奮状態を作り出す効果があるので、眠気覚ましにはオススメの成分です。

コーヒーや緑茶などにカフェインが多く含まれていることは多くの方がご存知ですが、他にもエナジードリンクや栄養ドリンクにも、カフェインは豊富に含まれています。

このようなドリンクには、カフェインの他にもビタミンや植物エキスが配合されているので、眠気覚ましに合わせて疲労回復の効果も得られます。

ガムを噛んで、顎を動かす

gum

物を噛んでアゴを動かすという動きには、脳を覚醒させて作業効率がアップさせる働きがあります。

ガムを噛んで目を覚ますという方法も、カフェインと同様に定番の方法です。

脳が覚醒するということで、スッキリし、頭の回転も良くなるので、仕事中・勉強中の他に、長距離の運転中にもぜひオススメする方法です。

辛味や刺激がつよい商品などには、カフェインが含まれているものもありますので、上記のようなカフェインの効果も同時に得られます。

匂いのこもる車内では、あまりオススメできませんが、スルメなどの固い乾物なども、アゴを沢山動かすので代用できます。

清涼感のあるタブレット菓子

「ミンティア」などの、ミントやハッカ、メントール、その他プラスして「カフェイン」が配合されているものもあります。眠気覚ましには特にオススメです。

上記のガムのようなアゴを動かすものではなく、清涼感たっぷりのタブレット菓子も、オススメです。数粒まとめて口の中に入れると、清涼感と強い刺激によって、スッキリと目が覚めるでしょう。

クールタイプの目薬・目元を冷やすアイテム

眼精疲労を解消しつつ、ひんやりとした付け心地で眠気覚ましにもなり、眠気を取り除いてくれます。

目に疲れが溜まってくると、眠気を感じる方が多くいらっしゃいますが、そんな方には、スーッとした付け心地のクールタイプの目薬がオススメです。

また、夏の季節や熱くボーっとなる時には、目元や首の後ろを冷やしてみるのもいいです。

コンビニで、使いきりタイプの「瞬間冷却剤」が売っていますので休憩途中にも購入できて便利です。

頭皮&耳のマッサージ

woman

脳の周辺に位置する頭皮や耳と周辺をマッサージして、血行促進をしてあげると、脳への酸素供給が活発になり、眠気を覚ますことができます。

耳には様々な効果を得られるツボがあり、もみほぐしてあげることで、疲労回復にも効果があります。

pointマッサージの方法

  1. 両耳全体を、それぞれ左右の手で覆い、全体を揉むようにほぐす。
  2. 耳の上、中、下を、それぞれ軽く引っ張る。
  3. 耳の付け根を、押すように指先でほぐす。
  4. 頭を両手でつかみ、頭皮に指を当てながらもみほぐす。

自律神経に働きかける

woman

自律神経は、日中の目が覚めている時は交感神経が働き、就寝中や眠気がある時は副交感神経が、優位な状態になっています。

ですから、眠気を覚ますには、交感神経を刺激すると良いのです。
その方法は、簡単に出来る「呼吸」にあります。

point交感神経を刺激する呼吸法

  1. 全身の力を抜いて、息をゆっくりと全て吐く。
  2. 舌を出して丸めるようにして、ストローを吸うように口から息を吸う。(お腹ではなく胸を膨らますこと)
  3. 限界まで息を吸ったら、呼吸を3秒間ストップ。
  4. そして、鼻からゆっくりと、息を全て吐き出す。

この他にも、集中している時間が長くなればなるほど、無意識で呼吸が浅くなってしまいます。

すると、脳への酸素供給ができずに睡魔に襲われるというケースもあります。

集中している時間が長いな、と感じた時には、数回深呼吸をすると眠気を覚ますのに効果的です。

正しい仮眠は最大の眠気覚まし

woman

色々な目を眠気覚ましの方法をご紹介してきましたが、最大の眠気覚ましは仮眠です。

疲れている状態より、一旦仮眠をとることで、眠気や疲労感などを「リセット」できます。

あくまでも正しい仮眠の方法をとることが、大前提です。

  • 30分以上の仮眠はNG
  • 身体を横にする仮眠はNG

この2つが、正しい仮眠のポイントになります。
30分以上の長時間の仮眠や、身体を横にして本格的な睡眠をとる様な楽な体勢にしてしまうと、起きるのが辛い、寝起きに倦怠感がある、など逆効果になってしまいます。

  • 最適な仮眠の時間としては、15~30分が良いと言われています。

もし、そんな短時間では眠れない!!という場合には、目を閉じて、様々な情報が入ってくるのを遮断するだけでも、効果があります。

仮眠をとる前に、カフェインの摂取をしておくと、寝過ぎの防止と寝起きのスッキリ効果に役立ちます。

ランチタイムの後や、眠気による作業効率の悪さが目立つ時には、潔く仮眠をとってしまうのも、1つの方法です。

夜の眠りが浅く、日中眠くなる人にはサプリメントケアがおすすめ。

>グットナイト27000公式サイトへ

スポンサーリンク

まとめ

flower

ここまで、オススメの目が覚める方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

運転中の睡魔はとても危険ですし、仕事中の眠気は仕事の効率や質を下げてしまいます。

上手にアイテムを使ったり、潔く仮眠をとったりして、容赦なく襲ってくる睡魔に打ち勝ちましょう。