ストレスが原因?夕方からの 「吐き気・めまい・頭痛」3つの予防・解消法とは

evening

仕事終わりをむかえる夕方の5時頃から、頭痛吐き気ふらふら感などを感じることはありませんかか?

毎日のようにその時間になると、ふらふらして吐き気がする・・・こんな辛い症状に悩まされる方を多く聞きます。

私自信も、夕方のちょうど仕事が終わる「4時すぎ~5時頃」、酷い頭痛や吐き気に悩まされることがしばしばありました。

そこで、なぜ夕方に不調を感じるのか、原因と予防・実際にためした解消法などについてもご紹介していきます。

夕方に感じる不調の症状と時間帯

まずは、身体に起こる不調の症状と時間帯について、見ていきましょう。
当てはまるものがあるか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

夕方のなると引き起こる身体の症状は?

主に、下記の様な症状が起こることが多いようです。

point頭痛

point微熱っぽい・顔だけ熱い気がする

point吐き気

point倦怠感

point息切れ

point動悸

pointめまい・ふわふわ感

頭痛や・吐き気が起こる時間帯

■17:00頃~19:00前後

個人差はありますが、夕ぐれ時といわれるこの時間帯~夜にかけて、症状が起こることが多いようです。

「もう少しで仕事が終わる!」とわかっていても、酷い頭痛になると吐き気まで起こり、ガマンするのはとても辛いものです。

また、酷い症状になると、頭痛薬などお薬をのんでも効かなくて苦しいですよね。

それにしても、どうして仕事が終了する頃に症状は起こるのでしょうか?

原因をみていきましょう。

夕方の吐き気・症状が起こる原因

次に、症状が起こる原因について探っていきましょう。

交感神経の切替時

personal

point症状が起こる時間帯は、交感神経から副交感神経へのスイッチがきりかわるタイミング。

この切替がスムーズに行えず、自律神経に影響をあたえてしまうことが、症状がおこる原因の1つです。

自律神経失調症

point現在だけでなく、過去にも自律神経失調症を患ったことがある方は、上記の交感神経の切替が上手くいかず症状が出やすい傾向にあります。

arrowセロトニン不足を補って【不安・緊張・憂鬱】気分をスッキリさせるサプリメント

体温が上昇する時間帯

body

pointこの症状が起こる時間帯は、体温が上昇してきます。

人間の身体の体温は、寝起きが一日の中で一番低く、夜にかけて少しずつ高くなります。体温が上昇すると、血流が活発になるので、血管性の頭痛や吐き気などの症状が起こりやすくなります。

気圧の上昇

point気圧が上昇すると、血圧が上がり、神経が興奮状態に入りやすくなります。

気圧の変化時に不調を起こす方は多く、気圧は1日の中で9:00前頃と21:00前頃に上昇するという報告があります。このことにより、身体の不調が起こるといわれています。

事前に出来る予防法は?

症状が起こる前に行うことで、魔の時間帯を恐れずに済む予防法について、見ていきましょう。

適度なリフレッシュ

green

1日のストレスが溜まることで、自律神経に悪い影響を与えてしまいます。

ですので、仕事中にリフレッシュするのは難しいように感じるかもしれませんが、仕事をしている日中でも気分転換できる方法を試してみましょう。

point休憩時間は仕事から一切離れる

pointオフィスに閉じこもらず、外の空気を定期的に吸う 

pointPC作業されている方は、好きな香りをデスクに置く など

※お仕事を頑張りすぎたり、熱中しすぎてしまうタイプの方は、時には他の事を仕事中に考えてもいいんですよ!

同じ姿勢をとらない

pointデスクワーカーに多いと思いますが、長時間同じ姿勢でいたりパソコンを見続けるなどの行動は緊張型頭痛を起こす原因にもなります。

上記に上げた原因と合わさり、症状を悪化させやすくなりますので、定期的にデスクを離れ、腰や肩のコリをほぐしてあげましょう。

「保冷剤」や「冷えピタ」の活用をしてみよう

point体温の上昇が原因の1つですとご紹介しましたが、保冷剤を上手く活用することで軽めの症状なら軽減することができます。

気分が悪くなってきたかなと感じる、夕方前頃から首の後ろや脇の下などを保冷剤で適度に冷やすことで、体温の上昇を防ぐと共に血管の膨張を防ぐので「頭痛」の予防にもなります。

30分~1時間弱という時であれば、頑張ってこれでその場をしのぐことはできると思いますので、終業時刻とともに即効で帰られて休んで下さいね。

reikyaku

保冷剤は会社の冷蔵庫にコッソリ入れて、もしもの時の為に準備しておきましょう。冷やすときは、直接ではなくハンカチなどに包んで冷やすようにしてください。

また、私はカバンの中に「冷えピタ」を入れてました。首の後ろにこっそり貼っておけば髪にかくれて案外誰も気づきません。

 

 

夕方からの吐き気・めまいの解消法

最後に、症状が出てしまった時に行う有効的な解消法や対処法をご紹介します。色々と試して毎日をのりきりましょう。

人それぞれ違う。けど、体調の悪い日はみんなあるから大丈夫!

hospital

pointとにかく早目に帰宅し、休養を取ることが1番の解消法です。

身体をしばらく休ませることで、身体的ストレスを解放してあげるのです。頭痛や吐き気が酷い時には、後のお仕事の事は気にされずに、いさぎよく!帰りましょう。

毎日でないにせよ、気圧の上昇も関係あるので、季節の変わり目、残業続き等・・・何ヶ月に1度起きる頭痛やめまいの時もあります。

☆身体が、ストレスや疲労を感じているサインと自分に言い聞かせて、ゆっくり休んで下さい

ストレッチをしてみよう

point症状が軽いうちに、軽いストレッチを行うことで身体中のコリをほぐしてあげます。

ストレッチには、リフレッシュ効果があるので、精神的ストレスの解放にも繋がります。お昼休みに机やイス、体勢が悪いところで寝てたりしても身体が凝ります!

ストレッチや体操、外に出れる人は、お散歩されるのもいいですね。

毎日続く方は、医療機関で診察してもらおう

hospital

point夕方に起こる不調の原因の大半が、自律神経の異常によるものです。

もし、毎日のように症状が起こる何年も続いているなど、慢性的に起こっている方は自律神経失調症を疑ってみましょう。

自律神経失調症は自分であまり自覚がないかもしれませんが、身体のいろいろな場所に不調の症状があらわれる病気です。

病院に行き、専門のドクターに相談することで、安定剤など処方をしてもらえますので、不調が続くときには、1度病院で受診してもらいましょう。

★実際に病院で処方してもらって時々飲んでいる(お薬)安定剤です。

お薬について気になる方は、ご参考にされて下さい。

check

また、自律神経のきりかえがうまくいってない場合には身体も冷えることが多いですよね。身体が冷えて、めまいなどふわふわ感が起こったり気温の高い夏でもお腹周辺が冷えてお腹を下してしまうこともあります。

外出時に体調を崩さないための対策(自分でできるもの)

 ★例えば、こんな簡単なことでも始められますよ♪

  • aromaお出かけのスカート+ヒールをはかない
  • きつい下着や服ではなく、少し余裕のあるものを着る
  • 飲み物は、冷えないようにホットにする
  • 冷えるときは、ひざかけやカイロを持ち歩いておく
  • 疲れたらマッサージへいって、リラックスする
  • 夜は、お風呂にゆっくりつかってからだをあたためる

朝も体温がなかなかあがらないときは、ゆっくり温めてからだを活動しやすい状態にするのも私には効果的でした。

自分なりの対策も加えると、心にゆとりもでてきますので、色々試してみてみましょう。

辛い・・・ストレス疲れには「サプリメント」で休息を!

face

   こんな症状は「セロトニン」不足かも!

 point 不安感におそわれる

 point 憂鬱な気分になる

 point 常に緊張している

他人が気にしない些細なことでも緊張・不安・憂鬱になる人は、常にストレスを感じやすく幸せホルモン「セロトニン」の消費が激しくなります。

セロトニン不足は、ココロとカラダに様々な不調がでてきます。

セロトニンが不足した状態 arrow セロトニンで満ちた状態
・不安になりやすい ・精神的安定
・眠れない ・睡眠の質があがる
・やる気がおきない ・集中力が高まる
・緊張しやすい ・ストレスに強く!
・体調を崩しやすい ・免疫力があがる
・頭痛・めまい・吐き気 ・起こる頻度が減る
・腹痛・下痢 など ・血流もよくなりお腹の調子も改善されてくる

安定的に不安感を取り除くためには、

サプリからセロトニン栄養素を摂る

このことが「私達の強いミカタ」になります。

arrowセロトニン不足を補って【不安・緊張・憂鬱】気分をスッキリさせるサプリメント

夕方に吐き気や頭痛がする まとめ

flower

ここまで、夕方に起こる不調の原因と予防、解消法について見てきましたが、あなたに当てはまる項目は、ありましたか?

誰しも、夕方には1日の疲れが出るので、不調を感じやすいと言えます。

しかし、慢性的に起こっているという方は注意が必要です。

是非、この機会に生活の見直しと、医療機関の受診をオススメいたします。

魔の時間帯と呼ばれる原因を理解し、なるべく事前に予防し早めの解消に繋げていきましょう。それでも、身体がキツイときには、どうぞ無理はされないでくださいね。