引越し時にかかる気になる費用(賃貸) ⋆ MOFUBU

引越し時にかかる気になる費用(賃貸)

前回、 引越しのあれこれ で引不動産屋の契約からお引越し迄の出来事を書きました。 今回は料金について詳しく書いていきます。  

不動産屋に支払う料金

1.仲介手数料

不動産屋の純粋な取り分です 1ケ月の賃料 × 1.08 =仲介手数料 という計算になっています

2.家賃・敷金・礼金

家主(大家さん)に支払います。 月の途中の入居であれば、賃料は日割り分と翌月を足した金額です 敷金2ケ月と礼金1ケ月が必要な物件がほとんどですが、支払った場合退去時に部屋の状況を確認後敷金が1ケ月返金されます。

ココまでで、仲介料+家賃1ケ月+敷金礼金3ケ月 =家賃5ケ月分 

3.シリンダー代

鍵の交換料金です。約1.5万~2万円です

4.保 険 料

火災保険の料金は約2万円です。 広さによってもかわります。まとめて1年分支払います。

5.保 証 会 社

保証人の替わりに保証会社を使用していると、保証会社の料金もかかってきます。 一見、もったいないと思われるかもしれないですが保証人がいない人や頼める人が遠方にいたりして、面倒な人には便利なシステムです。 料金は様々ですが、家賃の1ケ月程度をみておきましょう。

 

※上記の通り算出していくと、物件によりますが家賃5~7ヶ月になります。    

  7万円の物件だと、35万~49万になりますね。  

お得に物件検索する方法

hudousan5

1.敷金・礼金不要物件を選ぶ

転勤や直ぐに転居の必要のない場合、春の転勤の時期は避けると案外多くあります。 これだけで3ケ月分お得になるので大きいです。

2.仲介手数料不要物件を探す

これは、仲介しないということなので、不動産屋の持ち物件になります。 仲介手数料不要!など書いてある物件は持ち物件です。 但し、一階が事務所だったりする事もありますので、大家さんが近くに住んでない方がいいという方は、直接聞いてみるか、一度物件を先に見に行かれたりgoogle mapで見ておいた方がいいいいでしょう。ある程度はストリートビューで見れるから便利です。

※契約前に相談

最後に、エアコンが設置されてない場合など、これがあれば契約するのにという事もあると思います。

そんな時は、契約してしまってからでは遅いので事前に相談するようにしましょう。

その為にも、物件見学時にはしっかり確認しておきましょう。