お風呂・温泉でのぼせる原因は?予防法から対処法までご紹介します

onsen

冬になると気持ちのいいお風呂。

しかし、ゆっくり浸かっていて急に立ち上がると、クラクラとめまいがしたことはありませんか?

せっかく気持ちよく入ってリラックスできるお風呂ですが、のぼせてしまっては大変ですよね。

今回は、一度はみなさんが経験したことのある、「のぼせる」が起こる原因、症状から対処法までをご紹介します。

スポンサーリンク

のぼせる原因・症状

まずは、のぼせる原因と症状をみていきましょう。

血流が急に活発になるため!

image

急にいつもの体温よりも温度が高くなることにより、体内の血管が拡張し血圧が低くなります。

これは、体温を戻そうという体の仕組みからで、汗を出したり、血液が急激に首や顔、頭に循環するため、心拍数が増えたり、脳にも血が上り、「のぼせる」という状態が起こります。

のぼせの症状

下記のような症状が一般的ですが、我慢をし続けたりすると意識を失ってしまうこともあります。

  • 立ちくらみ、くらくらするめまい、頭がボーっとなる
  • 寒気がする、顔面蒼白になる
  • 頭痛が起こる
  • 動悸がする、脈打つ

のぼせやすい体質の人は?

person

  • 貧血気味の方・・・ヘモグロビンが少ないために、酸欠になりやすい(眩暈や動悸など)
  • 妊娠中の方・・・血流量が多く貧血や脱水症状になりやすいため
  • 体調が悪い方・・・症状を余計に悪化させることもある
  • 自律神経失調症の方・・・体温のコントロールが上手くできないため
  • 運動をされない方・・・自律神経が乱れ、血管や脈拍の負担にも弱くなってくる
スポンサーリンク

のぼせた時の対処法

次に対処法をみていきましょう。

気分が悪いと思ったらまず、座る

onsen

急に立ち上がろうとして、めまいや立ちくらみが起こってしまい、倒れて頭を強打しては大変です。

まずは、無理をせずにその場にしゃがんでみましょう。温泉施設などの場合は、イスや温泉の  入り口に腰をかけてゆっくり休みましょう。

動けそうで、近くにシャワーがある場合は、足に水をかけて冷やします。タオルを濡らして頭や首、脇に挟んでも大きい血管を冷やしていくと効果的です。

水を飲んで横になる

water

血液循環が良くなっている間は、動かないで安静に休んでいるほうが早く体調も戻ります。

すぐに横になるのが一番ですが、温泉施設の脱衣所などで横になれない場合には、湯冷めしないようにバスタオルで体を包み、お水を飲みながらイスに座って気分がよくなるのをゆっくりと待ちましょう。

また、40度程度のお湯に10分間浸かっているだけでも、人は500ccを発汗しています。

吐き気がある場合は、スポーツドリンクや塩分を含んだもの(お水に塩を混ぜたり)を摂るとよいでしょう。しかし、酷い場合は無理をせず、休んでから少しずつ水分補給をしていきましょう。

冷えピタがいいです

hiyasu

頭に血が上っているので、冷やすためにも、冷えピタシートを頭の後ろ(首の付け根)や額に貼ってみるとよく効きました。

頭痛にもいいですし、即効性がかなりあるのではないでしょうか。のぼせる頻度が高い方は、常備しておくと便利かもしれません。

スポンサーリンク

のぼせを起こさないためには?

次に、予防法をみていきましょう。

コップ1杯の水分を摂りましょう

water

入浴の前に、水分補給をすることで、血流が良くなり発汗作用も高まります。

少し食べてから!

お腹が空いたままの状態で入浴すると、貧血を起こしやすい状態になります。

貧血気味の方は特に、外出先のお風呂では軽いものでもいいので、お腹にいれてから温泉に入るようにしましょう。

温度は38度~40度の適温で!

お湯の温度が高いと、血流が早くなるため「のぼせ」が起こりやすいといえます。

冬の寒い日などは、脱衣所もあらかじめ温めておき、お風呂の室内とも温度差をあまりださないようにしましょう。

湯船に浸かる前には、手足からゆっくりと温めていきましょう。

のぼせやすい人は全身浴より半身浴

rubber

ダイエットのために汗をかきたいからといって、入浴時間が長い方も注意が必要です。

○分以上入浴した方がいいと言っても、人それぞれ健康的に入れる時間は違うものです。

常温のお水で水分補給をし、「半身浴」で休憩を挟みながら入るようにしましょう。

また、頭が熱いなと感じできたら、お水でタオルを濡らしておでこにのせると気持ちもいいですよ。露天風呂は、冬に顔だけ出してると気持ちいいし、のぼせないですよね。

入浴後はゆっくり休みましょう

血行がよくなっているところですので、ほてった体が戻るまでお水などを飲んでゆっくりとくつろぎましょう。

お風呂から上がったら、さぁ気分もいいのでビール!となりそうですが、体に負担も大きいといえます。

これは、入浴中に血行がよくなっているため、直後にお酒を飲むことで血流が更に活発になってしまうからです。お酒を飲む場合は、最低でも30分以上時間を空けてから飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

roses

のぼせる症状から予防法までご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

家でのぼせた場合は、すぐに休むことができますが、温泉やスパでのぼせて体調が悪くなるととても困りますよね。

これからの寒い季節、温泉に出かける機会も多くなりますが、体調の悪いときは控え、入浴中は熱いけどもう少し!と無理はせずに、水分補給にも気をつけながら自分にあった時間配分でお風呂を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする