胃腸炎から「発熱や頭痛」 風邪に似た症状でも、細菌やウイルスが原因かも!?

medicina

細菌から「感染」で発症することが主な原因の「胃腸炎」ですが、多くの方が、経験したことがあるのではないでしょうか?

胃腸炎の症状として、胃痛はもちろん、それに伴い、下痢、吐き気、頭痛までも現れる方も多いようです。

そこで今回は、胃腸炎の原因から対処法までをお話していきます。

胃腸炎とは

まず、胃腸炎とはどんな病気なのか、ご紹介していきましょう。

感染経路は様々

virus

感染症には様々なものがありますが、胃腸炎を引き起こす感染症の多くは、人から人へと拡散されます。

特に、下痢症状がある方が、排便後の手洗いで菌を落としきれていなく、拡散されることが多いようです。

また、子育てや介護などで、感染者の便で汚染された紙おむつ触れた後の手洗い不足も、当てはまります。

他にも、加熱処理や殺菌処理がしっかりとされていない食品の、飲食を原因に胃腸炎になるケースや、プール水の汚染、感染性の菌を持った動物、これらに触れた後の菌の残りが原因になることなど、胃腸炎の感染経路は様々です。

原因

胃腸炎を引き起こす原因の菌や物質には、下記のものが挙げられます。

pointウイルス性

胃腸炎を引き起こす、一番多いとされる原因が「ウイルス」によるものです。

ウイルスは、代表的な種類として下記のようなものがあり、小腸の粘膜細胞に感染し、増えていきます。

  • ノロウイルス
  • アストロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイ ルス

point細菌性

上記に挙げたウイルス性ほどは多くありませんが、細菌性の胃腸炎が原因にものもあります。

原因となる細菌は下記のような種類があります。

  • サルモネラ菌
  • カンピロバクター菌 など

また、食品の加熱処理が充分にされていない鶏肉、殺菌処理がされていない牛乳などの感染経路が、多いと言われています。

point寄生虫

胃腸炎を引き起こす原因となる寄生虫は、腸に寄生します。

寄生虫の種類としては、「ランブル鞭毛虫」が挙げられ、腸の粘膜に侵入します。

この寄生虫が寄生してしまうと、嘔吐・下痢などの症状が現れます。

point化学物質

毒性のある化学物質を、飲食を通して摂取することで、胃腸炎を起こすケースもあります。

例えば下記のような「化学的な物質」が、原因として挙げられます。

  • ヒ素や鉛
  • 水銀
  • カドミウム など

症状

次に、胃腸炎の症状について、ご紹介していきましょう。

風邪の症状と似ている?

mask

胃腸炎の原因となるノロウイルスを例に挙げてみると、激しい吐き気、下痢、腹痛、悪寒、38℃以上の高熱などの症状が起こります。

個人差はあるものの、このような症状が起こる数時間前に、胃の不快感がある方もいます。

ウイルス性胃腸炎は、2~3日程度で回復することが多く、後遺症と呼べるようなものも大抵の場合は残りません。

しかし、免疫力が低下している時期、免疫力が元々弱い高齢者や乳幼児の場合には、注意が必要とされています。

症状だけをみれば、風邪症状に類似するものが多いため、「胃腸の風邪」という言葉を使用するドクターも多いようです。

髄膜炎症状と類似

多くのドクターが、嘔吐や発熱、頭痛などの症状がある場合、まず最初に疑いを持つのが髄膜炎です。

しかし、上記でも挙げたように、ウイルス性胃腸炎でも類似症状が起こるケースもあるのです。

激しい吐き気がある時は、同時に、激しい頭痛、風邪など時にも起こる関節の痛み、筋肉痛のような痛みが起こるケースもあります。

特に、夏場のウイルス性胃腸炎の場合、髄膜炎との違いを見極めることが難しいことあるようですが、「吐き気」プラス「下痢」が同時にある場合の症状は、ウイルス性の診断基準とされています。

水分をしっかりとりましょう

water

どの胃腸炎であっても、最も注意すべきことは、水分が身体からなくなることで起こる「脱水症状」です。

嘔吐や下痢症状で、身体中の水分が減少していくにも関わらず、水分補給がままならないことも多いのです。

また、現時点では、ノロウイルスに対する抗ウイルス薬も開発されておらず、抗生物質の効果も期待はできないと言われています。

逆に、抗生物質が下痢症状を悪化させる恐れもあると、懸念されています。

治療・予防

最後に、胃腸炎の治療法と予防法について、ご紹介していきましょう。

治療法

hospital

胃腸炎の治療は、特効薬が無い現在では、原因となっている細菌やウイルスを体外へ排出するほかありません。

そして、自分でできることには、水分補給のみです。

例えば、嘔吐や下痢症状を止めようとして服薬してしまうと、原因物質が排出されずに症状を長引かせることになります。

その方の症状やドクターの判断によっては、こうした効能を持つ薬を処方されることもありますが、胃腸炎の治療の基本は、水分補給をしながら排出することなのです。

上記でも挙げたように、水分補給が不十分だと脱水症状を招きますので、「経口補水液」での水分補給に努めるようにしましょう。

予防法

hand-washing

胃腸炎は、2~3日程度で回復するとは言え、その症状は非常に辛いものがあります。

また、特効薬が無いのですから、胃腸炎にかからないための予防が、とても重要であると言えます。

胃腸炎の予防法の基本は、丁寧な手洗いとウガイです。

家族やパートナー、介護職の方であれば患者の方、このように身近な方が万が一胃腸炎を発症したときには、手洗いやウガイを念入りに行って、感染拡大を防ぐ必要が出てきます。

中には、空気感染をするケースもあるので、マスクを着用するのも予防法の一つでしょう。

胃腸炎の感染予防には、アルコールで消毒するのが効果的でが、中には消毒に耐性のあるウイルスも存在しています。

そんなウイルスには、ドラッグストアなどで販売されている「次亜塩素酸」が効果的ですので、胃腸炎が流行する夏場には常備置いておくと安心です。

また、急な場合には、家庭用のキッチンハイターを希釈したものでも代用可能とされています。

まとめ

green

ここまで、胃腸炎の原因や症状などについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

胃腸炎は、夏になると大流行する恐れのある感染症で、免疫力の低い小児や高齢者にとっては、怖い病気の一つです。

手洗いやウガイ、消毒などの予防を徹底し、胃腸炎になることのないように注意しましょう。