首のしわの原因は?5つの取り方・改善方法について

flower

顔にできるシワには、多くの女性が関心を持ち、予防や改善に日々努力していると思います。
では、首にできるシワに対しては、どうでしょうか?
あなたは、気にかけているでしょうか?

首にシワがあると、顔がどんなにツヤやハリがあっても、年齢を誤魔化すことは難しいですし、ぐっと年上に見られる原因になります。

そこで今回は、首のシワができる原因と改善方法について、ご紹介していきたいと思います。

原因

まずは、シワができる原因を見ていきましょう。
自分に当てはめて、考えてみてくださいね。

皮膚の乾燥

顔のシワと同様に、首のシワの原因の多くは、皮膚の乾燥にあります。

顔のスキンケアは心がけていても、首の保水や保湿を怠っている方がとても多いです。

皮膚の乾燥は、浅く細かいシワを引き起こします。

紫外線

sun

上記と同様に、顔の紫外線対策はバッチリ!!という方でも、首への対策をしていない方も多いようです。

紫外線によるダメージは、深くくっきりとしたシワを作ってしまいます。

シワの形状記憶

首にシワがよるような姿勢を取り続けると、形状記憶のように、シワがくせになり徐々に刻み込まれていきます。

下を向く作業を多くする方や、高い枕を使用している方は、注意したい原因の1つです。

あなたにぴったりの枕選びをするポイント

改善方法

次に、改善方法についてご紹介していきましょう。
残念ながら、一度深く刻まれてしまった大きなシワを完全に消すことは、現段階では難しいようです。
しかし、これからご紹介する改善方法は、今以上シワを増やさないための予防にもなりますし、刻まれたシワを薄くすることが可能ですので、是非試してみてください。

保水と保湿

原因の1つである、皮膚の乾燥を防ぐことが、予防と改善に繋がります。ハリを戻す事で徐々に目立たなくなってきます。

顔のスキンケアを行う際、同じアイテムを使って首までケアしてあげましょう。首まである大きめのシートマスクもありますので、週に一回程度使用してみるのもいいでしょう。

リンパマッサージの方法

face_massage2

また、首のリンパは詰まりやすく、溜まった老廃物がシワを引き起こすこともあるので、リンパの流れを促すマッサージも、同時に行うと良いでしょう。

指の腹で、耳の後から鎖骨にかけて優しく撫でる。
摩擦が起こるような強い力で行うと、シワの悪化に繋がるため、優しく行うことがポイント。

紫外線対策

顔と同様に、日焼け止めなどで紫外線対策を行いましょう。

紫外線の強い夏だけでなく、1年を通して対策をすることが大切です。朝に塗って終わりではなく、小まめに塗り直して、効果を持続させるようにしましょう。

また、ストールや日傘などの小物を上手に使って、紫外線を予防していきましょう。

姿勢の改善とストレッチ

シワが形状記憶されるのを防ぐために、下向きなどの姿勢を改善しましょう。

枕も高いものではなく、姿勢よく立った時と同じ姿勢を、横になっても保てる高さの枕に変えてみましょう。

いびきや肩コリの解消にも繋がりますし、質の良い睡眠もとれるようになるでしょう。

また、下向きの姿勢を取らざるを得ない方は、定期的に上を向いて、首の前側を伸ばすストレッチを行いましょう。

完全消去にはコラーゲン注射

infusion

上記でもご説明しましたが、完全にシワを消すことは自力では難しいのですが、医療機関などで行っているコラーゲン注射を利用すると、シワを消すことが可能です。

実際には、消すのではなく皮膚の弾力を戻すことで、シワを伸ばす方法である、と考えてください。

ただし、保険適用にはならないので完全実費になるため、費用がかさむケースがあります。

まとめ

green

ここまで、首のシワの原因と改善方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まだシワができていない方は、将来のために今から十分にケアをしてあげましょう。

既にシワに悩んでいる方も、悪化の予防と薄くするために、日々のケアを心がけてみてくださいね。