自宅で手軽にできる歯を白くする方法「ホームホワイトニング」とは? ⋆ MOFUBU

自宅で手軽にできる歯を白くする方法「ホームホワイトニング」とは?

woman

すてきな笑顔には、口元に真っ白な歯があったら、より魅力的ですよね。

毎日の食事や、喫煙者であればタバコ、コーヒーなど、私たちの歯は、日頃から着色汚れが定着しやすい環境であると言えます。

近年、歯を白くする方法として、ホワイトニングが注目されていますが、自宅で行える「ホームホワイトニング」という方法を、皆さんはご存じでしょうか?

ホームホワイトニングは、正しい方法で行うことで、とても安全に、そして高い効果を得ることができるものと言われています。

そこで今回は、自宅で手軽に行える、歯を白くする方法「ホームホワイトニング」について、ご紹介していきます。

ホームホワイトニングについて

まずは、ホームホワイトニングについて基礎知識を、ご紹介していきましょう。

ホワイトニングの技術って?

アメリカでは、出会った相手へ良い印象を与えられることから、白い歯がとても重要だと考えている方が多いようす。20年前も前からホワイトニングが行われていることから、ホワイトニング先進国とも呼ばれています。

また、自宅でケアをしたことがある方の割合が、国民の95%にも上るとも言われており、その効果にも期待が持てます。

希望通りの白さまで変化可能

あくまでも、歯の状態や質などにもよるので、効果の現れには個人差があるとされています。

しかし、大抵の場合は、ホームホワイトニングを始めてから1週間で1トーン程度は、白くすることが可能なようです。

また、即効性のあるような方であれば、2〜4トーン程度明るくなるケースもあります。

成人の方ですと、何も行っていない状態の歯の色が8〜9トーンというのが標準ですので、1トーン明るくできるだけでも、印象はかなり変わってくるはずです。

まずは歯科医院を受診

ホームホワイトニングは、セルフケアであっても、すぐに自宅で行えるというものではありません。

■ まずは、歯科医院の受診をしましょう。

歯科医院で、自分の歯型をとって、自分専用のマウスピースを作ってもらいましょう。

費用

気になる費用ですが、使用する薬剤の本数や価格によって変動しますが、10,000円〜50,000円程度が相場なようです。

指導を受ける歯科医院によっても、価格の変動はあるので、最初に確認しておくと良いでしょう。

ただ、ホームホワイトニングは、全部の歯を覆うマウスピースで行うため、白くしたい歯の部分に専用の薬剤を入れていけば良いので、最初にマウスピースを製作してもらう費用と、薬剤が無くなる前に購入する費用だけで済みますが、オフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)では、白くする歯の本数によって金額が左右され、1本ずつの価格設定なため、施術を行う本数が増えれば金額がもちろん上がっていきます。

その点を考慮すれば、ホームホワイトニングはかなり安価で行えるのではないでしょうか。

ホームホワイトニングの方法

次に、ホームホワイトニングの方法について、ご紹介していきましょう。

準備物

hospital

①自分の歯型に合わせて製作した専用マウスピース

②ホワイトニング専用の薬剤

point薬剤の注意点

  • ドラッグストアなどでは購入できない
  • 歯科医院から処方してもらう専売の薬剤を使用
  • オススメは「Tionホワイトニング」という薬剤…ホワイトニング剤は海外製が主流だが、これは日本製なので安心。
  • また、歯にしみにくい、乳白色に色づいているため、マウスピースに入れる際に使いやすい。

point実施期間

  • 担当の歯科医の指示に従うことが基本ですが、初回であれば、1日2時間のホワイトニングを2週間継続することが主流です。
  • この程度の期間で、効果を実感できることがほとんどです。
  • しかし、ホワイトニングは永久的なものではないため、ホワイトニングを行わなければ歯の色は、施術前の状態に戻ります。
  • そこで、再度行うのですが、初回よりも効果を実感しやすいため、一度行うだけで効果を感じられるという方が多いようです。
  • 自分の歯の状態を日頃から観察して、最適なタイミングで行うことが、白い歯をキープすることにつながります。

ホワイトニングの方法は?

ホームホワイトニングを行う手順を、下記でご紹介しておきます。

point歯科医院を受診

  1. まず、歯科医院を受診して、ホームホワイトニングを行いたいと伝えましょう。
  2. ホームホワイトニングを目的とした施術として、口腔内全体のチェック、クリーニング(着色汚れ・歯石除去)を行います。
  3. そして、虫歯がある状態でホームホワイトニングを行うと、痛みなどが出る恐れがあるため、レントゲンで虫歯の有無をチェックします。
  4. そのあと、口腔内写真を撮影し、ホワイトニングを行う前の色を保存しておきます。
  5. ここから、マウスピースの製作に入ります。
  6. まず、歯型を取って、その型に合わせて歯科医院の方で3~4日程度かけて、マウスピースを製作します。
  7. そして、できあがったマウスピースを実際に装着し、不具合等がないか確認します。
  8. 問題がなければ、マウスピースと薬剤を処方してもらいます。

pointホームホワイトニングを始めましょう

  1. まずは、始める前に、丁寧に歯磨きを行いましょう。
  2. そして、マウスピースに適量の薬剤を入れ、歯に装着します。(薬剤の量や入れる部分については、歯科医院で処方時に説明あり)
  3. 薬剤が多すぎて、あふれてくるようであればティッシュなどでふき取れば大丈夫です。
  4. 1日1回、装着時間は2時間、この作業を繰り返します。
  5. 装着中は、飲食や喫煙は控え、強く噛むようなこともないようにしましょう。
  6. 装着して2時間後、マウスピースを外し、口腔内を良くすすいで歯磨きを行います。
  7. マウスピースは流水で洗い流し、薬剤が取れないようなときは、歯ブラシでやさしく洗い落としましょう。

point再度歯科医院へ

  1. 初回受診時に、再院の予定を指示されますから、その予定に合わせて再度受診します。
  2. そして、シミや痛みなど、何か異常が出ていないか診察が行われます。
  3. そして、再度口腔内写真を撮影し、ホワイトニングの効果が得られているかどうか、ホワイトニング前の写真と見比べ、継続が必要であれば追加の薬剤が処方されます。

注意点

最後に、ホームホワイトニングを行う上での注意点について、ご紹介していきましょう。

注意点全般

coffee

pointホワイトニング終了後の1時間程度の食事は控えましょう。

  • また、白い歯にするホワイトニングを行っている期間中には、着色性の強い食べ物は控え、効果を最大限得られるようておきましょう。

冒頭でも挙げたように、毎日ホワイトニングを行えば、約2週間で効果は実感できますが、より効果を持続・安定させるのであれば、歯科医の指導の下、プラス1~2週間継続することをオススメいたします。

使用する薬剤は、冷暗所での保管が基本です。

冷蔵庫保管も可能ですが、凍るようなことがないように注意してください。

また、薬剤には「購入後1年間の使用期限」があるので、気をつけましょう。

妊婦さんは使用を控えて!

※ホームホワイトニングは、下記のような方にはオススメできません。

point妊婦、虫歯、歯並びが悪い、歯周病、などがある方

また、幼少時代に「テトラサイクリン系抗生物質」という薬を服用していた方は、歯の色がグレーになっていると思います。

このような方は、ホワイトニング効果を得ることは難しいので、理解しておきましょう。

まとめ

lilac

ここまで、自宅で手軽に行える、歯を白くする方法「ホームホワイトニング」について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ホームホワイトニングの効果は、やはり個人差はどうしてもありますが、歯科医のアドバイスを受けながら、適切な道具・薬剤を使用して、正しい方法で行うことで、どんどん希望の白さまで近づけさせることができます。

真っ白で輝くような歯を手に入れたい!!という方は、ぜひ歯科医院を受診して、必要なものをそろえてチャレンジしてみてくださいね。