足のむくみの5つの原因と関連する病気は?解消法・予防法のご紹介

legs 

仕事終わりの夕方が近づくと、履いている靴がきついと感じたり、靴を脱いだらパンプスなどの跡が残っているなどの経験、誰でも一度はありませんか?

それは、足がむくむことによって起きる症状だと知られていますが、そもそも足がむくむ原因とは何なのでしょう。

そこで、今回はむくみの原因と予防法、解消法について見ていきます。

原因

特に女性に多いと言われる「むくみ」ですが、症状が出やすいと言われているのが「足」です。なぜ女性に多いのか?なぜ足に出やすいのか?

それらの疑問を交えて、原因を詳しく探っていきましょう。

長時間の立ち仕事

仕事などで長時間、立ちっぱなしという方も多いでしょう。

しかし、長時間の起立状態が続くと、重力によって血液が足に溜まり、心臓部へと戻ってくるべき水分が戻れずに溜まってしまうことが原因です。

心臓から一番遠い部分の足に症状が出やすいのは、このためです。

足の筋肉の衰え

運動不足などによって足の筋肉が衰えると、血液を循環させることが難しくなり、足に水分が溜まりやすくなります。

血行不良が起こると、むくみだけでなく足先が冷たくなる冷え性の原因にもなります。

冷え性は特に女性に多くみられる症状なので、同じくむくみも女性に多く現れる傾向があるのです。

塩分や水分の過剰摂取

水分を多く摂取することは、健康にも美容にも良いとされていますが、排出される量を超える過剰な水分を摂取すると、血液中の水分が増え、むくみが生じる原因になります。

これは、塩辛いものの食べすぎなど、塩分の過剰摂取でも同様のことが起きるので、注意が必要です。

血管の病気

血管の病気の一つに、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)というものがあります。

これは、血液の逆流防止のために、静脈にある弁が正常に働かなくなり、血液の逆流が起きる病気です。それにより、むくみも起こります。

ほかにも、湿疹やかゆみが出る、肌が黒ずむ、などの症状も出るのが特徴です。

肝臓や腎臓、心臓の病気

肝臓が弱った状態になると、体中の動脈と静脈で血液中の水分の行き来がうまくいかなくなります。これが、むくみの原因になることがあります。

腎臓が弱った状態になると、体中の不要な水分が尿として排出するのが難しくなることで、むくみが起きます。

また、常に血液を送り出す、ポンプの役目である心臓が弱って、むくみの原因になっていることもあります。

予防法

上記にあげたように、足のむくみには様々な原因があります。
そこで、むくみを起こさないための予防法には、どんなものがあるか見ていきましょう。

足関節運動

foot

デスクワークなどで長時間座ったままという方でも、仕事中にできる簡単な運動です。

イスに腰掛けたまま両足をきちんと地面につけ、つま先を上げる、かかとを上げる、という動作を交互に繰り返します。

この運動で、足に溜まった水分が心臓へ戻ろうとしますので、一時間置き程度に行うのが良いでしょう。

加圧ストッキングの着用

市販されている加圧ストッキングは、最も手軽に始められる予防法です。

これは、適度な加圧が施されているので、静脈の血液を心臓へと戻す手助けをしてくれる、むくみ予防にはとても優れたアイテムです。

目安として、足首が13.3hPa程度のものは軽度のむくみに、足首が26.6hPa以上のものは重度のむくみに適していますので、参考にしてみてください。

足元を冷やさない

上記の原因にもあげましたが、冷えとむくみには関係性があります。

足元の冷えによって血行不良が起こり、むくむ原因になるという意識を持ちましょう。

冬場は誰しも心がけることではありますが、特に夏場のエアコンには注意が必要です。
エアコンの冷気が足に直接当たらないようにするなど、工夫してみましょう。

解消法

candle

どうしても足がむくんでいる時や、一日の終わりに足の疲れを取るという目的でも使える、そんな解消法をご紹介します。

温めて、冷やす

洗面器などにお湯を入れて十分に足を温めた後、お湯を捨てて冷水を入れて足を冷やします。

これを数回繰り返すことで、血流を促進させて、足に溜まった血液や水分を心臓へと送り出します。入浴中などに、手軽にできる方法なのでオススメです。

リンパマッサージ

足のリンパマッサージを行うことで、足に溜まった水分や老廃物を排出して、リンパの流れを良くします。

リンパマッサージは、普通のマッサージのように力を入れて行う必要が無いので、入浴中などリラックスしながら行うのが良いでしょう。

また、リンパマッサージは代謝を高める効果もあるので、ダイエット効果も期待できます。

ツボ押し

リンパマッサージと同様に、老廃物の排出を促したり、コリをほぐしたり等効果があります。

これは、多少の力とツボの位置などの知識が必要になりますが、ネットなどで簡単に調べることができますし、テレビを見ながらなど、自宅で簡単に毎日できるので、試してみてはいかがでしょうか。

ただし、体調が優れない時や食後すぐ、また、妊娠中の方は体への影響が懸念されるので行わない方が良いでしょう。

まとめ

Flower

「むくみ」について、原因・予防法・解消法とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

むくみを放置しておくと、ダイエットに成功しても足だけは太いままになってしまったり、贅肉が付きやすくなったりします。

健康面はもちろんのこと、美容の面で考えてもむくみは女性の天敵です。

あなたも、むくみ知らずのスラリとした足を手に入れてみませんか?