【全身にかゆみ!?】赤い湿疹(発疹)の原因と関連する5つの疾患・病気とは?

itch

かゆみを伴う赤い発疹は、見た目にも気になりますし、そのかゆみに苛立ちも募り止まりませんよね。

また、そんな赤い発疹は、一部にできることもあれば、全身にできることもあり、その原因もそれぞれ違うものになります。

今回は、かゆみを伴う赤い発疹について、ご紹介していきたいと思います。

考えられる疾患

早速、かゆみを伴う赤い発疹を症状とする疾患について、ご紹介していきましょう。

接触性皮膚炎

cleaning

point接触性皮膚炎とは、外的刺激が接触した部分に、紅斑や丘疹、水疱などの湿疹が起こる疾患です。

皮膚の健康な部分と患部との境界が、はっきりしているのが特徴で、かゆみや痛みがあるケースもあります。

※このかぶれの疾患には、下記の2つの種類に分かれ、原因もそれぞれ違います。

point刺激性接触皮膚炎

  • 原因…毒性を持つ植物や虫に触れることで発症
  • 原因物質・・・高洗浄力の洗剤(漂白剤など)、石鹸、パーマ液
  • 症状・・・痒みはアレルギーに比べて少ない、何度も刺激をされることで皮膚が硬くなる

pointアレルギー性皮膚炎

  • 原因…個人の体質によって差があります
  • 原因物質・・・うるしや銀杏などの植物、銅や銀などの金属、化粧品、ゴム、シャンプー、衣類、外用薬など
  • 症状・・・強い痒み

内因性湿疹

point内因性湿疹とは、身体のいたる部位でみることができ、強いかゆみがあることや慢性化という特徴があります。

湿疹の症状は、乳幼児の場合は湿ったものが多く、水疱がみられるケースもあります。

小児の場合は、乳幼児よりも乾燥した湿疹、成人の場合は、赤みを帯びた湿疹で、乾燥していくにつれ硬くなっていきます。

  • 原因の1つとして、遺伝的体質が挙げられます。

【小児の場合】

  • 子供の場合、食物アレルギーが多いようです。
  • 卵や牛乳、乳製品、小麦、大豆、甲殻類、そば など

【成人の場合】

  • 大人になっての原因は、生活環境によるものが多いようです。
  • ホコリやハウスダスト、花粉、ダニ、カビ、化学物質 など

脂漏性湿疹

pointこの疾患は、皮脂の分泌量が多い箇所、顔(おでこ、鼻周辺)、頭皮、耳の首の後方、脇の下、胸や背中の上の方、太ももの付け根部分、などに起こりやすい湿疹です。

症状は、かゆみや赤み、皮膚の荒れ、かさつき、皮膚のはがれ、などが起こり、放置すると皮脂の酸化が起こり、薄毛の原因にもなり、更に加齢臭に近い臭いが出てきます。

※ 産まれて~約3か月の期間の乳幼児、思春期以降の成人によく発症するようです。

baby

point乳幼児

  • 原因…皮脂の分泌が盛ん
  • 毛穴が未発達
  • 皮脂詰まりが起こりやすい
  • 経過…大半が自然治癒

かきむしって跡になる前に・・・中からサポート

point成人(男性に多い)

  • 原因…真菌の一種「マラセチア」
  • 皮脂の過剰分泌
  • ストレス
  • ビタミンB不足
  • 不適当な洗顔・洗髪
  • 生活習慣の乱れ
  • 原因不明のケースもあり
  • 経過…大半が慢性化

ビダール苔癬

sun

pointビダール苔癬とは、首のうなじ部分や、太もも内側、陰部によくみられ、皮膚が厚くなり、発疹が起こります。

また、この湿疹が出来ることにより色素沈着や、色素脱失になることもあります。

特に、東洋人・中高年女性に多くみられる皮膚炎で、とても強いかゆみがあり、入浴中や飲酒などにより血行が良い状態の時に、強いかゆみを感じることが多いようです。

しかし、中には、かゆみを感じないというケースもあるようです。

point原因としては、完全に解明はされてはいないものの、下記のようなものが考えられています。

  • 金属アレルギー
  • パーマ剤やヘアケア剤などの薬剤
  • 衣類の襟
  • ストレス
  • 不適当な洗髪
  • 紫外線 など

尋常性湿疹

virus

pointこの疾患は、上記でご紹介した接触性皮膚炎、内因性湿疹、脂漏性湿疹、ビーダル苔癬、これらの症状に当てはまらない湿疹を現します。

  • 紅斑、水疱、かゆみ、痛みなど、様々な症状があり、また、原因も様々なものがあり原因不明とされることも多いようです。

point特に多いとされている原因には、食物アレルギーやダニ、細菌、ウイルス、紫外線、ほこり、乾燥などが挙げられます。

  • 身体の保護機能が、これらの刺激に負け、肌の内部で免疫反応が起こることで、症状が現れるとされています。

ところで、「湿疹」と「発疹」の違いとは

人によって、赤いブツブツしたできものを、湿疹と呼んだり、発疹などと言ったりしますが、何が違うのでしょうか。

point発疹・・・ほっしんと読みます。皮膚炎など、皮膚に起こる症状全体を現す呼び方

point湿疹・・・痒みがあって、赤くなりブツブツが増えていくことが多い症状

point蕁麻疹・・・痒みが強く、汗や食品などのアレルギーによって起こることが多い症状

湿疹の対処法

次に、上記で挙げたかゆみを伴う、赤い発疹を症状とする疾患の対処法について、ご紹介していきましょう。

セルフメディケーション

medicina

point軽症である場合には、自然治癒する可能性も高いと言われています。

また、ドラッグストアなどで購入できる市販薬で自己対応する「セルフメディケーション」で、改善されることも多いようです。

もし、軽症であるならば、ドラッグストアの薬剤師の方へ相談し、市販薬を使用して経過観察するのも良いでしょう。

慢性化に注意しましょう

pointもし、市販薬を使用し、2日程度経過をみても症状が変わらないような時には、皮膚科を受診して慢性化することを防ぎましょう。

経過観察も良いとは言え、湿疹や皮膚炎が慢性化してしまうと、改善に時間がかかることもあります。

pointなんと言っても一番確実なのは、やはり専門家である皮膚科医に相談することです。

中には、全然違う皮膚疾患の場合もありますし、見当違いの市販薬を使用して悪化してしまうことも無いわけではありません。

自己判断で悪化してしまうよりも、症状が強めの場合や、顔などは跡が残っては大変です。早めに専門医の診断を仰ぐのが得策とも言えます。

私も以前、軽い湿疹と思ってたらアレルギーだったことがあります。こんな場合は、専用のお薬を塗ったり飲んだりしないと、なかなか赤みが引きません。

また、何度も繰り返しできる方は、何が原因か特定するためにも一度検査をしてもらったほうが安心です。

湿疹が治らないのは「亜鉛」不足かも

湿疹ができやすい、なかなか治らないという人は「亜鉛」不足が原因かもしれません。

皮膚の湿疹に効果が高い亜鉛とは?

woman

point亜鉛は昔から皮膚科で処方の薬に配合されていた

皮膚を作るときに、必要となるのがミネラル類。

このミネラル類は、現代人がよく利用するファーストフードや外食が増えてきたことにより、不足している人が多いのが現状です。

アトピー性皮膚炎の人が増えているということも、ミネラル類の中でも亜鉛不足が原因としてあげられます。

pointターンオーバーを高める

肌の生まれ変わりが早いと、皮膚が健康に維持できるようになります。

ですが、代謝が悪いと皮膚の生まれ変わりも遅く、湿疹や肌炎症が起こりやすい状態になります。

また、活性酸素から細胞を守る働きもあるため、皮膚の炎症がおきにくい状態を保てます。

亜鉛を食事から補おう

nutrition

point現代人は亜鉛などのミネラル類が不足しがちなことから、皮膚の湿疹にも影響がでている可能性が高いです。

また、発毛や抜け毛・免疫力の低下にも影響がでるといわれています。

亜鉛は、牡蠣(かき)・うなぎ・レバー・ゴマなどにふくまれています。

ミネラル類でいえば、大豆食品が手軽でオススメです。

栄養バランスは1日30品目を目安にとかいわれていますが、そんなメニューを毎日考えるのは難しいですし、コスト面でも家計の圧迫になりますよね・・・。

コスト面や栄養面を考えると「サプリ」で亜鉛不足を補うことが効率的です。

基本的には、栄養素は食べ物からの摂取が望ましいので、サプリも自然由来のものを選びたいですよね。海乳EXはサプリは、亜鉛を一番多く含む食材「牡蠣」の栄養が凝縮されています。

亜鉛以外にも牡蠣には、ミネラルやビタミンが豊富で、腸と肝臓の機能を良好にする作用もあり続けて飲むことで免疫力も高まってきます。

kaki

・アミノ酸・・・19種類以上

・亜鉛などのミネラル・・・12種類以上

・ビタミン・・・11種類以上

・その他グリコーゲン・コリンなどの栄養素

1日の亜鉛基準量12mgがタップリ詰まった瀬戸内海産牡蠣のサプリ

定期なのにいつでも解約自由・自信の亜鉛サプリ

 

 

湿疹の症状・対処法のまとめ

ここまで、かゆみを伴う赤い発疹について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

同じような発疹でも、皮膚炎にはいくつも種類がありましたね。

今回ご紹介したもの以外にも、まだまだその種類はあるため、安易な自己判断には注意しまして、2.3日経過しても症状が改善されない場合は、早めに皮膚科でみてもらいましょう。