アイメイク落としは、専用クレンジングを!リムーバーの使い方のポイント5ステップ!

皆さんは、メイクを落とす時、顔全体に同じクレンジング剤を使用しているでしょうか?

おそらく、大半の方が同じクレンジング剤を使用していて、アイメイクやリップ専用のリムーバーは、あまり使われていないと思います。

しかし、クレンジング剤の使い分けは、美肌作りに繋がっていきます!

そこで今回は、メイクで1番濃いアイメイクの専用リムーバー、ポイントメイク落としについて、ご紹介していきたいと思います。

クレンジングについて

冒頭でもお話しましたが、何故クレンジング剤を使い分けた方が良いのかなど、クレンジングについて、まずは見ていきましょう。

美肌作りにはパーツにあったクレンジング剤

美肌作りに欠かせないのが、スキンケアですよね。

スキンケアの基本は、洗顔です。

クレンジングも洗顔と同様に、美肌作りには欠かせないものです。

その基本となるクレンジングが間違っていると、どんなに優れた化粧水などを使用しても、美肌へは手が届きません。

クレンジングの基本は、パーツにあったポイントメイク専用クレンジング剤を使用することです。

クレンジング剤を選び間違えると、乾燥肌やくすみ、シワなどの肌トラブルの原因になります。

専用のリムーバーで目元や口元の老化防止

cork

顔全体に使うファンデーション、目元に使うアイシャドウ、口元に使うルージュは、それぞれ違う色素でできています。

ですので、同じクレンジング剤で全てを落とすのは難しく、色残りなどから色素沈着を起こす可能性があります。
また、頬や目元、唇はそれぞれ皮膚の厚さが違い、特に目元の皮膚は非常に薄くできています。

そんな目元のアイメイクに、同じクレンジング剤を使うと「なかなかメイクが落ちない」と擦りすぎることがあります。
この摩擦が、色素沈着を引き起こし、肌の老化を進める結果となってしまいます。
ですので、パーツごとに専用のリムーバーを使うことは、目元や口元の老化防止に繋がります。

アイメイク専用リムーバーの使い方と注意点

専用リムーバーの使用の大切さがわかったところで、アイメイク専用リムーバーの使い方と注意点について、ご紹介しましょう。

正しい使い方(5ステップ)

cotton

1 step

まず、リムーバー液をコットンがヒタヒタになる位まで、染み込ませる。
 ※摩擦による肌ダメージを減らすため、たっぷり染み込ませること。

2 step

目の中にリムーバー液が入らないように、しっかりと目を閉じて、まぶたの上に10秒程度、コットンを置く。

3 step

10秒たったら、コットンでまつ毛を挟み、優しくゆっくりと拭き取る。
 ※まつ毛が抜けないように、力を入れすぎないようにしましょう。

4 step

次に、新しいコットンを二つに折って目の下に置き、リムーバー液を染み込ませた綿棒で、まつ毛の根元から毛先に向かってマスカラを優しくこすり落とす。

5 step

最後に、綿棒にリムーバー液を染み込ませて、アイライナーを消す。

 ※目の下に置いたコットンで、マスカラ汚れをキャッチ!

注意点

まず、目が炎症を起こす可能性があるため、目の中にリムーバー液が入らないように、また、綿棒で刺さないように、注意してください。

敏感肌ではないという方でも、通常のクレンジング剤よりもリムーバー液は洗浄力け強いので、肌に違和感を感じた場合は、すぐに使用を中止してください。

低刺激のものを選ぶ、お湯で落ちるマスカラやアイライナーを使う、などで対応するようにしましょう。また、リムーバー液を使う目元はくにと乾燥しやすいので、保湿剤を重ね塗りするなど、十分に保湿しましょう。

まとめ

flower

ここまで、アイメイク専用リムーバーについて、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

美肌のためにも、パーツにあったクレンジング剤を、正しい方法で使用していきましょう。