危険!継続的なしゃっくりは病気の可能性も!しゃっく​りを止める5つの方法

woman

皆さんも、絶対に一度は経験したことのある「しゃっくり」。

一度起こるとなかなか止まらず、飲食をするのにもちょっと困りますし、会議などの大事な会話の最中などに起きると、とても困ってしまいますよね。

そこで今回は、しゃっくりが起こる原因や止める方法について、ご紹介していきましょう。

しゃっくりの原因

まずは、しゃっくりが起こる原因について、ご紹介していきましょう。

しゃっくり=横隔膜の痙攣

しゃっくりとは、横隔膜周辺が何かしらの原因によって刺激され、起こる症状です。

「横隔膜けいれん」と、呼ばれることもあります。

暴飲暴食・早食い

carbonic-acid

point食べ過ぎや早食いなどの暴飲暴食をしてしまうと、急激な胃の膨らみによって横隔膜を刺激し、しゃっくりを起こすと言われています。

また、冷たい飲み物や食べ物、炭酸飲料、香辛料などの刺激物も原因になります。

他にも、消化の悪い食材、食事中の会話での空気の吸い込みなども、原因となるケースがあります。

飲酒によるもの

pointアルコールを摂取する際、熱いもの・冷たいものが多いと思いますが、アルコールと体内温度の温度差が、横隔膜の刺激になりやすいため、しゃっくりを引き起こすと言われています。

呑みすぎによる胃の急激な膨らみや、飲酒中の会話による空気の吸い込みなど、飲酒の場面ではしゃっくりの原因となる事柄が多くあります。

ストレスから

man

point継続的に過剰なストレスを受けると、脳の神経などの緊張が起こり、横隔膜へ影響を与え引き起こす、と考えられています。

特に、成人女性に多く見られ、2日以上続くケースもあります。

また、ストレスを原因として起こることが多い呑気症(多量の空気を無意識のうちに飲み込み、胃の痛み・不快感などを示すもの)も、しゃっくりの原因になります。

呑気症に悩む日本人は、実に8人に1人も存在していると言われています。

タバコ

pointしゃっくりの原因として、タバコとの寒冷性があると考えられていますが、はっきりと何が発症の原因になるかは解明されていません。

しかし、寒い日の喫煙による体内との温度差、タバコによるアレルギー反応、喫煙による体内の空気の逃げ所がない、など、しゃっくりの原因として考えられるものが沢山あります。

しゃっくりを症状とする疾患

次に、しゃっくりを症状とする疾患について、ご紹介していきましょう。

数日間しゃっくりが続く場合には、下記でご紹介する病気や疾患の可能性があるため、一度医療機関を受診して検査されることをオススメいたします。

消化器系の病気

gaster

point消化器系は、臓器が横隔膜の周辺に位置していることから、肺や胃、すい臓・胆嚢などで炎症・腫瘍が起こると、横隔膜を直接刺激してしまうことがあります。

消化器系の疾患を原因とする継続的なしゃっくりがある場合、

  • 胃炎、逆流性食道炎など
  • しゃっくり以外にも、吐き気、食欲不振や体力低下なども症状として起こることも

中枢性しゃっくり

encephalon

point脳と脊髄を繋いでいる中枢神経が刺激されて起こるしゃっくりを、中枢しゃっくりと言います。

  • 頭部の外傷、脳血管障害や脳閉塞、脳腫瘍、脳腫瘍、脳卒中
  • アルコール中毒の離脱症状
  • しゃっくり以外にも、頭痛や吐き気、視力低下などの症状が起こることも

末梢性しゃっくり

lung

point中枢神経から伸びている末梢神経の刺激が原因で起こるしゃっくりを、末梢性しゃっくりと言います。

横隔膜の神経は、肺や食道などを周辺を通って繋がっているため、

  • 気管支喘息や胸膜炎、肺炎など
  • しゃっくり以外にも、呼吸困難、継続的な咳などの症状が起こることも

しゃっくりを止める方法

最後に、しゃっくりを止める方法について、ご紹介していきましょう。

息を止めてみる

woman

しゃっくりを止める方法として、息を数十秒止めるという方法を、行ったことがある方も多いでしょう。

「方 法」

  1. 息を10秒程度かけて、限界まで吸い込みます。
  2. そして、息を10秒間止めます。
  3. 次に、10秒かけて息を吐ききります。
  4. ゆっくりと5秒程度かけて息を吸い、その後は普通に呼吸します。

※これを数回繰り返すと、横隔膜の痙攣を鎮めることができます。

水を飲む

water

上記の息を止めるという方法と同様に、水を飲むという方法も定番でしょう。

「方 法」

コップ一杯の水を飲むだけですが、いくつかのポイントがあります。

plus_grey コップの反対側から飲む

  • 前かがみにならないと反対側からは飲めませんが、この姿勢が、横隔膜の緊張をほぐすのに効果的だと言われています。

plus_grey 10口程度かけて飲む

  • 一気に飲むのではなく、複数回に分けて飲むのもポイントです。

plus_grey 水は常温のもの

  • 胃への刺激、横隔膜への更なる刺激にならないようにしましょう。

深呼吸

woman

深呼吸のリラックス効果により、ストレスを原因とするしゃっくりを止めるのに、効果的だと言われています。

「方 法」

  1. 深呼吸を、3回行います。
  2. 深呼吸を終えたら、息を最大限まで吸い込み、限界まで息を止めてみましょう。
  3. そして、ゆっくりと時間をかけて息を吐ききります。

※これを5回繰り返しましょう。

指で耳を刺激する

woman

延髄が興奮すると、しゃっくりを引き起こしやすいと言われ、食事などをきっかけに起こることが多いようです。

指で耳を刺激することで、延髄への刺激を鎮めることができると考えられています。

「方 法」

  1. 両耳同時に、人差し指を耳穴へ入れます。
  2. そのまま1分程度、軽く押さえるだけです。

舌を引っ張る

woman

上記の耳に人差し指を入れる方法と同様の効果を得られるのが、舌を引っ張るという方法です。

「方 法」

  1. 舌を、ただ指で引っ張るだけでいいのです。
  2. 引っ張る時間は、30~60秒程度までにしておきましょう。

※清潔なガーゼなどを使えば、滑りにくくなるのでオススメです。

まとめ

green

ここまで、しゃっくりの原因や止める方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

誰もが経験のあるただのしゃっくりであっても、数日間に渡って続く場合には、ちょっと注意した方が良さそうですね。

通常のしゃっくりであれば、ご紹介したような方法が効果的ですので、ぜひ試してみてください。