冷え性に効く【身体を温める食べ物・冷やす食材】 選び方とお料理のポイントは?

woman_feet

多くの女性が悩む「冷え性」。

「冷えは万病の元」と言われるように、身体の冷えは様々な悪影響を及ぼすことがわかっていますので、改善するに越した事はありません。

すぐに始められ、続けやすく、効果を感じやすい冷え性の改善方法には、「食事の改善」があります。

そこで今回は、冷え性に効く食べ物と体温を下げる食べ物や食材について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

冷え性に効く食べ物・食材

早速、冷え性・体温を上げるのに効果的とされる食べ物や食材について、まとめていきます。

効果的な食べ物の共通点

point身体を温めて、冷えを改善する食べ物には、下記のような特徴があります。

  • 食材の色が濃い
  • 寒い土地に生息もしくは寒い時期に収穫される
  • 水分をほとんど含まずに固い
  • 火を通す場合に時間がかかる
  • 食材そのものに塩気を持つ
  • 地下で育つ
  • 塩気がある調味料

特に効果的な食材

上記のような共通点がある食材の中でも、特に効果的な食材として、ニンジン、ゴボウ、かぼちゃ、玉ねぎが挙げられます。

pointニンジン

vegetable

ニンジンには、ビタミンA、ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンAには、血液の生成作用、ビタミンEには、血行促進作用があります。

中でも、ニンジンのビタミンAの含有量は、他の食べ物などと比較しても、とても多いと言われています。

pointゴボウ

burdock

ゴボウには、食物繊維がたっぷり含まれていますが、水溶性食物繊維なので、血行促進作用があります。

また、イヌリンという成分も含まれていて、利尿作用があり、冷えだけでなく便秘の解消にも繋がる、代表的な食材です。

pointかぼちゃ

pumpkin

かぼちゃは、昔から女性に嬉しい野菜の一つとして親しまれてきました。

ビタミンEや食物繊維を豊富に含んでいるので血行促進効果に優れていて、利尿作用も併せ持つと言われています

point玉ねぎ

greens

食卓にならぶ機会の多い代表的な野菜の玉ねぎも、食物繊維を豊富に含んでいます。

血行促進効果に、期待ができる野菜です。

スポンサーリンク

避けるべき食べ物

次に、身体を冷やす作用を持つ、冷え性の方が避けるべき食べ物について、ご紹介していきましょう。

身体を冷やす食べ物の共通点

snow

体温を下げる作用を持つ食材は、身体を冷やすため下記のような食材を、過剰に摂取するのは控えましょう。

  • 白に近い色、蛋白な色をしている
  • 気温の高い土地に生息もしくは暑い時期に収穫される
  • 水分と豊富に含み柔らかい
  • 比較的、熱が通るまで短時間
  • 科学的に合成されている
  • 地上で育つ
  • 酸味がある調味料

特にNGな食材・身体を冷ます食べ物

上記のような共通点がある食材の中でも、特にNGな食材として、トマト、バナナ、白砂糖、コーヒーが挙げられます。しかし、暑がりな方や、夏に身体の体温を下げたい方は利用してみましょう。

pointトマト

dish

トマトは、栄養価の高い野菜として、美容や健康のために取り入れられることが多い野菜ですが、生食だと水分量が多いため、身体を冷やしてしまいます。

トマトは、加熱して食べるようにすると、このデメリットを解消することができます。

pointバナナ

バナナも、トマトと同様に栄養価が高いので、ダイエット中でも食べる機会が多いものです。
しかし、上記でも挙げたように、暑い地域で育つバナナは、身体を冷やす作用があるとされています。

身体を冷やさない、という観点から見るとNGな食材に分類されてしまいます。

温かい飲み物等と合わせて食べるなど、一工夫加えることをオススメいたします。

point白砂糖

suger

天然の甘味料である砂糖には、白砂糖や三温糖、黒糖などの種類があります。その中でも、身体を冷やしやすいのが白砂糖です。

料理や飲み物に甘さをプラスするなら、三温糖や黒糖を選ぶようにしましょう。

砂糖の種類とそれぞれの特徴☆健康に良い使い方と代用になる食品とは?
甘い物には目がない!という方も多いことでしょう。疲れた時に食べる甘い物や飲み物は、本当に癒されますよ...

pointコーヒー

身体を冷やす飲み物の代表的なものが、コーヒーです。

これは、コーヒーのカフェインが冷やす原因だと言われています。
また、アイスコーヒーや、甘さをプラスするのに白砂糖を使うと、さらに身体が冷えてしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

血液をきれいにする方法

上記で、身体を温める食べ物や冷やす食べ物についてご紹介してきましたが、実は、どんなに効果的な食材を摂取しても、血液がドロドロでは冷えが起こりやすい指先やつま先まで、栄養や熱を届けることができません。

最後に番外編として、血液をきれいにする方法について、ご紹介していきましょう。

生野菜

salad

生野菜には、水分と栄養が豊富に含まれているので、きれいなサラサラした血液を作ることに役立ちます。

point生野菜を食べる時には、以下のことに注意しましょう。

  • 冷たくしないで、なるべく常温のものを!
  • 季節の旬の野菜を!
  • よく噛んで食べましょう!

生野菜は、身体を冷やしやすいのですが、上記の3つの一工夫をすることで、そんなデメリットを解消することができます。

血液をサラサラにすることができれば、指先にも血液が行き届き、結果として身体を温めることができるのです。

消化時間を考えた食生活

point食べ物を身体の中で消化するには、下記のような時間が必要になると言われています。

  • 果物・・・30分
  • 野菜・・・2時間
  • 炭水化物・・・12時間
  • タンパク質・・・10〜24時間

消化時間がかかるものを大量に食べてしまうと、内臓が1日中働き続けることになります。

そうすると、内臓で血液をたくさん使われるため、指先に血液が行き届かなくなると言われています。

体内の消化活動が盛んな時間帯は、12:00~20:00と言われていて、この時間内に昼食・夕食を取るようにすると、消化効率が高いとされています。

なるべく、この時間内に食事を済ませ、内臓を休ませる時間を作り、指先にも血液が行き届きやすくするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

soup

ここまで、冷え性に効く食べ物と避けるべき食べ物について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

とても身近な食材にも、身体を温める、冷やす、それぞれの作用があり、全て覚えておくのはなかなか大変なことですが、それぞれに共通する点を覚えておけば、悩んだ時の判断材料になりますね。

冷え性の方は、四季を問わず1年中悩まされるものですから、今日の食事から意識的に改善してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする