首や顔にしわを作らなための枕の選び方とは?種類や素材別にお手入れ方法もご紹介 ⋆ MOFUBU

首や顔にしわを作らなための枕の選び方とは?種類や素材別にお手入れ方法もご紹介

aomuke

顔や首に限らず、手や足にもシワは体の様々なところに出来ます。

 いくらお顔が綺麗なタレントさんや女優さんでも首のシワが気になるせいで年なのかなと思うとき時ありませんか?

顔と同様、メイクする事も出来ず案外目だってしまいますよね・・・。

首のしわの原因は?

pillow2

首にシワが出来るのは、顔の表情筋や首の筋力が衰え皮下脂肪がたるむ為シワになります。

首の皮膚は、薄くてたるみやすいため、年齢によるコラーゲンの減少、紫外線などの外的刺激により一気に衰えやすい場所です。

また、1日のうち睡眠時間ベッドに横になる時間は長いですので、体勢が悪いと首の皮膚に繰り返し記憶されシワがより深くなっていきます。血流も悪くなり、顔のほうれい線が増えたり・首・肩こりの原因にもなります。

お顔と同じように保湿も大事ですが、時間から考えても枕選びというのは、とても重要になってきますよね。

枕選びのポイント

heart

適度な高さ

point日本人の9割は高すぎる枕を使用しているようです。

枕が高いと首の前方が縮まるので、シワの原因になります。また低すぎでもNGです。

枕に頭を沈め、肩や首のライン、また顎が下向きにならない状態のものを選びましょう

背中がシーツについてない状態は、枕が高いということです!

姿勢は直立に立っている時と後頭部~背中の同じラインを思い浮かべてみて下さい。

寝具は外国製のものが人気ですが、日本人は首が短めですので、自分にピッタリのものを選ぶようにしましょう。

固さ・柔らかさ

point硬すぎる→後頭部に負担がかかります。

point柔らかすぎ→頭が沈みすぎてもシワの原因になります。

※しっかりまっすぐなラインになり心地よい固さのものを選んで下さい。

また、自分で高さ調節ができると、ピッタリの高さをみつけられるのでいいですね。

首や肩の負担軽減「リラ!マクラ」

img18

人間工学に基づく、優れた圧力分散設計がされた、リラ!まくらですが、一般的な頭部の圧力と比べても、広範囲で分散されているのがわかります。

ヒトの頭は約5kgあり、おコメを1日中もって首や肩、腰で支えているので、睡眠中くらいはゆっくりとお休みさせてあげたいですよね。

※90日間使用して合わなければ返品もできます。

また、高さ調整シートが4枚ついていますので、微調整ができるのは嬉しいです。

素材の選び方

 かための素材

pillows

(そばがら) 

  • そばの実の殻を乾燥させた素材
  • 吸湿性は良い/湿気がたまりやすい
  • 水洗いNG、天日干をして防虫予防をして下さい

(ひのきチップ) 

  • 天然のひのき素材
  • ひのき素材なので防虫効果がある/香りの持続性は約1ケ月
  • 水洗いNGですので、頻繁に天日干しして下さい。

(パイプ/ビーンズ)

  • プラスチックボール素材
  • 通気性がよい/プラスチックなので枕の中で動く音が気になる方は選ばない方がよさそうです
  • 水洗いOKなのでいつも清潔にしておきましょう

(低反発)

  • 低反発ウレタンを細かくした素材
  • 枕が頭の形に変形するので負担が少ない/フィット感が続くのは半年~1年程度
  • 水洗いNGですので、風通しのよいところで陰干ししましょう

柔らかめの素材

pillow3

(ポリエステル)

  • 人工繊維のふんわりした素材
  • 柔らかく寝心地が良い/夏は蒸れやすい
  • 水洗いできるものを選びましょう

(羽 根)

  • 鳥の羽・羽毛素材
  • 冬暖かく夏は涼しい/通気性や吸湿・保湿にも優れているがほこりがたまりやすい
  • 水洗いNGですので、風通しのよいところで陰干ししましょう

(シルク)

  • シルク(絹)素材・吸湿性
  • 保湿機能がある/ホコリがたまりやすい
  • 水洗いNGですので、風通しのよいところで陰干ししましょう

(キャメル)

  • ラクダ毛の天然素材
  • 吸湿性・保湿性に優れる/熱がこもりやすい
  • 水洗いOKなのでいつも清潔にしておきましょう

洗濯マークの確認方法

hyouji

2016年12月から、洗濯表示も新しくなりました。

マクラの買い替えをされた方は、確認してみましょう。

最後に

flower8

枕選びがきちんとできれば、まっすぐ仰向けで眠るのが一番楽な姿勢になってきます。

横向きになると、やはりどこかにシワが入ります。更にうつぶせは呼吸しにくくなり、首に負担もかかるためシワだけでなく肩こりにや体の不調にも繋がってきます。

また、スマホやパソコンを見る時の姿勢も気をつけましょう。

乾燥や紫外線もシワには大敵です。毎日夜のお顔のスキンケア時に、首の保湿も一緒にすることで年齢を重ねてもキレイな首元を目指しましょう。