日焼けやくすみ肌→【色白美肌にする方法】 肌を白くする5つの美白ケアをご紹介

woman

皆さんの肌の色は、ズバリ何色でしょうか?

女性なら皆が憧れる、透き通った白い肌…

ここ何年も、美白ブームが続いていますよね。

皆さんも、キレイな色白美肌を手に入れる方法を知りたくありませんか?

そこで今回は、肌が黒くなる原因と肌を白くする方法について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

肌が黒くなる原因

まずは、肌が黒くなってしまう原因について、ご紹介していきましょう。

紫外線の影響

肌が黒くなる一番の原因と言えば、外出時の日焼けです。

紫外線を浴び続けることで、活性酵素を体内で作り出してメラニン色素を増加させてしまいます。メラニン色素は、真っ白な肌には目立ってしまう、「黒や褐色」をしています。

皮脂などの酸化汚れ

肌の汚れは、くすみの原因になります。

肌がゴワゴワする、カサカサする、皮脂がたくさん出る場合には、肌の汚れが溜まっている可能性があります。

皮脂が酸素に触れて酸化を起こすと、過酸化脂質という物質になり、メラニンの生成を促進しています。
また、毛穴の黒ず身を引き起こし、肌全体のくすみや毛穴の開きなどの原因にもなります。

ストレス、疲労蓄積

ストレスや疲労蓄積は、リンパの流れや血流を悪くしてしまいます。

これらの流れが悪くなると、肌細胞へ酸素や栄養をしっかりと届けられなくなり、代謝の低下やターンオーバーの乱れが起こって、くすみへと繋がってしまいます。

病気や疾患

慢性的な内臓疾患の症状の一つとして、肌が黒くなる、くすむ、などを引き起こすことがあります。

代表的な内臓疾患には、肝炎や腎臓病、心臓病などが挙げられます。

スポンサーリンク

肌を白くする方法

次に、黒くなった肌やくすんでしまった肌を白くする方法について、ご紹介していきましょう。

日焼け予防

https://make-a-good.com/wp-content/uploads/2016/07/pumpkin-9.jpg

point食べ物

・ビタミンAとCとEで「ACE」ビタミン界のエースと呼ばれているようです!

日焼け予防に効果がある栄養素には、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEが挙げられます。

ビタミンA・・・抗酸化作用、皮膚や粘膜の細胞の健康を保、乾燥肌の予防(肌や髪に潤いを与える)、ニキビ

ビタミンC・・・メラニン色素の生成の抑制、皮膚や肌のハリを生む、抗酸化作用、様々なアンチエイジング、などの効果があります。

ビタミンE・・・脂質を酸化からバリアする抗酸化作用、細胞の活性化、血液サラサラ、ホルモン生成や分泌のサポート、ターンオーバー促進

  • ビタミンEとCを一緒に摂取することで、相乗効果があり、老化防止にも更に期待がアップします。
  • これらを豊富に含む食材には、ピーマン、かぼちゃ、ほうれん草などが挙げられます。

point日焼け止めクリームの使用ポイント

  • ついつい去年のを使ってしまいがちですが、品質の低下が懸念されるため、毎年新しい物を開封するのが良いでしょう。
  • また、顔用であれば全身に使用してもOKですが、身体用は顔に使用するのはオススメできません。

point小物

選び方としては、紫外線のカット率が高いものを選択しましょう。

UVカットアイテムは、サングラスや日傘、帽子など、様々なものが販売されています。

成分表示などが記載されているタグを見ると、その数値も合わせて記載されています。

■サングラスの選び方は下記もご参考にされて下さい!

日焼け後の対処

water_image

pointもし日焼けをしてしまったら、その日のうちに正しい方法でケアを行いましょう。

日焼け後の肌は、水分を保つ機能が低下してしまうので、刺激を与えると肌荒れや色素沈着などの、肌トラブルを起こしやすくなります。

ですので、日焼け後専用ローションや冷タオルで、しっかりと冷やして火照りを取り、その後の保湿が大切です。

ローションなどのアイテムを、冷蔵庫で冷たくしておくのもオススメです。

洗顔&美白重点のスキンケア

point肌に皮脂や汚れを蓄積しないように、正しい方法での洗顔が重要です。

  1. 洗顔料をしっかりと泡立てて、泡を転がすようにTゾーンから洗います。
  2. 目元・口元は、乾燥を起こしやすいので、泡をのせてあげる程度でも十分です。
  3. 多少冷たいくらいのぬるま湯で、30回は最低でもすすぎを行い、タオルを押さえるように水分を拭きます。
  4. 洗顔後は、美白成分・美容成分がたっぷり入ったものを使って、ハンドプレスで保水・保湿をしっかりと行いましょう。

リフレッシュ

music

pointストレス社会に生きる現代人にとって、ストレスを溜め込まないようするのは、至難の業とも言えます。

それでも、手浴や足浴での血行促進、ホットタオルでコリや疲労が蓄積されている部分の解消などは、身体的ストレスの解消になります。

また、腹式呼吸などで自律神経を整えてみたり、趣味に没頭する休日を過ごす、音楽を聴く、カラオケなどで大声を出すなど、精神的にも身体的にも、ストレスの解消となることがたくさんあります。

自分に合ったリフレッシュ方法を、これを機会に見つけてみましょう。

サプリメント

サプリメントの活用も、オススメの方法です。

サプリメントの選ぶポイントは、メラニン生成の抑制・改善効果を選ぶと良いでしょう。

  • ビタミンC誘導体・・・シミを抑制
  • L-システイン・・・シミを薄く・活性酸素を抑制
  • トラネキサム酸・・・肝斑予防・対策に
  • プラセンタエキス・・・活性酸素除去・抗炎症作用・シワ・シミにも
  • アスタキサンチン・・・活性酸素除去 
  • βカロテン・・・抗酸化作用・活性酸素除去 など

 ■ 詳しい効能・効果は詳細記事もご覧下さい  

スポンサーリンク

まとめ

flowewr

ここまで、肌が黒くなる原因と肌を白くする方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

これからの季節は、肌が黒くなりやすく、くすみも起こりやすい時期ですが、同性の女性からも憧れられ、男性受けも良い、透き通った白い肌を、ぜひ皆さんも手に入れてください。