ストレスで疲れた・・・限界になる前に6つの疲労回復方法

なにかに夢中になって全神経を注いだり、身体を使ったりすると疲労というのは誰しもが感じることですよね。

普通なら「疲れた」と感じていても、ぐっすりと眠った翌日には大抵の場合、体力も復活しているものです。

ですが、

・疲れが溜まりやすい

・寝ても疲れがとれない

・眠れない、疲れやすくなった

こんな方が現代は増加傾向にあります。

ストレスで疲れたがたまってくると、精神面でも悪い影響ばかりです。

そこで今回は、疲れが溜まりやすい様々な原因についてお話してきます。

疲れが溜まりやすい原因は?

まずは、疲れが溜まっていく原因について、みていきましょう。

生活習慣の乱れ

time

point身体に疲れが溜まる1番の原因として、「生活習慣の乱れ」が挙げられます。

例えば、睡眠時間ですが、皆さんは毎日の睡眠時間は決まっているでしょうか?

睡眠時間は、毎日ある程度決まってとれていないと脳が休めず、消化活動の低下、身体を修復するための成長ホルモンの分泌が少なくなります。

また、睡眠不足が続くと食欲のホルモンが増え、満腹感をもたらすホルモンが減少します。このようにホルモンへも影響をきたし、肥満体質になりやすく疲れやすい身体へと変化してしまいます。

ストレスの蓄積

stress

pointストレスになる原因のものは人それぞれですが、ストレス社会に生きる現代人の多くは、発散できずに溜め込む傾向にあります。

しかし、過度にストレスの蓄積すると、自律神経やホルモンバランスなど、様々な部分に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、ストレスの蓄積が慢性化されてしまうと、慢性疲になりやすいとも言われています。

ストレスホルモンの1つのコルチゾールという物質は、朝が高く夕方から下がる、というサイクルで働いていますが、長期に渡ってストレスの蓄積をしてしまうと、このサイクルに乱れが生じます。

コーヒーやタバコなどで、身体を一時的に誤魔化し続けると疲労はどんどん蓄積されていくことになります。

>ストレス解消サプリランキング

 

ビタミン不足

Fruit-water

健康の維持のためには、毎日30種類品目の栄養素をとることが知られています。

ですが、食の欧米化やインスタント食品などの普及によって、手軽に食事を取れるようにはなったものの、栄養バランスは偏りやすい世の中になっています。

人間の身体は、口に入れるものでできていますから食事は私たちの命の源なのです。

point健康維持には、栄養素をバランス良く摂取することが大切ではあります。特にビタミン類の不足に陥ると、体調不良を起こしやすくなりが、その中でも、ビタミンB・ビタミンCはとても重要です。

■ビタミンB不足

エネルギーの代謝が悪くなるため、疲労感や食欲が落ち体力低下などの症状

■ビタミンC不足

抗ストレスホルモンの分泌作用、筋肉疲労の乳酸を排除する効果もあり、不足すると疲れやすくストレスが溜まりやすい身体に

女性に多い症状の「貧血」

point女性に特に多いとされる貧血も、疲れが溜まりやすい原因とされています。

血液中にある鉄分は、酸素を各細胞に届けるという大切な作用があります。鉄分不足の貧血になると、全身の細胞に酸素が行き渡らず細胞の酸素不足に陥ります。

すると、運動能力の低下や疲れやすいという症状が現れてきます。

回復力不足

run

point年齢を重ねるにつれて、意識的に筋力を高めておかないと、どうしても体力は減少していきます。

体力と共に減少していくのが、「回復力」です。

特に40代からは回復力が減少傾向にあるため、疲れを回復する前に新たな疲れが加わり、どんどん蓄積されやすくなっていきます。

精神的原因

stress

point普段から疲れやすい、疲れが溜まりやすいという方は、身体的原因だけではなく、精神的原因があげられます。

上記には、疲れが溜まりやすくなる身体的原因をご紹介してきました。

精神的ストレスをためやすい人の特徴

point向上心が常に高く、妥協ができない

point完璧主義者

遠過ぎる目標を立ててしまったりすると、その目標自体がストレスとなることがあります。

理想を追求しすぎる性格の方も、理想と現実のギャップを目の当たりにした時、ストレスが溜まってしまいます。

point先のことを心配しすぎるような、極度の心配性の方

point小さな日常のことで緊張する方

悪いこと、不安な要素を考えると、心が不安定な状態になり疲れやすくなってしまいます。

このように、考え方や性格、物事の見方1つでも疲れが溜まりやすくなる原因に成り得るのです。

ストレスを自分で上手くコントロールするにはどうすればいい?

face

   こんな症状は「セロトニン」不足かも!

 point 不安感におそわれる

 point 憂鬱な気分になる

 point 常に緊張している

他人が気にしない些細なことでも緊張・不安・憂鬱になる人は、常にストレスを感じやすく幸せホルモン「セロトニン」の消費が激しくなります。

セロトニン不足は、ココロとカラダに様々な不調がでてきます。

セロトニンが不足した状態 arrow セロトニンで満ちた状態
不安になりやすい ・精神的安定
・眠れない ・睡眠の質があがる
・やる気がおきない ・集中力が高まる
・緊張しやすい ・ストレスに強く!
・体調を崩しやすい ・免疫力があがる
・頭痛・めまい・吐き気 ・起こる頻度が減る
・腹痛・下痢 など 血流もよくなりお腹の調子も改善されてくる

安定的に不安感を取り除くためには、

サプリからセロトニン栄養素を摂る

このことが「私達の強いミカタになります。

まとめ

flower

ここまで、疲れがたまりやすい原因について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

身体の疲れをそのままにしてしまうと、慢性疲労へと移行していき、日常生活を送ることも辛いと感じるようになります。

自分の疲れがどの原因からくるものなのかを見極め、改善のための対策ももちろん大切ではありますが、健康食品やサプリを試す前に、まずは原因を少しでも排除してみましょう♪