仰向けで寝ると息苦しい原因は?首や腰に負担のかからない楽な姿勢で寝よう

woman

皆さんは、普段からどのような体勢で寝ていますか?

  • 仰向け
  • 横向き
  • うつ伏せ

色々な寝る体勢がありますが、健康や美容のためには「仰向け」の体勢で寝ることが、一番ベストだとされています。

しかし、仰向けで寝るのは息苦しい、落ち着かないなど苦手とする方も多いようです。

そこで今回は、仰向けで寝れない方の原因や対処法について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

仰向けがベストとされる理由

まずは、仰向けで寝るのがベストだとされる理由について、ご紹介していきます!

血管の圧迫が無い

balloon

point仰向けで寝ると、重力によってかかる体重をバランスよく均等に分散します。

左右のどちらか一方に、体重がかかるのでは無いため、血管の圧迫が無く血流も悪くなりません。

身体の歪みが少ない

point仰向けで寝ると、上記でご紹介したように体重が分散されるため、睡眠中の身体の歪みが少なくなります。

そうすると、リラックス効果も得やすく、質の良い睡眠も取りやすく、入眠もしやすいと言われています。

自然な呼吸で、リラックス状態になる

yoga

point仰向けで寝ると、お腹が上になりますので、鼻から息を吸って、お腹に溜め、口から空気を吐く、「腹式呼吸」が自然と出来る体勢です。

腹式呼吸は、リラックス効果を得る副交感神経が優位になるので、入眠しやすくなります。

自然な入眠がしやすい

point仰向けで寝ることによって、手足を軽く開いた状態になりますから、深部体温を下げる効果がある姿勢になります。

入眠の時というのは、身体の深部体温が低くなります。

深部体温を早く下げることによって、自然な入眠をしやすくなるのです。

スポンサーリンク

仰向けで寝れない原因

次に、仰向けで寝れない原因について、ご紹介していきましょう。

枕の高さ

bedroom

point自分に合っていない高さの枕を使って仰向けに寝ると、首が圧迫されてしまい、息苦しさを感じてしまうのです。

質の良い睡眠には、自分に合った枕が大切というのは、皆さんご存知ですよね。

枕の高さが原因で、腰痛を引き起こすケースもあります。

枕が高すぎてしまうと、首の後〜腰までが引き伸ばされ、腰痛に繋がります。

このように、枕の高さが原因で仰向けで寝れない方は、比較的多いと考えられています。

敷布団

point敷布団の固さが、無意識に行っている寝返りを、妨げている可能性があります。

敷布団が柔らかすぎると、特に寝返りが打ちづらいと言われ、腰痛を引き起こす原因にもなります。

反り腰

point私たち人間の身体は、S字型になっていますが、そのS字が過剰になっている状態を、反り腰と呼んでいます。

この反り腰というのは、特に女性に多いとされる状態で、 反り腰で仰向けに寝ると、腰と布団の間に隙間ができるので、腰に負担がかかり腰痛を引き起こしやすくなります。

また、お尻やお腹に脂肪がつきやすい状態になり、「肥満」の原因にもなりかねません。

骨格の歪み

kotsuban

point背骨の歪みや骨盤のズレ、歪みなどの骨格の歪みがあると、反り腰と同様に、仰向けに寝ると布団と腰の間に隙間ができ、仰向けの姿勢がしにくいのです。

また、猫背の方の場合も仰向けになると、起きているときとは反対に背中が反るため、息苦しく感じるケースもあります。

腰の痛み(筋肉の疲労や緊張)

point下半身一帯を繋いでいる筋肉に、大腰筋というものがありますが、この筋肉が疲労したり、リラックスした状態でない場合、腰を反ったり仰向けで横になった時などに、痛みが起きたりすることがあります。

また、猫背になり腰痛の原因にもなります。

足を伸すことで大腰筋が引っ張られ、腰椎を圧迫してしまうために起こるといわれています。

腰の前方にある腸腰筋という筋肉も、緊張が起きていると、仰向けで横になるのが辛く感じるケースもあります。

内臓疾患の可能性も

point内臓の疾患が原因の場合、横向きになると楽に感じるという場合が多いようです。

内臓に何かしらの疾患があると、仰向けで横になるのが辛いということもあります。

不調を感じている側を上にすると楽になるケースが多いため、右を下にする場合には胃腸など、左を下にする場合には肝臓などの不調が、原因になっている可能性があります。

■内臓と腰痛の関係は、下記をご覧下さい

スポンサーリンク

仰向けで寝れないときの対処法

最後に、仰向けで寝れない方への対処法について、ご紹介していきましょう。

気道が確保しやすい・キレイなラインで寝れる枕にかえてみよう

point仰向けで寝にくい場合、手軽に変更できるアイテムが「まくら」です。

人は一晩で平均10~30回の寝返りをうつため眠っている間の体勢まではわかりませんよね。

ですが、仰向けの体勢で自分の体のラインにフィットしている枕を使うと、自然と気道が確保できます。

また、日本人の枕は高さがたかいものを使っている方が多く、横向きになっても呼吸がしやすい体勢に体のラインが合っている枕に出会っている方はまだ少ないようです。

makura

point寝返りしても、その体のラインに合わせ体にフィットしてくれる枕はとても重要です。

天使の寝息」は、仰向けはもちろん、睡眠中の寝返りの呼吸の気道を確保し、ぐっすり眠ることを追及した呼吸ケア専用まくらです。

こんな人に【天使の寝息】はオススメ。

point起きたときに喉が渇いている

point眠っているのに疲れがとれない

point昼間の集中力がたりなくなる・眠気がスゴイ

point眠っている気がしない

このような症状が翌朝にある場合、眠る体勢が悪く気道の確保ができておらずしっかりと疲れがとれてない可能性が高いです。

  翌朝のスッキリ感が違う!まくらを変えただけでこんなに変わる!?

敷布団の固さ

point敷布団が柔らかいと感じる場合であれば、敷布団の下にマットレスを入れて、調整するのもオススメです。

敷布団も、枕と同様に人それぞれに合った固さというものがありますから、一度寝具の見直しを行うことをオススメいたします。

枕と敷布団を合わせて、自分に合ったものを揃えてみてはいかがでしょうか。

反り腰

woman_stretch

point反り腰が原因の場合の対処法としては、仰向けの状態で膝を曲げると、比較的楽に体勢をとることができるでしょう。

しかし、根本的な反り腰自体を治すことも、同時に行っていくことをオススメいたします。

・ストレッチ法

腰周辺の筋肉を伸ばしていくストレッチ法です。下記を1回3セットとして行います。

  1. 上記のように、両膝をかかえ込んで、30秒間ストレッチ
  2. もし体勢がきつければ、膝の後ろに手をいれてもOK

骨格の歪みで真っ直ぐ寝にくい場合も

point骨格の歪みは、日々の姿勢の改善や整体などの施術で、少しずつでも治すことが最も大切です。

t横向きで寝続けると、骨格の歪みが悪化することも。

寝ている時に着用できる骨盤ショーツは、身体の歪みを毎日矯正していくことが期待できます。

毎日、ねじれていく体をリセットしましょう。

寝ている間にキュっと正す!エクスレーヴ公式

筋肉をリラックスさせるストレッチをしよう

woman_stretch

point大腰筋が緊張している場合、下半身一帯をストレッチなどで緊張をほぐしてあげると良いでしょう。

・ストレッチ法

顔は前を向いたまま、片方の膝を地面につけます。

反対側の膝は90度になるような体勢で!

前側の足に、体重を移動するような感覚でゆっくりと、股関節付近を伸ばしていきましょう。

緊張がほぐれれば、布団から腰が浮くことが無いため、仰向けで寝ても腰の痛みなどは起こりません。

筋肉の緊張が起きやすい方は、就寝前にはストレッチやマッサージを行うことを、日課にしてみることをオススメいたします。

仰向けで寝れない方の原因と対処法のまとめ

flower

ここまで、仰向けで寝れない方の原因や対処法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

健康や美容にとって、睡眠はとても重要なもので、ただ沢山寝れば良いというわけでもありません。

質の良い睡眠をとるためには、たかが寝る姿勢、と侮ってはいけません。

ぜひ、原因や対処法を参考にして、質の良い睡眠をたっぷりとってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする