おでこのシワの消せるの?若い人も悩んでる「ちりめんじわ」の原因と解消方法とは?

pretty-woman

鏡の前でちょっと前髪を上げてみて下さい。

おでこにしわがありませんか?

おでこにしわがあると、それだけで見た目年齢がぐっと上がってしまいます。
その溝が深ければ深い程、老けて見られるのです。

  • 「もう年だから…」
  • 「しわを消すなんて出来ないよね」

と、諦めないで下さい!

多少の時間はかかりますが、しわをなくしていく方法はあります。

今回はおでこのしわに関して、原因や解消法をご紹介していきます。

おでこのしわの原因

何故おでこにしわが出来るのでしょうか。

乾燥と紫外線が大きな要因

point肌ダメージによってしわが出来る場合もありますが、主な原因は乾燥と紫外線です。

乾燥がおきやすい理由として、目元や口元と違い、乾燥しているという自覚があまりない場所でもあります。

しかしながら、20代からおでこにしわがあると悩む方が増えてきています。

「ちりめんじわ」という名前を耳にしたことのある方もいらっしゃるかと思いますが、これは若いうちにおでこにうっすらと浮かんでいるしわを指すことが多く、ちりめんじわはしわの入り口でもあります。

つまり、ちりめんじわの段階、20代・30代のうちにしわへのアプローチを出来ればベストなのです。

「横向き・縦向き」でおでこのしわの原因が違う

pointおでこのシワの主なものが、「横向きのシワ」です。

このシワの原因には、上記以外にも、筋力が衰えたり、水分保持ができなくなったり、コラーゲンが減ったりするものからと考えられています。

point縦のシワですが、表情のクセからしわに結びつくものが多く、勉強や仕事で考えこんだりして、眉間の周辺に筋肉を形状記憶している状態です。

仕事をしながら、集中していることが毎日続くと、気づくと眉間にシワが刻まれているかもしれません。また、睡眠中も眉間にシワがよっている方が多いようです。

シワへの対策・薄くしたい

次に、シワが深くならないための対策をみていきましょう。

保湿が重要

hositsu

さて、おでこのしわへの対処法ですが、先にご紹介した通り、乾燥が大きな要因の1つですから、保湿をすることが大事です。

乳液や保湿クリームなどが代表的な保湿方法です。潤いの足りない肌では、シワもですが、シミや肌全体のターンオーバーが悪くなり、年齢より老けてみえるようになります。

【口コミの評判・効果】ブライトエイジ化粧品の成分や価格・美白もできるの?
20代半ばまでは、疲れても化粧水をつけて一晩寝ると翌日にはふっくらとメイクのりがいい肌に戻ってい...

しかし保湿というのは、潤いを閉じ込める役割を持ったものですから、そもそもの潤いが足りなければ思うような効果が得られません。

美容液成分をお肌に浸透させるための効果的な方法としては、

  1. 蒸しタオルやスチーマーなどを当てて毛穴を開きながら化粧水などを使って潤いを与えましょう。
  2. その後、クリームや乳液などを使って潤いを閉じ込めると効果的です。

また、保湿化粧品を選ぶ際、ただ保湿するだけでなく肌の真皮層にまで浸透して効果を発揮するビタミンCなどの美容液を選ぶと良いです。

紫外線対策をしましょう

hiyakedome

point紫外線対策と言うと、まず思い浮かぶのは日焼け止めではないでしょうか。

日焼け止めも勿論効果的ですが、ここで大事なのが使い方です。

朝出掛ける前に日焼け止めを塗って、そのまま夜までという方も多いかと思いますが、日焼け止めには持続時間がありますので、注意が必要です。

日焼け止めによって持続時間が違いますから、肌に合うものの中で持続時間が長いものを選べれば楽なのではないでしょうか。

  • 長時間外出される場合は、メイクの上からスプレーするタイプもありますので、外出先でも日焼け止めを塗りなおしましょう。

また、日焼け止めというと夏場に使用される方が多く、冬場は何も対策をしないという方も多いようです。日焼け対策ならそれで十分なのですが、紫外線対策となるとそうはいきません。

  •  冬場も紫外線に晒されていますから、ノーガードの肌に当たる紫外線はダイレクトにダメージとなります。

point飲むタイプの日焼け止めとの併用でW対策を

日本より、紫外線量の多い海外で実績のあるサプリ「ポルク」がオススメです。

コラーゲン等の美容成分もたっぷり含まれているため、ポルクを飲むと体内から身体全体の肌もキレイになり紫外線ケアもでき、お肌がダメージをうけても体内からターンオーバーを促進させて修復していきます。

おでこのシワと周辺の筋肉の関係

pointおでこの皮膚は、頭や目元の筋肉、お顔の表情筋とも繋がっていますから、周辺の筋肉をマッサージでほぐしたり、鍛えたりすることも重要です。

特におでこは、「前頭筋」という頭の筋肉が固いと、目を開けたとき、たるんだ皮膚がおでこの真ん中から移動できずにシワが余計に目だってしまいます。

詳しいマッサージ方法は、下記の記事をご参考下さい。

頭皮を柔らかくすることで、周辺に皮膚を移動させ、リフトアップ効果も得られます。

保湿もしながら、シャンプー時に簡単なヘッドスパも自分で行ってみましょう。

眉間にシワがよる人は・・・

pointこれは、日々の蓄積がシワとなって、表にでてきているので、クセを治していくことが大切です。

どうしても、考えるときに眉間にシワがよってしまう方は、考えるときに下を向かずに、左でも右でもいいので上を向いてみて下さい。

下を向いて難しく考えすぎると疲れますが、上をむいて考えると、眉間にシワがよりませんでし、目元も疲れませんでした。

私がしているだけで、これが正しい方法かどうかは分かりませんが、実際にこうすると精神的にもよい気がしています。

最後に

scenery

まとめとして、

  • しわの原因は乾燥と紫外線によるダメージが大きな要因です
  • 対処法としては乾燥と紫外線対策が重要!
  • 乾燥に関しては、スチーマーなどで、潤いを与えて閉じ込める保湿がポイント!
  • シャンプー時には、頭皮マッサージも行ってみましょう
  • 紫外線に関しては、日焼け止めの選び方と、冬場も紫外線に晒されているため対策をした方が良い◎

また、若い年齢の方でもおでこのしわが気になり出したら、早めの対処が重要です。

深いシワになる前に、紫外線+潤いケア+マッサージでおでこをだしてもシワのない、ふっくらした肌を目指していきましょう。