運動方法は気をつけて!尿酸値が高い6つの原因・自分で下げる方法はある? ⋆ MOFUBU

運動方法は気をつけて!尿酸値が高い6つの原因・自分で下げる方法はある?

尿酸値が、一定の基準池を超えてしまうと、痛風のリスクが高まります。

痛風は、その名の通り「風が吹くだけでも痛い」というほどの激痛や腫れを起こす、とても怖い病気の一つです。

そんな痛風になるリスクを減らすためにも、尿酸値が高いままではいけません。

そこで今回は、尿酸値が高い原因と下げる方法について、ご紹介していきます。

原因

早速、尿酸値が高い原因として考えられるものについて、ご紹介していきましょう。

遺伝

heredity

point血縁関係者に痛風の方がいる場合、尿酸値は上がりやすく、痛風が発症しやすい体質である、と考えられています。

ただし、血縁関係者に痛風の方がいても、必ずしも尿酸値が上がるわけではなく、遺伝的要因があっても生活習慣の改善などで、発症を防ぐことができる、とされています。

食生活

point尿酸値が上がる原因の中でも、最もその影響があると言われているのが、生活習慣です。

生活習慣の中でも、特に食生活は重要で、尿酸値を上げる原因となる、プリン体を含む食材の過剰摂取が挙げられます。

他にも、プリン体だけでなく、カロリーを摂りすぎても、中性脂肪は尿酸の生産を促すため、血清尿酸値が上がります。

ですので、内臓脂肪型タイプの方は、特に気をつけていきましょう。

お酒

beer

pointビールには、プリン体を多く含むことは、ご存知の方も多いですが、他のアルコールと比較しても、500倍ものプリン体が含まれているそうです。

ただし、注意しておきたいのは、ビールに限ってのことではなく、アルコール自体が尿酸値を上げる働きがあるというのです。

飲酒のする方は、飲まない方に比べて、痛風発症リスクは2.5倍にもなる、と言われています。

ストレス

woman_-stress

point尿酸値が上がる原因には、プリン体や中性脂肪の蓄積だけではなく、過剰なストレスも影響があると言われています。

ストレスと言うと、精神的負担などのストレスを思い浮かべますが、それだけではなく、嬉しいことや楽しいことであっても、精神的高揚感というストレスがかかります。

このような高揚感でのストレスも、血症尿酸値の上昇に関わりがあるとされています。

薬剤

point他の病の治療として投薬中の場合、その薬剤が尿酸値を上げているケースもあります。

例を挙げると、再偉材時計降圧利尿薬(フルイトランなど)、ループ利尿薬(ラシックスなど)、喘息治療薬(テオドールなど)、結核治療薬(ピラジナミドなど)、少量のアスピリン(小児用バファリンなど)が、それに当たります。

薬剤以外でも、健康食品で核酸成分を多く含むものは、継続的な摂取により尿酸値が上昇することもある、と言われています。

何かの疾患

woman

point何かしらの疾患が原因で、尿酸値が上がっているようなケースもあります。

例えば、腎不全や、白血病などの血液の悪性疾患、悪性腫瘍などがあり、他にも、閉経後の女性にも当てはまることがあるので、女性には少ない症状ではありますが、閉経後には注意しておくと良いでしょう。

尿酸値を下げる方法

次に、尿酸値を少しでも下げるための方法について、ご紹介していきましょう。

水を飲む

water

point尿酸というのは、尿として排泄されるため、尿路管理が重要となります。

通常、尿の排泄量は1~1.5L程度と言われているのですが、高尿酸血症の方の場合には、2L以上の尿を排泄できるようにする必要があります。

糖分などを含まない水やお茶など選び、毎日2L以上は摂取しましょう。

尿酸値を下げる作用を持つ食品の摂取

spinach

point近年、プリン体を多く含む食べ物を控えるのはもちろん、尿酸の排出を促す食品の摂取や生活習慣を、同時に行うようにするべきだと、言われています。

尿酸の排出を促す食品は、ひじきやワカメ、昆布などの海藻類、ゴボウやニンジン、大根、カブなどの根菜類、大豆やほうれん草、キャベツ、なすなどの葉物等、サツマイモや里芋、じゃがいもなどのイモ類、牛乳やヨーグルトなどの乳製品が挙げられます。

有酸素運動

men

point運動不足は、尿酸値が上がる原因の1つと言われているため、適度な運動を行うことも大切です。

特に、有酸素運動が良いとされているので、水泳や軽いジョギング、散歩、サイクリングなどがオススメです。

■ 注意点

せっかく運動しても逆に尿酸値を上げてしまうのが、無酸素運動です。運動される時は、有酸素運動を行いましょう。

プリン体を控え、カロリーと糖質を抑えた食生活

scale

point尿酸値が高い場合には、プリン体を多く含む食材の摂取は控え、目安として400mg/日を越えないように、注意しましょう。

また同時に、砂糖や果物などの糖分、炭水化物の過剰摂取に気をつけて、カロリー管理をしていきましょう。

まとめ

green

ここまで、尿酸値が上がる原因と下げる方法について、お話ししましたがいかがでしょうか?

尿酸値が高い原因は、プリン体の過剰摂取だけでは無かったですね。

ご自分に当てはまると思われる原因を、1つでも改善していきながら、尿酸値を下げる行いも続けることで、痛風の予防にも繋がります。

ぜひ、この機会に生活習慣をもう一度見直してみましょう。