スクワラン・スクワランオイルの3つの美容効果と使い方について

化粧品の成分に多く使われている「スクワラン」

近年、良く耳にする成分名ですが、そもそも「スクワラン」とは何なのでしょうか?
どんな嬉しい効果が、あるのでしょうか?

そこで今回は、スクワランの基礎知識について、ご紹介していきたいと思います。

スクワランとは

capsule

まずは、スクワランについて、基本的なことを見ていきましょう。

原料は深海サメの肝油

スクワランとは、哺乳類や植物にも含まれている成分のスクワレンに、水素添加をして安定性を高め、酸化しにくい成分にしたもののことです。

主な原料として使われているのが、深海サメの肝油です。その他、オリーブやベニバナの植物オイルからも抽出されています。

植物から抽出する方法に切り替わる

近年、サメの捕獲量が減少傾向にあり、深海サメからのスクワラン抽出が難しくなっています。そこで注目されたのが、植物からの抽出です。

植物性のスクワランの原料として、身近なものでご紹介すると、紅花オイルやオリーブオイル、とうもろこしオイルなどがあります。

スクワランの特徴

heart

では、スクワランの特徴について、ご紹介しましょう。

天然の保湿剤

スクワランは、人の皮脂膜にも含まれる安全な成分で、化学物質や添加物を含まない、天然の保湿剤と呼ばれています。

酸化しにくい

スクワランは沸点と引火点が高い、凝固点は低く固まりにくい、という特徴があります。

これが、化粧品の原料スクワランオイルやクリーム等に適していると言われる要因の1つです。また、酸化しにくいという特徴も持っていて、化粧品だけでなく、工業用としても使われています。

肌にとっても!なじみやすい

親油基と親水基をあわせ持つスクワランは、とても肌になじみやすいという特徴があります。
高い保湿効果があり、肌のバリア・保護機能の役割を果たしてくれます。

スクワランの美容効果

moisture

スクワランについてわかってきたところで、美容に対する効果にはどんなものがあるのでしょうか?

新陳代謝の活性化

スクワランには、新陳代謝に不可欠な酵素を、全身に運ぶ働きがあります。

新陳代謝が悪くなると、身体やお肌の調子が乱れ、トラブルが多くなるのですが、スクワランのこの働きによって、新陳代謝が活性化され、トラブル防止に効果があります。

美容成分の浸透作用の補助

上記でも説明しましたが、スクワランは私たちの身体に元々存在する成分なので、体内に浸透しやすいのです。ですから、化粧品の成分に使われることで、より効果的に美容成分を、肌の奥まで浸透させられるのです。

ターンオーバー促進で、美肌効果

スクワランが持つ高い保湿効果や、新陳代謝の活性化による肌のターンオーバーの正常化、肌細胞の生成の補助など、美肌効果に期待が持てます。

スクワランオイルの使い方

relaxation

最後に、スクワランオイルの正しい使い方を、ご紹介しましょう。

純度の高いものを選ぶ

スクワランは色々な商品が販売されていますが、選ぶ基準は純度の高いものです。
純度の高いものほど、肌への刺激は少ないので、安全に使用することができます。

化粧水を付けた直後に使う

化粧水を付けた直後の、まだ濡れている状態でスクワランを使うと、より効果があるとされています。毎日のスキンケアで継続して使用することで、効果が実感できるようになります。

マッサージしながら付ける

スクワランを付ける時に、マッサージを行うようにすると、効果的であると言われています。

スクワランが持つ、新陳代謝の活性化という特徴により、古い角質の除去の効果が得られるので、是非、軽くマッサージしながら使用することで、より効果が発揮されます。

まとめ

flower

ここまで、スクワランについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

スクワランには、肌にとってとても嬉しい天然効果があることが、おわかりいただけたと思います。

是非、日々のスキンケアにスクワランを取り入れ、潤いあふれる美肌を手に入れましょう。