3種類の白斑の治し方・顔や体の皮膚が部分的に白くなる原因・症状とは?

woman

全身の皮膚が部分的に白くなり、まだら模様になる疾患を皆さんはご存知でしょうか?

これは、「白斑」と呼ばれているものですが、正式には「尋常性白斑」という疾患です。

紀元前1500年頃には、すでに発症の記録があるにも関わらず、原因や予防法、治療法は未だ確立されていない皮膚病です。

そこで今回は、全身の皮膚が部分的に白くなる尋常性白斑について、ご紹介していきます。

尋常性白斑について

まずは、尋常性白斑とは何なのか、ご紹介していきましょう。

伝染するものでは無い

point尋常性白斑は、年齢や男女差に関係なく、突然に身体の様々な部分に白い班が現れる皮膚病です。

「白斑」と略して呼ばれる場合がありもあります。

三大皮膚病に認定されている中の1つで、治りにくい病ですが、痛みやかゆみなどはほとんど無いようで、人から人へと伝染するようなことも無いといわれています。

尋常性白斑の発生確立

point尋常性白斑の発生率は、日本で1.68%、アメリカで1~2%、全世界では0.5~1%と言われています。

しかし、遺伝的要因があるのか白斑患者の家系では20~30%で発生するとされています。

>まだら肌の改善策へ

白斑の症状は?

次に、白斑の3種類の症状を順番にみていきましょう。

汎発型

person

pointメラニン色素を生む細胞「メラノサイト」に、抗体が作用して、細胞が破壊されるため発症します。

これは、自己免疫疾患の1つとされています。

上記でも挙げたように、発症に年齢は関係なく、白斑が徐々に全身に広がっていく傾向があるようです。

症状が進行していくと、左右対称に現れやすく、甲状腺異常を併発するケースもあります。

分節型

point上記の汎発型は、全身の様々な部分に広がっていきますが、分節型は、神経の通り道に沿って発生、身体の片側に発生、この2つが特徴です。

特に、幼児期や精神的に不安定になりやすい若い世代で発症する傾向があります。

そのうち、20~30%の方は自然回復していくそうです。

過剰なストレスや、皮膚への過剰刺激の直後に発症するケースもありますが、上記の汎発型のように、メラノサイトの破壊はなく、遺伝の関係性も無いと言われています。

限局型

point限局型は、皮膚のある一部分にだけ白斑が現れるものです。

これは、皮膚の表皮中のメラノサイトが消失することで起こると考えられています。

白斑の原因は?

次に、尋常性白斑の原因について、ご紹介していきましょう。

はっきりとした原因は未だ解明中

cause

尋常性白斑のはっきりとした原因は、未だに解明はされていません。

そのため、遺伝子によるものや神経異常など、様々な説が唱えられています。

原因が特定できないため、予防法や治療法においても確立できていないのが現状です。

自己免疫

nerve

point自己免疫疾患とは、細菌やウイルスが侵入してきた際に、身体を守るための抗体の働きです。

何かのきっかけにより、自分自身の細胞を異物と認識してしまい、攻撃することで起こるものです。

尋常性白斑の原因の1つに、この身体を守ろうとする作用、「自己免疫疾患」が関係しているようです。

尋常性白斑を発症している方には、様々な自己免疫疾患との合併症が多かったり、メラノサイトを攻撃する抗体が検出されたりしているそうで、自己免疫との関連性があるとされているようです。

神経の異常

point上記の尋常性白斑の分節型で挙げたように、神経の通り道に沿って、症状が現れることがあります。

そのため、神経異常や神経系の機能低下が原因の1つと考えられています。

また、神経系が色素細胞「メラノサイト」に影響しているとも明らかになっています。

毒素の未処理

sun

pointこれは、生活の中での摩擦や紫外からの外部刺激から肌を守ろうと、メラノサイトがメラニン色素を生成する作用です。

皆さんもご存知の、日焼けや色素沈着を引き起こす働きですね。

メラニン色素の生成の過程で、発生する物質に毒性のものがあります。これは本来、処理されるものですが、上手く分解されないことが原因になっているという説もあります。

活性酸素

point皮膚の代謝がスムーズに行われないと、活性酸素が増加します。

この増加し過ぎた活性酸素が、メラノサイトを傷つけることも原因の1つであると考えられています。

遺伝

family

point上記でも挙げましたが、同じ家系内で白斑の症状が現れるケースは、20〜30%もあると言われています。

このことから、特殊な遺伝子を持っていて、それが尋常性白斑を発症する1つの原因になっている可能性があると言われています。

精神的なストレス

pointストレスを過剰に受けること、蓄積していくことで自律神経バランスは乱れを起こしやすくなります。

この自律神経の乱れが、発症のきっかけになるケースもあるようです。人間関係や家庭環境などで心あたりのある方は、ストレス軽減サプリでリラックスするのも改善法の1つです。

白斑の治し方

皮膚科にいくと、ステロイドや光の治療もあるようですが、無理に治そうとすると白斑の進行を速めることもあるようです。

リラックスして毎日を過ごそう

bath

精神的なストレスや、活性酸素を増やす原因にもなることから、ストレスをためすぎると肌にも良い環境とはいえません。

自律神経がコントロールできず、体調を崩しやすい人は、ストレスをためにくい環境にしていくことからはじめてみましょう。

heart特に、夕方~夜にかけて体調を崩しやすい方は、自律神経が切り替わる時間帯であることから、うまく体がコントロールできてない可能性が高いです。

仕事や家事が終わった夜に、テレビやインターネット動画をみて「沢山笑う」というのも良いストレス発散になりますし、楽しい気分のまま眠れるのは睡眠にも良いですよね。

体内から自己免疫を高める

meneki

免疫力を高める、と一言でいっても沢山の方法があります。

foodpoint栄養のあるバランスのとれた食事

point自律神経を整えて睡眠の質をあげる

point冷え性を改善して体温をあげる

point運動を取り入れて、身体機能を高める など

免疫力を高めることで、あなたの大切なカラダを守るパワーを高める!ことができます。

「まだら肌」を整える専用美容液

honey

pointハニープラセンタは「白斑」「しみ」の専用美容液

5つのフリー処方で”刺激”も無くスーと心地よく浸透

(無香料・無着色・活性剤不使用・オイル・パラベンフリー)

point高配合の天然原料が”細胞”を活性化

・純国産の安全性の高い馬プラセンタ

・Wハニー成分を配合(ハチミツ・ローヤルゼリー)

・出雲の温泉水 など

体内環境を整えたら、

専用美容液で直接アタック!周りの皮膚となじませて!

\初回は安心の180日返金保障

白斑の症状や解消法のまとめ

顔の白斑は、メイクでもなかなか隠しにくく困りますよね。

しかし、生まれた時から白斑という人はあまりいないようです。

まずは、自分の原因を特定して、紫外線・栄養素・ストレスなど心当たりを1つずつ代えていってみましょう。

そのうえで、考えすぎてストレスで酷くならないためにも専用美容液で自信をつけてくださいね!