肝機能を健康に!! 肝臓に良い食べ物 や栄養素 ・ 悪い食べ物とは? ⋆ MOFUBU

肝機能を健康に!! 肝臓に良い食べ物 や栄養素 ・ 悪い食べ物とは?

tomatoes

健康を維持するためには、肝臓を元気にしておくことが必要不可欠です。

肝臓の機能が低下してしまうと、疲労症状をはじめ、消化器系の不調、全身にも様々なトラブルを引き起こすと言われ、肝機能低下の代表的な疾患と言えば、黄疸も挙げられます。

そこで今回は、健康維持のために、肝臓に悪い食べ物と良い食べ物について、ご紹介していきます。

肝臓に悪い食べ物は?

早速、肝臓にとって負担となる食べ物をみていきましょう。

脂質がい多いもの

dish

point肝臓の大きな負担になるものとしては、脂質、油が多い食事です。

脂質の中でも、特に、「動物性脂肪」には注意が必要です。

脂質を全く取らないと、栄養不足や栄養バランスが乱れてしまうので、動物性脂肪と植物性脂肪を、バランスよく摂取することが重要とされています。

動物性脂肪を多く含む食べ物には、牛肉や豚肉など、特に脂身が多い部分が挙げられます。

また、バターや生クリームなどの乳製品も、動物性脂肪を含んでいるものがあります。

糖質を多く含む

cake

point砂糖の主成分である糖質は、中性脂肪を作る原因になりますので、糖質を多く含む食べ物は、肝臓に悪影響を及ぼすとされています。

上記で挙げたようなクリーム・バターを使って作る洋菓子や、甘味料が多いお菓子、アイスクリームにも糖質を多く含まれています。

■ 女性に人気のある果物やお手軽なドライフルーツも、実は糖質が多い食べ物です。

その中でも、バナナ・ぶどうは、特に糖質が高めですので、注意しましょう。

ドライフルーツは、生の果物の甘みや栄養素を濃縮していますから、より糖質が高くなっていることがほとんどですし、生のものよりも手軽に食べられるため、知らず知らずのうちに、糖質の過剰摂取になるケースもあります。

精製された炭水化物

bread

point白米や小麦などの精製されている炭水化物は、体内で中性脂肪に変化しやすいとされています。

炭水化物の過剰摂取は、肝機能低下だけでなく、インスリンの急上昇(血糖値の急上昇)の原因にもなります。特に注意しておきたいのが、パンです。

菓子パンやデニッシュ系のパンは、精製された小麦の他にも、糖質や脂質を多く含んでいるので、気をつけましょう。

アルコール

alcohol

point上記に挙げてきたような食材を、毎日のように過剰摂取していると、中性脂肪が蓄積しやすい状態になっています。

そこにアルコールの過剰摂取が加わると、肝臓でも中性脂肪が合成されるようになります。

少量であれば、脂肪分が細胞に分配されるのですが、一度に過剰摂取してしまうと分配が行えず、肝臓の中で中性脂肪が増え、脂肪肝の原因になるのです。

糖質の多い飲み物

juice

point一般的に流通している清涼飲料水や、炭酸飲料、ジュース、コーヒー、紅茶のような飲み物の中にも、糖質は多く含まれています。

これらの飲料を、日常的に飲む習慣があると、高血糖状態になる可能性が高まります。

健康に良いとされている野菜ジュースにも、実は、糖分が含まれているので、摂取量には注意が必要です。

その他

Sapri

上記で挙げてきたようなもの以外にも、肝臓に悪いものがあります。

pointサプリメントや薬

食事で補いきれない栄養素を、サプリメントで補給するようなことも多く見られますが、そもそもサプリメントや薬というのは、人工的な添加物です。

添加物を取るだけでも、それを分解しようとすることで、肝臓には大きな負担になります。

  • サプリメントばかりに頼るような食生活は、健康促進どころか、健康を害してしまう可能性もあるのです。やはり、可能な限り、食事から栄養素を摂取するようにしましょう。

サプリメントの上手な活用法とは、栄養が足りていない、体調がいまいち優れない、外食が続いたなど、日常的に摂取するのではなく、補助として使用する程度にすることが良いでしょう。

  • また、身体に優しいとされている漢方薬であっても、肝臓に負担が無いわけではありません。サプリメントや薬の服用も、使い方をきちんと見極める必要があります。

pointインスタント・レトルト食品

朝ご飯やランチを手軽に済ませるため、加工食品やコンビニ食、お弁当などの中には、添加物が多く含まれています。

先ほども挙げたように、添加物を過剰摂取してしまうと、肝臓へ大きな負担がかかります。

  • 手軽に食事ができるので、とても便利ではありますが、このような食事は控えて、自炊をしてお弁当も手作りを心掛けるようにしましょう。

まとめ

green

ここまで、肝臓に悪い食べ物と良い食べ物について、お話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

肝臓に悪いとされる食べ物・飲み物は、私たちの身近にたくさんあるのです。

ですから、これらの食材を完全に摂取しないというのは、かなり難しいと言えるでしょう。

なるべく避けるように心掛けながら、肝臓に良いとされる、タウリンやオルニチン、カテキンを豊富に含む飲食物を、上手に取り入れていくようにしましょう。