「 レイコップ 」RS-300J 使い方と評判 ジャパネットさんとの違いは?

huton2

昨年の梅雨時季と、日当たりがあまりよくなかった事もあり布団が干したい・・・!!!という思いから、代用品としてレイコップ(raycop)を購入しました。

しかし購入後にレイコップの評価をみていたところ、あまりよくなかったんです。私的にレビューをまとめてみましたのでご覧下さい。

まずはどんな評判だったの?

rs300

評判(悪い)

1.宣伝にのせられた

2.吸引力が弱い

3.国産ではなかった

4.ダイソンのほうがよかった

5.重たい

評判(良い)

1.シンンプルでコンパクトなので、インテリアになじむ

2.目に見えてホコリがとれているのがわかるので掃除した達成感がある

3.使用してからアレルギー・ぜんそくが緩和した

RS-300Jスペック

機能は3種類あります

hikari

 

point光クリーン

253.74nmの紫外線で、布団を除菌する。

pointUV

UVランプを使用し、UVを照射することで99.9%%※1の細菌の増殖を抑える効果があるそうです。増殖を抑えるので、死滅ではないのかな。

pointパワフルたたき

1分間に4000回の振動で、ダニやハウスダストをたたきだす。

3分間でハウスダスト90%以上除去。

感想・レビュー(辛口かもしれない)

reicoppu2

ここからは私自身の感想です。

ダニ自体を消滅させるのは難しいということを、レイコップが証明してくれた

レイコップのHPにも書いてあるとおり、ダニを死滅させるとは謳っていない。UVで除菌しているのは細菌の死滅です。

しかし、ハウスダストを軽減しても夏や湿度が上昇すればまたダニは増殖する。その気温や湿度・季節のサイクルの中で、ダニの増殖やハウスダストを最低限に防いで快適な暮らしを維持しましょう!という商品だと思う。

しかし、ハウスダストがあることにより、それをエサにダニも増殖するわけなのでやはりお掃除は大切ですよね。

掃除するとキレイになった感は確かだ

reikoppu

あまり大きな画像はのせたくないので小さめにしましたが、レイコップをパワフルたたきで約3分間使用した後のフィルターです。ご覧の通りホコリがすごいです。

この画像で、日常の生活で、どれだけ布団にホコリをためこんでいるのかがわかりますので、恐ろしい気分にさせられます。

ハウスダストももちろん含まれますので、お掃除することにこしたことはなさそうです。

point私の使い方の順番は、下記のような感じです。

普段は、パワフルたたき→光クリーンという使用順で頻度が高いです。ホコリやアレルギー原因を先に吸い出してから除菌!という感覚でお掃除しています。

音の大きさなど

point普通のご家庭用掃除機と同じくらいの音の大きさ

  • 夜の就寝前にお布団掃除するのには、音が少し大きいので厳しい
  • コードレスにして欲しかった・・・

充電式のコードレスにして欲しかった。コードが長く、片付けるのに巻いて巻いて巻いて巻いて・・・としなければならない。

しかし、夕方までにすれば問題はありませんし、コードも近くにコンセントや延長コードをもってくれば大丈夫ですね。

ジャパネットたかたさん(RT-300J)とドコが違うのか?

日本国内で、300万台以上売れているレイコップですが、ジャパネットさんでも185万台以上売れているそうです。性能がどこが違うのでしょうか?

ジャパネットさんRT-300J

RT

上記ジャパネットさんのRTは、高速回転ローラーに叩き機能をつけ、ゴミを絡めとりやすいというのが1つの特徴です。

重さが、公式RS→2.3kgに対し、RT→1.9kgという少し軽いところは魅力です。

しかし、公式RSの方は、吸引力もあり、パワフル叩き、UVランプ、回転ブラシと全部搭載されていおり、やはり公式からの販売されているというところでも、保障付きのRSの方が良いモデルなのは間違いないでしょう

だけど普段使いならジャパネットさんもいいと思う

やはりジャパネットさんのレイコップの方が軽いため、ペットがいるご家庭で手軽に掃除をできるという意味では、おすすめです。

あまり毎回重いと、腕が疲れますし、掃除する気力が無くなってしまいそうですから・・・。

ダニの死滅の条件とは

huton

・50度以上の温度で30分間以上を維持する

これは、レイコップだけの性能では難しいボーダーラインですね。

以下、条件にあてはめてみました。

「お布団を清潔に保つ為には」

・布団乾燥機の(ダニ退治)機能の利用

・天日干し

・コインランドリーで、温度を「高」に設定して布団を乾燥させる

最後に

laundry

月に一度くらいは布団乾燥機等も合わせて行う事で、ふかふかの清潔なお布団が維持されるのではないでしょうか。

また、現代の高気密・高断熱は湿気をためやすい構造となっていますので、除湿機や空気清浄機もいいですが、帰ったらまずはしっかりと換気をすることを心がけましょう。冬は、寒いと窓開けたくないですからね。汗