現代人は食べ過ぎ?有名人も行っている1日1食ダイエット3つの健康効果とは? ⋆ MOFUBU

現代人は食べ過ぎ?有名人も行っている1日1食ダイエット3つの健康効果とは?

dinner

女性にとって永遠の課題でもある、ダイエット。
皆さんは「1日1食ダイエット」という方法を、聞いたことはありますか?
このダイエット法、正しい方法で行えば「短期間で健康的に痩せられる」と、話題になっています。

そこで今回は、1日1食ダイエットの効果と正しい方法について、ご紹介していきます。

効果

まずは、1日1食にすることで、ダイエット以外にどんな効果が得られるのか、ご紹介していきましょう。

免疫力の向上

meditation

1日に1食だけにすることで、必然的に空腹の時間が長くなります。

空腹の時間をわざと作ることで、消化器系の内臓を適度に休ませて元気にすることができるので、免疫力の向上に繋がると言われています。風邪なども引きにくい体になりますし、体が軽くなりスッキリと過ごす事ができる健康法です。

体臭の軽減

食事の量を減らすことで、コレステロール値を下げることができ、皮脂の分泌量を減らすことができます。

皮脂が減ることで、体臭の軽減に繋がります。

肌トラブルの改善

消化器系の内臓の働きが回復する、皮脂量が減る、これらのことによりニキビなどの、肌トラブルの改善効果も期待できます。

方法

次に、1日1食ダイエットの正しい方法をご紹介します。
注意点も一緒にご紹介しますので、しっかり覚えてくださいね。

昼食抜きからスタート

berry

何事にも、準備期間は必要なように、いきなり1日1食にするのは難しいものです。
ですので、まずは昼食を抜くことから始めましょう。

翌日から朝食を少しずつ軽くする

初日に昼食を抜くことに成功したら、翌日からは朝食の量を少しずつ減らしていきましょう。
完全に摂らずに済むようになるまで、一定期間設けて構いません。

夕食は好きなだけ食べてOK

夕食に関しては、好きなだけ食べて大丈夫です。
しかし、効果を早く実感したいのであれば、油分や炭水化物はできるだけ避けるのが、ポイントです。

水分はしっかり摂る

食事の回数や量を減らすと、水分まで減ってしまう方がいます。
「1日に2L」程度の水を飲むように、心掛けましょう。

酵素ドリンクの活用もOK

食事の回数を減らすのが辛すぎる!!という方は、酵素ドリンクを活用してみましょう。
朝食や昼食の代わりに、適量を飲むようにしてください。

食べるものを選ぶ

soba

1日1食の夕食には、好きなだけ食べてOKとお話しましたが、早いダイエット効果を得るのであれば、食べるものを選んでみましょう。

・オススメの食材

玄米・そば・ライ麦パン・和菓子・黒糖・赤ワイン

・NG食材

白米・うどん・小麦粉のパン・洋菓子・白糖・ビール

※痩せやすい食材とNGな食材は、対極になっているので意識してみると良いでしょう。

初めの3日を辛抱する

食事を取らないことに身体が慣れるまで、大体3日かかると考えられています。

初めの3日をなんとか辛抱することで、胃も小さくなってきますので段々と楽になってくるでしょう。

身体が慣れてくるのにあわせて、体重にも変化が出てきますので、3日モチベーションを保てるように頑張ってみましょう。

1日1食の有名人は?

clothespins

1日1食の有名人を調べてみました。

確かに年齢より若く見える方ばかりです。

・GACKT

トレーニングをして野菜ジュース、食事は夕食のみが基本。キレイですよね。

・南雲吉則

テレビで拝見して、果物は皮ごと食べたり、牛蒡を灰汁ごと食べてらしたり、朝はお水のシャワーを浴びたりと衝撃的でしたが、玄米などの夕食は約500kcalだとか・・・。

ちょっと真似できませんね。

・西川貴教

筋トレ・夕食以外は、野菜ジュースのみだそうです。GACKTさんと同じですね!

・高田明

ジャパネット元社長です。この方の声を聞いてると元気になります。サプリ以外は基本手作り昼食のみと、夜の少しの晩酌だそうです。

・水谷豊

若さの秘訣は、1日1食の、夕食だそうです。朝や昼食は、カップスープやコーヒーのみ。

「フルーツ青汁」人気の3種類を比較!ダイエットや目的別に合った青汁を選ぼう
青汁が健康に良いのはわかっていても、飲みにくいと感じる方もいらっしゃるようです。 しかし最近では、...

まとめ

flower

ここまで、1日1食ダイエットの効果と正しい方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ダイエットの名前を聞く限りでは、「過酷」「健康に悪い」と、思いがちでしょう。
しかし、江戸時代の頃までは1日2食の食生活が普通だったのです。

現代人は、栄養分が豊富な食べ物や油分が多く身体にふたんをかけるような食事が多い分、一言で言えば「食べすぎ」なのです。
食事の量や回数を減らすことで、身体が持つ本来のパワーを発揮でき、健康的な身体へと変化していきます。

それにあわせて、食事でエネルギーを摂取しない分、余分な脂肪をエネルギーに変えることでダイエットできるわけです。

ダイエットしながら身体を元気にできる「1日1食ダイエット」は、食べすぎな現代人には、食べ物も美味しくなりますし、有効なダイエット法だと考えられます。