妊婦さんは食べないで!人工甘味料の危険性・健康被害に繋がる4つのリスクとは

ice

女性にとって、甘さたっぷりのデザートを頬張る時間というのは、至福の時ですよね。

最近では、男性でも甘いもの大好き!!という、スイーツ男子という言葉まであるほど、甘い食べ物には癒される方が多いようです。

しかし、その「甘さ」の元となっている「甘味料」について、考えたことはありますか?

一言に「甘味料」といっても、私達が普段口にする食品の中には、砂糖だけではなく人工的に作られた「人工甘味料」というものも使われています。

そこで今回は、人工甘味料について、色々とご紹介していきたいと思います。

人工甘味料とは?種類と成分について

sugar

まずは、甘味料と呼ばれるものには、どんなものがあるのか見ていきましょう。

天然甘味料

天然甘味料とは、自然の中に生息する植物や食品中にある、甘み成分を抽出・凝縮したものです。
例えば、蜂蜜やメープルシロップ、麦芽糖、果糖などが、代表的な天然甘味料です。

人工甘味料

人工甘味料とは、言葉のとおり人工的に作った、自然の中には存在することのない、甘味料のことです。

例えば、スクラロース、アスパルテーム、と呼ばれるものが、代表的な人工甘味料です。
人工的に作っているものなので、食品衛生法により規定が定められています。

人工甘味料というと、一見ダイエット飲料なのに使われていることから、太らないと思われがちですが、体内に脂肪を蓄積しやすく、また甘味料に依存しやすいとも言われています。

高甘味度甘味料

高甘味度甘味料とは、甘味度が砂糖と比べて数百倍、数千倍の甘みを持つ物質のことです。

この物質はもちろん、カロリーを持っていますが甘味がとても強いという特徴を活かし、少量の使用で甘味を付けることができるため、結果的に見ると低カロリーになる、とされています。

人工甘味料について

aspartame

甘味料の種類がわかったところで、次は、代表的な人工甘味料について、詳しく見ていきましょう。

スクラロース

人工甘味料の一つであるスクラロースは、砂糖の600倍の甘味度があり、砂糖を基にして作られました。
味に渋味や苦味がほぼ無く、砂糖に似たまろやかな甘さが特徴です。

アイスクリームや清涼飲料水などに、使われることが多いようです。

また、虫歯の原因にはならないと言われています。

ステビア

これは、ショ糖の300倍の甘味度がある、人工甘味料です。
糖尿病患者用のメニューやダイエット食品・飲料などに、使われることが多いようです。

2015年に発売された、グリーンコーラと呼ばれたコカ・コーラライフにも、このステビアが原料として使われています。

アスパルテーム

アスパルテームという名前を知らなくても、パルスイートという名前なら知っている、という方も多いでしょう。

※ 砂糖の200倍の甘味度があり、カロリーはありません。

何種類もの人工甘味料が存在する中でも、アスパルテームは世界一普及しています。

ダイエット食品・飲料やガムなどにも使われ、日本だけでも約600種の食品などに使われています。

人工甘味料の健康被害

hospital

人工甘味料は、私たちの身近な食品に、多く使われていることがわかりましたね。
では、そんな身近にある人工甘味料には、健康被害などは無いのでしょうか?
世界一普及しているという、アスパルテームの健康被害について、見ていきましょう。

アスパルテーム論争

アスパルテームの健康被害についての論争は、昔から行われてきました。

近年、様々な研究により人工甘味料の危険性が明らかになってきており、特にアスパルテームは重大な健康被害を起こす、と警告されています。

副作用のリスク

アスパルテームを摂取し続けると、むくみや眩暈、頭痛などの軽い症状から、糖尿病やうつ病、失明などの重大な症状まで、副作用のリスクがとても高いとされています。

妊娠中の危険性

アスパルテームには、お腹の中の胎児の脳発達へ影響がある、と警告されています。
他にも、スクラロースには流産の危険性がある、という報告があります。

発病リスクが高まる

上記以外にも、ポリープの生成、体重減少、骨格異常、目の奇形、脳障害児、分解毒物性不安、内蔵肥大、脳内伝達物質の変化、など様々な病気の、発病リスクが高まると言われています。

まとめ

plant

ここまで、人工甘味料について色々とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

とても身近にあるもので、知らず知らずのうちに口にしていることが多い人工甘味料に、恐ろしいリスクがこんなにも隠れていたとは、驚きでしたね。

是非、食品購入の際には、成分表示を確認するようにして、なるべく天然甘味料のものを選択するようにしましょう。