それぞれの花粉症の時期は?早めの予防と3つの対策が重要

寒い冬がようやく終わりを告げるころ、次に待ち構えているのは花粉症の方には頭を悩ませる春の到来です。

3月がピークと言われている花粉症ですが、春に症状が起こらなくても、秋になると花粉症と同じような症状に悩む方多いようです。

そこで、花粉症の原因と花粉症対策、予防の免疫力アップについて、ご紹介していきたいと思います。

花粉症の原因

mask

花粉症とは言葉通り、植物の花粉が体内に入り込み起こる、アレルギー症状です。
しかし、花粉症の原因となる植物は、季節によって様々であり、また、人それぞれ症状が起こる植物が変わってきます。

そこで、季節別に花粉症の原因となる、主な植物を見ていきましょう。

春(2月・3月・4月・5月)

point春の代表的な花粉症の原因は、スギ花粉です。

2月上旬頃、九州・四国から飛散し始め、5月下旬頃までその猛威を振るいます。
スギ花粉の後に飛散し始めるのが、ヒノキ花粉です。

3~5月頃が飛散のピークで、ヒノキ花粉症患者の7割がスギ花粉症も併発している、とも言われています。

北海道では、3月上旬~5月上旬にスギ花粉ではなくハンノキ花粉が飛散し、次いで4月~6月頃にシラカンバ花粉が飛散し、ハンノキ花粉症患者・シラカンバ花粉症患者は、食物アレルギーや口腔アレルギーを併発することが多いようです。

夏(5月・6月・7月・8月)

point夏に猛威を振るうのが、イネ科の植物の花粉です。

スギ花粉の飛散が終わる5月頃から飛散し始め、本州では7月頃まで、東北や北海道では8月頃まで飛散することもあります。

植物によっては、10月頃までの長期間飛散するものもあるようです。
ただ、この時期は九州・中国四国・本州は梅雨の時期でもあるため、春の時期に比べると花粉症患者数は少なくなります。

しかし、梅雨という季節が無い北海道では、イネ科花粉症患者が多く発生します。

秋(8月・9月・10月)

point春の次に花粉症患者が多いのが、秋のブタクサ花粉とヨモギ花粉です。

ブタクサ花粉は、本州では8月~10月頃に飛散し、年々患者数は減少しているとの報告もありますが、食物アレルギーや口腔アレルギーを併発することもあるので、注意が必要とされています。

ヨモギ花粉は、ブタクサ花粉と同時期に飛散し、自生する力が強いため日本中で見ることができ、患者数も増加傾向にあります。

point花粉症患者にとって唯一、気が休まる時期が冬です。

この時期、花粉の心配はないのですが、まれにスギ花粉が1月下旬から飛散し始める年もあるので、早めの対策を心がけておくことが大切なようです。

花粉症対策

花粉症の原因がわかったところで、次は花粉症対策を見ていきましょう。

三大対策

花粉症対策の基本は3つです。

・吸わない

体内に入ることでアレルギー症状が起きるので、外出時にはマスクやゴーグルを着用する。

・浴びない

衣服についたままの花粉を、何かの衝撃により吸い込むことがあるため、ナイロン製・ポリエステル製のコートや帽子を着用する。

持ち込まない

室内への花粉の侵入を防ぐために、帰宅時には玄関の外で衣類に付いている花粉をブラシで払う。背中に付いている花粉も忘れずに落とす。

こまめな掃除と空気清浄機

室内に侵入してくる花粉を全てシャットアウトすることは、人間が生活しているうえで不可能なことです。

なので、室内に入り込んだ花粉はいずれ床に落ちるので、こまめに掃除機をかけるようにし、花粉吸い取りの機能が備わった空気清浄機を使用するのも、大変効果的です。

洗濯物と布団は室内に干しましょう

天気が良い日には、外で洗濯物や布団を干したいものですが、花粉症の方には厳禁です。
室内の、日当たりが良いところで行うようにしましょう。

外に干してしまったときには、ブラシで丁寧に花粉を払い落としましょう。

免疫力アップ

grape

花粉症の改善、また風邪の予防にも果的なのが、免疫力アップです。

食生活の改善

食生活事情が高タンパク・高脂質などの洋風化になるのに伴い、花粉症患者が増加してきました。

炭水化物中心の食生活の発展途上国には、花粉症患者は少ないと言われています。
アレルギーの元になる、食品添加物や加工食品の摂取が増えてきたことにも、原因があるでしょう。

これらの食生活を見直し、免疫力を高めることで、花粉症予防に繋がります。

また、緑茶も花粉症対策にもなりますので、食事の時には一緒に飲むようにしましょう。

乳酸菌とポリフェノール

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やブドウ・紫蘇などに含まれるポリフェノールは、花粉症予防の成分として近年、注目を集めています。

この二つの成分は、体の免疫力を高める働きもあるので、オススメです。
特に、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、様々な病気の予防に繋がるので、ぜひ積極的に取り入れたい成分です。

プロポリス

山田養鶏場と鳥取大学医学部との共同開発で、「ブラジル産 プロポリス」を継続的に摂取すると花粉症の発症を遅らせたり、鼻づまりの改善に効果があると臨床実験で確認したといいます。

山田養鶏場のホームページ 

まとめ

rain

花粉症患者にとって、一年の大半が気を許すことができないという現状ですが、ここまで花粉症に悩むことは昔は無かったことです。

生活環境の変化や食生活の変化、ストレスなどの精神状態の変化でも症状は悪化しますし、逆に改善もされるのです。

自己の免疫力を日頃から高めることが、一番の花粉症予防であり、合わせて物理的な予防法を行うことで、花粉症対策は効果を発揮するでしょう。