夜風呂と朝風呂はどちらが効果的?健康や頭皮へのメリットとデメリットとは ⋆ MOFUBU

夜風呂と朝風呂はどちらが効果的?健康や頭皮へのメリットとデメリットとは

突然ですが、あなたのお風呂に入るタイミングはいつですか。

朝派と夜派、または両方という方もいることでしょう。

お風呂にいつ入るか、ということだけで健康にも美容にも、とても影響があるのです。

実は、朝風呂には隠れたメリットとデメリットがあるので、ご紹介していきたいと思います。

朝風呂のメリット

office

まずは、朝風呂にはどんな効果が期待できるのか、メリットについて見ていきましょう。

活動スイッチが入る

寝起きの身体をスッキリさせるために、朝風呂をしている方も多いでしょう。

朝風呂には、身体の活動スイッチを入れる効果があり、眠気覚ましになります。

寝起きの身体にお湯をあて、シャワーで皮膚を刺激することによって、交感神経が刺激され、身体がリラックス状態から活動しやすい状態へと切り替わります。

ダイエット効果

朝に入浴することによって、体温が上がって代謝も活発になります。

代謝が活発な状態で1日をスタートできるので、脂肪の消費やエネルギーの消費が、効率的に行うことができるのです。

また、脂肪を蓄積しずらくする効果もあります。

代謝が良いと老廃物の排出もスムーズに行えるので、睡眠中のむくみを解消することもできます。

消臭効果

人間は睡眠中にも、汗をかきます。

汗をかいたまま1日をスタートすると、体臭がきつくなる方もいるでしょう。

しかし、朝風呂をすれば汗を流すことができるので、匂いの原因を除去できるのです。

朝風呂のデメリット

skin_care

次に、朝風呂が原因で身体に起こるデメリットには、どんなものがあるのか、ご紹介しましょう。

夜間の睡眠の質の低下

入浴を夜ではなく朝だけという方に多いのが、睡眠の質の低下です。

夜に入浴を済ませていると、身体がほどよく温まり眠りにつきやすくなり、睡眠の質が上がります。

睡眠の質が悪いと、疲れがとれない、ストレスの蓄積、血行が悪い、などの不調が出てきます。

睡眠は、どれだけ寝たか?ではなく、どれだけ癒せたか?が大切なのです。

頭皮への悪影響

一日の終わりに、きちんと洗髪して頭皮や髪の毛の汚れを落とさずに就寝するのは、頭皮へ悪影響を及ぼします。

睡眠中に、ホルモンが分泌されて頭皮の細胞が生まれ変わっているのですが、その時に頭皮に汚れがあるとスムーズに行うことができず、結果として薄毛などのトラブルを引き起こしてしまいます。

また、寝起きの朝というのは、頭皮の毛穴が開いている状態なので、そこに熱いお湯をかけることで、頭皮にダメージを与えます。

出勤時間などに追われて急いでいると、頭皮の洗い残しやシャンプーなどのすすぎ残しが起こり、かゆみやフケ、薄毛の原因になってしまいます。

肌への負担

肌に溜まった皮脂汚れやホコリを落とさずに就寝することで、肌のターンオーバーの妨げ、乾燥肌、ニキビの温床となってしまうのです。

あまり知られていませんが、人間の肌は睡眠中に保護機能を生成しているのです。

その時に汚れが残っているのも問題ですが、朝風呂をすることによって、作られた保護機能を洗い流してしまい、ダメージに弱い肌になってしまいます。

心臓への負担

ヒートショック、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、短時間に血圧が上がり下がりすることですが、ヒートショックによって心臓に負担がかかり、命を落としてしまう方もいます。

朝風呂はヒートショックを誘発しやすく、また、気温が低い冬場にも注意が必要です。
また、年配の方、高血圧の方は起こりやすいと言われているので、注意しましょう。

朝風呂の注意点

bath3

最後に、朝風呂をするなら気をつけるべきポイントを、ご紹介しましょう。

入浴ではなくシャワーにする

朝にゆったりと入浴されている方は、熱めのシャワーだけにしましょう。

なぜなら、上記にあげたデメリットは、シャワーよりも入浴の方が起こりやすいからです。

また、熱めのシャワーにすることで、朝風呂のメリットと同等の効果が得られます。

ただし、いきなりの熱いお湯は、肌にも心臓にも負担がかかるため、徐々に温度を上げていきましょう。

短時間で済ませる

上記のデメリットでもご紹介した通り、長い間お湯を浴びることで、肌の保護機能を洗い流してしまうので、必要以上の時間はかけないようにしましょう。

こすらない

肌の保護機能をこするという行為で洗い流してしまうので、なるべくこすらないようにしましょう。

また、必要以上に皮脂を落としてしまうと、身体が皮脂を補おうと過剰分泌をしてしまい、脂性の肌になってしまいます。

たっぷりの泡で、優しく洗うようにするのが良いでしょう。

きちんと乾かす

髪の毛を半乾きのままにしておくことは、菌が増えて悪臭の原因になったり、頭皮や髪の毛のダメージが増えてしまいます。

必ず、頭皮や根元もきちんと乾かすようにしましょう。

まとめ

bath2

ここまで、朝風呂についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご紹介した内容を見て、おわかりいただけたと思いますが、やはり朝風呂のみという行動は、色々なリスクが隠れています。

しかし、メリットももちろんあるので、朝風呂を楽しみたいという方は、夜もしっかりと入浴して一日の汚れを落とし、朝は髪は洗わずに熱いシャワーでササッと済ませる、というのが一番良い方法でしょう。