赤みやクマを自然に消して、美肌に魅せる5つの効果☆コントロールカラーの使用順と使い方

woman

皆さんは、メイクのお悩みで以下のようなものは、お持ちではないでしょうか?

「肌の赤みが隠しきれない」

「シミやニキビ跡が気になる」

「隠そうとすると厚塗りになる」

肌トラブルは、多くの女性が抱えている悩み。

その悩みを隠そうとして、ファンデーションを使って毎日頑張ってはみるものの、いまいち自分のメイク肌に自信が持てない、という方はとても多いようです。

そんな悩みを解決してくれるのが「コントロールカラー」です。

今回は、コントロールカラーの効果と使い方について、ご紹介していきたいと思います。

コントロールカラーの効果

まずは、どんなときに使用すると良いのかなど、コントロールカラーの効果について、ご紹介していきたいと思います。

肌の赤みやニキビ跡などが気になる

point赤ら顔や小鼻周りの赤み、ニキビ跡

「グリーン系」・「イエロー系」

赤みが特に酷い方には、グリーン系を選ぶと、赤みを抑える効果が強い傾向があります。
しかし、顔全体に使用すると白浮きするので、部分的に赤みを抑えるために使用しましょう。

beauty

point肌のくすみや、軽い赤み程度

「イエロー系」

グリーン系のような白浮きの心配が少ないので、顔全体への使用も大丈夫です。
赤みを強くしてしまう「ピンクやオレンジ、パープル系」の選択は、NGです。

肌のくすみやシミ、そばかす、クマなどが気になる

point肌がくすんで暗く見える、シミやそばかすなどの色ムラの解消

「イエロー系」・「オレンジ系」

肌色がイエローベースで、シミやそばかす、クマに悩んでいる方は、イエロー系を選びましょう。小鼻周辺の軽い赤みも、カバーする効果もあります。

こちらは、全体にも部分的にも使えるカラーです。

beauty

point肌色がブルーベースで、くすみの度合いが強い、茶色っぽいくすみ

「オレンジ系」

こちらは、部分的に使用するのがオススメです。

血色や顔色の悪さが気になる

point色白を通り越した貧血気味のような青白さが気になる方

「ピンク系」

特に色白で、血色が悪い日などに、顔全体へ使用しましょう。

肌の透明感を出したい

point肌の透明感を出したい方

「ブルー系」

beauty

白浮きしやすいカラーなので、顔全体に薄く伸ばして使用しましょう。
色白、血色が悪い方が使用すると、顔色が青白くなるのでNGです。

point血色の悪く見える肌の透明感を出したい時には「パープル系」を選ぶと良いでしょう。

血色の改善と透明感の両方を、兼ね備えています。

使い方

次に、コントロールカラーの正しい使い方について、ご紹介していきましょう。

スキンケアをしっかりと

beauty

コントロールカラーを使おうと使わなかろうと、メイク前のスキンケアは重要です。

丁寧に皮脂や汚れを洗顔で落とし、化粧水や乳液、クリームでの保水・保湿を行いましょう。

使用順

cosme

スキンケア後の正しいメイクの順番は、

point 化粧下地→日焼け止め→コントロールカラー→ファンデーション

悩みがちなBBクリームはファンデーションの部類になるので、一番最後に使うのが正しい順番です。

注意点

woman

point必ず、極少量ずつ塗り広げていきましょう。

コントロールカラーを、日焼け止めやファンデーションのように、一気に塗ろうとすると色ムラや白浮きの原因になります。

また、指で取ったカラーを直接塗らずに、一旦、手の甲で軽く馴染ませてから塗ると、きれいに付けることができます。

部分的に使用する場合には、隠そうとして沢山塗ったり、指でゴシゴシ広げたりするのはNG。
指先に馴染ませたカラーを、ポンポンと軽くタップするように塗り広げていきましょう。

顔全体に塗る場合には、指の腹全体にカラーをのせて、顔の中心から外に向かって一気に滑らすように動かします。

まとめ

hat

ここまで、コントロールカラーの効果と使い方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

顔色やニキビ跡などを上手に隠してくれる、優秀なアイテム。

使ったことが無いという方は、是非一度試してみてくださいね。カラーの選び方や使用順、注意点をしっかり確認しましょう!

正しい使い方で仕上げたメイク肌は、今までの肌よりもきっと、ワンランクアップしているはずですよ。